ブログなんかめんどくせえよ ホーム »
最近の記事

iPhone Xは登山向きのスマホだった。アウトドアや登山とFace ID  

20171121_153559086_iOS.jpg


まとめ
■iPhone Xは登山との相性が良い

■登山でグローブを外さなくても良くなった
■ビデオの手ぶれ補正が凄い



色々と考えた末にやっとiPhone7からiPhone Xに買い換えてしまいました。
いくつかの理由があるのですが、主に「登山」での使い勝手を優先した上でより便利になるのではないかと言う理由からです。

と云う訳なので、iPhone Xを「登山」という非常に狭い範囲の中で評価していこう思います。

【iPhone Xを登山に勧める理由 その1】
話題のFace IDが登山と相性が良いのではないかと推察しました。

と云うのも僕は冬に登山していることが多く、特に外気温が5度以下になってくると寒くて指ぬきグローブをしていられなくなり、そのあたりからそろそろフルのグローブを装着し始めるのですが、当然のことながら指紋認証は効きませんので操作するたびにグローブを外すことになります。

一時期はこれが面倒で面倒で登山を始めるときにロックをすべて外して使っていたのですが、さすがに安全面で不安が残るのですぐに辞めてしまいました。

Face IDならグローブを外すことなくロック解除できるのでその方が利便性が高いと読みましたが、それは正解でした。

テストする限りスモークのスポーツサングラス程度は問題なく認証してくれるようで帽子にサングラスでもキチンとロックは解除されます。

これで冬でもいちいちグローブを外す手間がなくなりました。

iPhone Xを登山に勧める理由 その2】

動画の光学手ぶれ補正が凄いということです。

iPhone Xから望遠側と広角側共に「手ぶれ補正」が実装されましたので登山の最中に撮影する映像が段違いに「揺れ」ません。

僕はアクションカメラも結構使ってきていますが登山の場合「光学手ぶれ補正」機能の有無は非常に重要で、撮影できる映像に天と地ほどの差が出ます。

この為、中華ではSJCAMのM20などをオススメしてきていますが、これは登山の最中に手ぶれ補正無しの120度程度の広角レンズの映像では3D酔いになるほど状況によっては映像がブレブレになるためです。

これを手ぶれ補正無しで軽減するためには最低でも実測150度程度のレンズが必要になりますが、こうなるとソニーのアクションカムかGoproしか選択肢がなくなります。

ようするに150度未満のレンズでは手ぶれ補正は必須だと云う事です。

ところが今までのiPhoneでは手ぶれ補正がないので歩きながらの撮影では映像がかなりぶれていました。

そこでiPhone Xでは手ぶれ補正が実装されたので登山でのビデオ撮影が格段に安定する事になります。
これは登山の最中に使うビデオ機能としては非常に嬉しいニュースだと思います。

【iPhone Xを登山で使う為の注意事項】

以上の2点の理由によりiPhone Xに買い換えましたが、「登山」で使うと云うことを念頭に置くと今回のiPhone Xの進化はかなり大きいと見直しました。

冬でもグローブを外さなくても良くなった事と、ビデオ撮影での手ぶれ補正機能はこれだけでも登山で価値があると判断します。

ただし注意点がありますので書いておきます

マスクをした場合はFace IDはまったく機能しませんので、登山ですっぽりと顔を覆うような場合はロックは解除できません。

その場合はマスクやフェイスカバーを一瞬刷り下げる必要が出てきますが、いちいち手袋を外すよりも実用的だと僕は思います。
ちなみにテストした限りでは唇が隠れているくらいでは問題なく認証してくれます。

ゴーグルやサングラスはそのスタイルやグラスの色などにより認証不可の場合が出てくるかもしれませんが、今僕が使う限りでは問題なく認証してくれるのでこれは手持ちのモノで試してみるしかないのですが、意外にOKっぽい感じはしています。

しかも結構驚くのは1度目は認証に失敗してもドンドン学習しているようで2度目からはFace IDがOKになってしまうところです。

なお、結局操作はグローブしてはできないので手袋を外す必要がある、と云うことはありません。

これはタッチパネルのGPSであるETREX touch35の時にも書きましたが、タブレット用のスタイラスペンを使うことによりグローブをしていてもスマホの操作が可能になります。

導電性のグローブを使うよりも確実に細かい操作が可能になりますので色々と試した方が良いと感じます。
ちなみに最近はペン先の細いタイプのタッチペンが出ているのでそちらの方が良いかも知れません。

もうひとつ書いておきますがこういったスタイラスペンはリール式のキーホルダー等に取りつけておくと、使いたいときに引っ張って使うだけなので紛失することもなく便利だと思います。


スタイラスペンというのはこういったものです。
とても細かな操作ができるので冬にタッチパネルを操作するときに使っています。
これがあるとグローブをしていても関係ありません。
これはペン先が細いタイプです。

いままではGPSのタッチパネルに使っていましたが、これでiPhone Xにも使えるようになったので嬉しい限りです。
大きさなど違うものがいろいろと売られているので探してみると良いでしょう。


ちなみにこういったリール式のキーホルダーに取りつけています。
使うときだけスタイラスペンを引っ張って画面操作します。

【まとめ】

iPhone XのFace IDと光学手ぶれ補正の威力は登山では結構大きいメリットがあると僕は思います。

ただ、今のところFace IDの認識範囲は思うよりも「狭い」ので斜めからはまず認証してくれません。

この辺のことはいくらでもあちこちの記事に書かれているのでそちらを参考にして下さい。
ただし、結構間違ったレビューも多いので注意が必要です。
たとえば横向きに寝転がっていても認識してくれますし、暗闇でも問題ありません。

と云うわけで結局iPhone Xにしてしまいましたが、登山でのスマホの実用度が上がってきたと云うことは確実に言えると思いますので、今回のiPhone Xは登山との相性がいいと言っておきます。

【最後にiPhone Xの個人的な感想】

■意外に使いやすく良い端末だった
■欠点はとにかくFace IDの認識範囲が狭いことつきる


デメリットにまつわるのはとにかくFace ID周りです。
認識範囲の狭さはもう少しなんとかして欲しいのが本音でそれさえなければこの端末は「凄い」と言い切ってしまえると思います。

ただ思うのはFace IDでそのままホーム画面に飛んでくれればなお良いのですが、なぜかスワイプ動作を間に挟むのでこれがイラッときますが・・・。

こういった訳の分からない仕様というのはいつものアップルの悪いクセです。



とにかくiPhone Xをオススメできないのは以下に該当する方です。

■フルフェイスのヘルメットを被るバイカー
■一日中マスクをしているような方


今後ソフトゥェアの改善がなされて認識範囲がもう少し広くなればかなり優秀なスマホだと断言できます。
個人的にはグローブをいちいち外さなくて良くなったのは満点を上げても良いかも知れません。




関連記事

category: iphone & スマホ&タブレット

tb: 0   cm: 0

【レビュー】ライトニングメモリは超絶便利な逸品だった iPhone対応 MPOW/HOOTOO  

DSC01681.jpg


まとめ
■iPhoneやiPadには必須のメモリ
■動画や音楽の持ち運びに



【ライトニングメモリとは何か】

要するにUSBメモリです。
そのUSBメモリに「ライトニング端子」が組み込まれているモノが1年ほど前から販売されています。

USB2.0とUSB3.0のタイプがあり、僕は両方共に1年以上に渡って使ってきていますが、その便利さは使えば舌を巻くほどでiPhoneやiPadの方は真剣に検討しても良いと思います。

【ライトニングメモリの使い道とは】

iPhoneの場合、容量が決まっているので最初に購入した容量の中でやりくりするほかありません。
この為、多くの人が容量不足で悩まれているかと思われます。

その悩みを多少の不便さはありますが一気に解消してしまうのがこちらのライトニングメモリとなります。

主な使い道を書いておきます。

■アップデート時など一時的に容量を空けるために
■写真や動画や音楽の保存先に


主に音楽・動画・写真などの大容量ファイルを別途で持ち歩く、または一時的に容量を空ける等の用途の為のメモリだと思っていただけると間違いありません。

【USB2.0と3.0のタイプ】

予算がある方は3.0タイプの方が良いと思います。
僕は両方共に使っていますが、動画などの大容量データの書き込み速度は圧倒的に3.0の方が早いのでストレスが極めて少なくなります。

ちょっとした容量を確保するためになら2.0の方が安いのでそちらでも問題ありませんが、動画の持ち歩きを考えているのなら3.0の大容量タイプをオススメしておきます。

DSC01686.jpg
MPOWです。
ストラップホールがなく、フタも取り外し式なので紛失しやすいです。
DSC01685.jpg
ストラップホールがない代わりにこのような革製のホルダーが付いてきます。
これはこれで有りだと思います。

【どのメーカーを買うか】

絶対にやってはいけないのが「聞いたこともないマイナーメーカー」の製品の購入は辞めておくべきです。
というのもこちらのメモリはアプリとワンセットで動作するのですが、こちらの開発が止まったりサポートが受けられないとなると将来的に不安が残ります。

というわけで、RAVPOWER・MPOW・HOOTOOという大手メーカーの中から選択するべきです。
ちなみにHOOTOOはtaotronics社の別ブランドなので全く問題ありません。

僕が使っているのはHOOTOOの64GBとMpowの32GBで共に3.0対応品です。

【アンドロイドの方は】

アンドロイドとも共通で使われる予定の方は3in1というマイクロUSB端子も付いている万能タイプのメモリも出ていますのでそちらの方が汎用性が高いでしょう。
こちらを買えばiPhoneからアンドロイドまでパソコンで共通したデータを扱えるようになります。


こういったタイプとなります。
この手の3in1はよく分からないメーカーから出ているケースが多いのですが、アンドロイドとiPhoneなどで共通で使えるメモリとなります。
クリックで販売ページに飛びます。

【僕のライトニングメモリの使い方】

滅多に見ないが時々人に見せたくなる動画をメインに保存しています。
数百ギガの動画データの中から特に見たくなるものだけを選んで64GBのメモリの中に入れてカギに付けています。

必要なときはこれをiPhoneに挿して起動して、そのまま再生して楽しんでいます。

1年に数回しか見ない程度の動画だとはいえ、たまに人に見せたりするときがあるのでそういう動画のために貴重なiPhoneの容量を消費するわけには行かず、そのために手に入れた物です。

4K動画などもそのまま再生出来るのでエンコードの手間も掛からず、単にUSBメモリに放り込んでいくだけなので面倒がありません。

DSC01688.jpg
HOOTOOの64GBちょっと高いですが、使いかっては抜群に良いです。

【ライトニングメモリの注意点】

紛失に注意しましょう。

パスコードもかけられるのですがたいしたものではないので落として万が一人に見られても問題のないデータのみにしておくべきです。
ちなみにパスコードを僕が使う限りではパソコン側ではまったく動作しないので意味はありませんでした。

なお、ストラップホールなどはついていた方が良いです。
フタは一体型の方が無くさないので良いでしょう。

入れられるデータは動画・写真・音楽データです。
それ以外のモノはテストしていませんが再生に無理があると思います。

ちなみにDRMなしの音楽データならこちらから直接再生出来ます。

iPhoneのデータのバックアップは写真と動画・連絡先のみです。
音楽などのバックアップはできませんので注意して下さい。

【ライトニングメモリ速度比較MPOW/HOOTOO】

MPOW.png
MPOW 32GBデータ

キャプチャ
HOOTOO 64GBデータ

共にUSB3.0ですが読み込み速度はだいぶ違います。
ちなみに手持ちのライトニングメモリUSB2.0のデータも掲載しておきます。

usb2.png
既に販売終了のメーカーのライトニングメモリ32GB USB2.0です。

【ライトニングメモリまとめ】

非常に便利です。

特に容量不足に悩まされている方や動画や写真などを大量にもたれている方にとっては救世主になるくらいの製品で、これをひとつ持っておけばiPhone側の容量不足がある程度解消してしまうことと、普段は見ないが時々見たくなるような優先順位の低いコンテンツの保存先としてはこれほど便利なものはありません。

もちろん大容量のスマホを買ってしまえばそれで済むのですが、iPhoneの場合あとから足らなくなることも多く、人によってはデータの保存先のパソコンなどを持たない方も最近は多いのではないかと思います。

そう言う場合の解決策としては最も良い選択肢のひとつがこちらのライトニングメモリとなります。

今の時代、人によっては大容量のクラウドディスクなどを購入して使っている方もいると思いますが、写真と動画を大量に保存するにはコストが高く、なおかつ見たいときにはギガを大幅に消費してしまうので、簡単にカギなどに付けて持ち歩けるこういったUSBメモリは使い勝手がかなり良いです。

そういう訳で特にiPhoneの方には必須のメモリとしてオススメしておきます。

最後に書いておきますが僕の1番のオススメはHOOTOOのメモリです。
アプリも問題なく、フタも一体式で持ち歩きしやすいです。




こちらがHOOTOOのライトニングメモリです。
クリックすると販売ページに飛びます。
レビューなどをかくにんするとよいでしょう。



関連記事

category: iphone & スマホ&タブレット

tb: 0   cm: 0

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop