ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  生活用品 ライト/センサーなど >  【レビュー】中華製ソニッケア互換電動歯ブラシ DIKI 格安電動歯ブラシの大本命現る

【レビュー】中華製ソニッケア互換電動歯ブラシ DIKI 格安電動歯ブラシの大本命現る


まとめ
■安価な価格で超高性能
■ソニッケアの替えブラシがそのまま使用可能
■中華製ソニッケア互換電動歯ブラシの大本命


DSC09210-1.jpg



何を隠そう電動歯ブラシマニアで、全部とは云いませんがパナソニックからブラウンまで各社の電動歯ブラシを使用してきています。
いろいろなメーカーの電動歯ブラシを使用してきた結果、最終的に「本家本元」ともいうべきソニッケアの電動歯ブラシに落ち着いてしまい、ここ数年はソニッケアしか使用していません。

ソニッケアの何が凄いのかというとその「洗浄力」とでもいうべきストローク回数の高さと強力さです。
初めて使う方はたぶん少し痛いくらいかと思いますが、慣れるとソニッケアの素晴らしさがよく分かるようになります。
特に他社製の振動が弱いものを使ってきた方は特にそういう感想を抱くことが多いかも知れません。

【電動歯ブラシのポイント】
さんざん使ってきましたが、大事な点がいくつかあります。

■ソニッケアの替えブラシを使えるかどうか?
■振動は強ければ強いほど洗浄力があるので良い
■モードはひとつあれば十分で、多彩なモードを搭載していても結局は使わない

と云うことです。

上記の点はとても大事なことで、しっかりと覚えておくと電動歯ブラシ選びが捗ります。

まず、ソニッケアの互換ブラシが使えると言うことは巷に溢れる「格安の互換ブラシ」が使えると言うことで、その後のランニングコストが大幅に落ちます。
また、さまざまなブラシを選べるのでこの点はかなり大事な点となります。

モードですが、マッサージ機能だの何だの色々ついていても最初だけで結局は使いません。
最終的に使うモードはひとつだけで、その他のモードなどまず使わなくなるのが相場です。

なので、1番強力な振動モードがひとつあれば最終的には事足ります。

特に価格の高い上位ラインの製品は「いろいろなモード」を付けて価格を誤魔化すと云う場合も多いのでこの点もよく考えておかなければなりません。
今までの経験上、電動歯ブラシのモードはひとつで十分だと言えます。

振動は当然のことながら強ければ強いほど「良い」です。
これはもうさんざん他社製の振動の弱い製品を使ってきましたが、より振動の強いものに慣れると使えなくなるので、その製品に対して高い価値を感じにくくなります。

特に訳の分からない中華電動歯ブラシには「振動がとても弱い」製品があり、中には有名メーカー品でもそういったものがありますが、やはりこのジャンルはソニッケアの洗浄力というか振動力が頭ひとつ抜きんでていてひとつの基準となっているので、ソニッケアと同程度かどうかと云うのがひとつの判断どころとなってきます。

【モード】

■クリーン 31000ストローク/分
■ホワイト 41000ストローク/分
■ポリッシュ 48000ストローク/分
■マッサージ 31000ストローク/分
■センシティブ 31000ストローク/分

オートオフタイマーは全モードで2分間です。

【注意点】
ソニッケアのブラシがそのまま使えますが、ちょっと力を入れて本体に押しこむ必要があるのでその点だけ注意が必要です。
また本体と互換替えブラシの間には数ミリの隙間ができてしまいますがこれはもう諦めるしかないでしょう。


【電動歯ブラシの利点】

手で磨くよりも遙かに歯はツルツルになります。
また、振動があるため歯茎へのマッサージ効果も高く、手で荒江よりも何倍も血行が良くなります。

ただし、電動歯ブラシを使用したからといって「虫歯」が無くなるわけではありません。
虫歯対策なら、電動歯ブラシと歯間ブラシを組み合わせるとかなり効果的です。


【まとめ】
驚くべき高性能で安価な電動歯ブラシです。
ほぼソニッケアーの上位製品と同等の性能をこの価格で実現しているのは衝撃的ですらあります。

僕は以前同価格帯の中華製電動歯ブラシを使ったことがありますが、あまりの振動の弱さにすぐに使用を中止してしまった事があります。
今回の製品もたいして期待はしていなかったのですが、手持ちのソニッケアーと磨き比べてみても「何ら変わらない振動力」なので、ブログで紹介することにしました。

なにげにソニッケアと変わらないと軽く書いていますが、これは本当に驚くべき事で、このような高性能で安価な製品を初めて目にしたというのが実際の意見です。

後は長期的な耐久力ですが、こればかりは今結論を出すことができませんが、そもそもたいして複雑な製品ではないため、故障する確率そのものが低いのではないかと思われます。
また4000円台でこのクラスの電動歯ブラシを出されてしまっては本家ソニッケアを買う理由がなくなってしまったことも事実です。

これと互換ブラシを揃えればランニングコストでももう圧倒的な差がつくでしょう。
それでいて性能はほぼ変わらないのですから選ばない理由がありません。

電動歯ブラシの買い換えや新規購入には今かなり有力な候補だと言えるでしょう。
ブランドマークが欲しいというのでもなければ、最強の製品だと云っておきます。









関連記事

こんばんは
こんばんは!電動歯ブラシを探していてこのブログに到達しました!
dikiの電動歯ブラシを購入しようと思ってるんですが
ソニッケアーの互換ブラシ(安く売っているやつ)なら数ミリの隙間はできるけど付けて使用はできるんですよね?そこが気になりコメントさせていただきました!
[ 2017/04/02 20:07 ] [ 編集 ]
Re: こんばんは
問題ありませんよ。
完全互換ですね。

絶対にdikiの歯ブラシにしておいた方がいいです。
耐久性はまだわかりませんが、素晴らしい性能です。

こんなものがこの価格ならもうソニッケアー買う人いないんじゃないですかね。
[ 2017/04/02 21:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL