ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  PS4 & XboxOne ゲーム

マイクロソフト XboxOneを買う価値はあるか? 白い限定版購入記

まとめ
★マルチタイトルはPS4が無難
★本体がデカくて、横置きしかできないのは不便
★コントローラーは素晴らしい
★ごちゃごちゃ言わずに買え



IMG_3686.jpg


購入するのなら、マイクロソフトが時々キャンペーンを行うので、それを待つのが良いです。
だいたいソフト付きで5000円引きが基準です。
この本体をキャンペーン無しで買う価値があるかというと、そこは微妙だと思います。

Xboxは初代を発売日に買うという暴挙に出てからずっと発売日購入を続けてきましたが、さすがに今回のXboxOneは躊躇を重ね、今回、白いコントローラーと本体の限定版がキャンペーン価格で購入できるのが発表されたのを機に、ヨドバシカメラに予約しました。

既に世界販売でも2015年の1月時点でもPS4に倍近い差をつけられてしまい、ただでさえ日本では売れないのに、もっと売れていないというマイクロソフトをしかり飛ばしたいようなていたらくな先行きに、絶望感さえ漂い始めたハードです。

僕も今回はずっと様子見を重ねながら、機をうかがっていましたが、途中、PS4を購入してみると、思いの外よく改善されたハードで「これは売れるわけだ」と、ますますXboxOneから遠ざかってしまいました。

そこで今回PS4とXboxOneを所有して見て、今悩んでいる方にアドバイスめいた事ができればと思いました。

結論から言うと、カタギの方はPS4で満足しなさい。とはっきり言っておきます。
どちらかで悩むというのなら、今回のハードはコントローラー以外のあらゆる面でPS4が上です。

XboxOneがPS4に勝っているところは、たぶん細かなところもいれれば4つです。
そこに価値が見いだせるのなら、XboxOneも有りですが・・・・



★オンライン対戦の快適さはXboxOneが上[ただし、日本人プレイヤーはほとんどいない]
★コントローラーの出来は、XboxOneが断然上
★XboxOneオンリーのソフトがどうしてもやりたい[フォルツァ・ギアーズオブウォー・ヘイローシリーズなど]
★本体の静粛性はXboxOneが上だが、PS4もウルサいと云うほどではない。


ここに価値が見いだせるかどうかが、今回のXboxOneを購入するかどうかの分かれ目になると思います。

ここに価値が見いだせなかったり、理由として弱いと云う事であるなら、PS4にしておいた方が無難です。

PS4の出来はかなり素晴らしく、機能は洗練され、ハードの能力も上がり、内部メモリの量も多く、コントローラーもそこそこよくできていて、システムソフトの処理もサクサクです。

対してXboxOneのシステムは若干もっさりで、インタフェースも360よりわかりにくくなっています。
今回のXboxOneはUSBをほとんど使うことがないとは云え、背面にしかUSB挿し口がなく、ヘッドセットアダプターのアップデートの時などは面倒です。
なぜ、前面にもひとつくらいUSBをつけてくれなかったのか理解に苦しみます。

静粛性についてですが、ほぼ稼働しているかいないかが分からないくらい静かになっています。
これは前作の初期型360が小型掃除機並みにウルサく、なおかつジャスパー基盤に変更される前は、ほぼ欠陥品のマザーを積んでしまったことにより、故障修理の増加という形でユーザーを痛めつけたことを踏まえての処置だと思います。
ここは評価できますが、PS4も「ウルサい」というほどではないので、大きなアドバンテージかどうかは何とも言えません。

ただ、最も大きな懸念事項は、なによりも、日本のソフト会社はもうXboxOneでのソフト発売を諦めるのではないかとさえ思えることです。

地球防衛軍も最新の4.1はPS4のみですし、僕の好きなお姉チャンバラもPS4のみです。
今後は続々とXboxOne対応を諦める日本のソフト会社が現れて、かつてのXbox360の勢いはほぼ無くなってしまうことになると思います。

いままでXbox360愛で100本以上のゲームタイトルをプレイしてきましたが、この僕が今回もXboxOneを買ったとは言え、発売から何ヶ月も悩むのは今までなかったことです。
PS3の時、ハードはほぼAV再生機と化していた人間がもう今後のマルチタイトルはPS4を優先しようと心を固めています。
XboxOne期待のインパルストリガーは、マルチタイトル非対応が明らかになり、ほぼマイクロソフト謹製かオンリータイトルしか対応しないことがわかり、こんなにがっかりしたことはありません。

このまま行くと、XboxOneで購入するソフトは「オンリー」以外購入することはないと思います。

しかしです。

数が少ないとは云え、マイクロソフトのXboxOneオンリータイトルは、素晴らしい出来のモノが多いのです。
これも正直に言っておきますが、ゲーマーならこれだけの為にでも、ごちゃごちゃ言わずにXboxOneを買えと言いたい。

今回のXboxOneは、おそらく購入しても稼働時間は短くなることは間違いないと思いますが、オンリーのタイトルの出来はPS4のスタンダードなソフト数本分の価値がある物が多いです。

例えばフォルツァ5、これをプレイしたらPSのグランツーリスモなどアホらしくてプレイできないです。
まだ発売していませんが、ギアーズオブウォーも凄すぎるソフトになるのは約束されています。
個人的にはライオットアクトなども待っています。2作目で駄作になってしまいましたが、どうにか初代のあの世界観と緊張感を再び再現して欲しい。

というようにどのソフトも「カタギ」がプレイするようなモノではないですが、二つ三つとオンリータイトルに興味がわくのならば、XboxOneはそのためだけにでも買う価値はあると思います。

が、今の販売価格でならもう少し値が落ちるのを待っている方が得策だとも考えます。
PS4と少なくとも1万円以上の差がある安値で拾わないと、それに見合うだけのモノはXboxOneには残念ながらありません。

360の時はコントローラーがあまりにも素晴らしく、しかもハードの能力もXbox360の方が上だったので、マルチタイトルは360版しか購入しませんでしたが、今回はまるっきりその逆になることは僕の中では確定しました。
マルチタイトルは、PS4版を中心にします。

XboxOneは数少ないが、とてつもない優良タイトルが多いオンリーソフトを中心に楽しむことになる予感がしています。
なので、どちらか1台を買うと云う事であれば、日本でならPS4一択です。
周りの友人とソフトの貸し借りをするにも、XboxOneはそういうことはなかなか難しいでしょう。
また、近所の中古ソフト屋に出かけても、XboxOneの中古ソフトはほぼ手に入らないどころか、新品ですら手に入れるのは難しくなるでしょう。

ですが、洋ゲー中心のプレイヤーでXboxOneオンリータイトルに少しでも興味があるのならば、キャンペーンや値落ちする時期を待っての購入を狙うべきです。
この時、間違ってもキネクトなどという変態ハードをつける必要はありません。
マイクロソフトは既にキネクトを見捨てています。

ハード面では、PS4にあらゆる面でおいて行かれてしまいました。
XboxOneが勝っているのは「本体の静粛性」とヘッドセットアダプターを別途購入したときに手元で音量調整ができるということくらいかなと思います。
頼みの綱のコントローラーに実装されたインパルストリガーは、オンリーソフトの一部しか活用できないことが明らかになり、素晴らしい未知のゲーム体験はあらゆるXboxOne版ソフトで万人が楽しめるようなものではありません。

ですが、おそらくこんなブログのこんなタイトルの記事をわざわざ読んでくれている方なら、XboxOne愛に満ちあふれた方か、少なくとも興味を持っている方だと思います。

そんなに悩んでいるのなら、いっそのことXboxOneを買ってしまい楽になってしまいましょうといった方がいいかもしれません。
少なくとも、僕は購入してしまいました。

とりあえずフォルツァホライズン2で、インパルストリガーの未知の体験を一足早く楽しんでいます。
これだけのためでも、買って良かったと思っています。

というわけで、XboxOneは、素晴らしいと絶賛する出来ではないですが、いくつかのオンリータイトルは、本当に素晴らしいものがありますので、コントローラーのインパルストリガー体験とともに、ごちゃごちゃ考えずに買ってくれと、最後にいっておきます。
というか、そういうわけの分からない勢いでもなければ、今回のXboxOneは買えません。



【中古】【状態:B】Xbox One 本体 Xbox One Kinect (Day One エディション) [6RZ-00030] 500GB【赤道店】


感想(0件)




Xbox One ヘッドセット アダプターXbox One ヘッドセット アダプター
(2014/09/04)
Xbox One

商品詳細を見る



XboxOneコントローラー、インパルストリガーは凄かった!!


まとめ
★インパルストリガーは凄い
★Xbox360からの正統進化
★世界最高のコントローラー


IMG_3679.jpg

遂に、XboxOneを購入しました。
初代からのユーザーとはいえ、今回はかなり様子見をしてしまいました。

さすがにPS4の出来とOneの出来を比較してしまうと、Xbox360の時とは様子がまるで違うので、だいぶ考え込んでしまいましたが、Oneコントローラーに搭載されたインパルストリガーをどうしても体感してみたくて、購入してしまったのでした。

インパルストリガー、これは凄いです。
まさに未知の体験で、トリガーにかける指がビリビリと振動して、凄まじいフィードバックに圧倒されます。
例えばフォルツァホライズン2では路面の状況やブレーキの具合に応じて,左右の指にフィードバックが帰ってきます。
こんな事はかつてなかったことです。

もちろん通常の振動もかえってきますので、ダート走行中など全ての振動が機能し始めると、コントローラーを握っているというよりも、なんだか電動マッサージ器を握り込んでいるようです。

まだ最初なのではっきりとは確認していませんが、インパルストリガーはどうも強弱2種類の振動のようで、軽く路面状況が悪いと微弱なジーとという振動があり、更に路面が悪くなると強い振動に変化します。

ただ、これが絶対に必要かというと微妙な感じは否めません。
というのも、凄すぎてゲームに没入できないというのがあります。

何しろ初めての感覚なので、インパルストリガーが作動を始めるとそこに気を取られてしまい、何とも言えない体験に戸惑いすら感じます。
まだ対応タイトルが少ないので、このインパルストリガーを体験できる機会は限られてしまいますが、実装が進めば新たなる機能としてもっと多くの人に実体験してもらいたい機能のひとつです。

僕は勘違いしていたのですが、マルチタイトルですとこのインパルストリガーはまったく機能しません。
今回XboxOneと一緒にCODのアドバンスウォーフェアを購入したのですが、一切インパルストリガーは作動しませんでした。

ということは、PS4とのマルチタイトルでは、残念ながらPS4版でのソフト購入をお勧めしておきます。ハード的にはPS4が優れていますし、ソフトのリセールバリューも圧倒的に高く、インパルストリガーだけでも対応して頂ければと思ったのですが、One版ではそれすら組み込まれていないのでは、積極的にOne版を購入する理由はありません。

今のところ、インパルストリガーに完全対応しているのはフォルツァシリーズなどごく限られたソフトだけのようです。今後、XboxOneオンリー以外のソフトは全て非対応でしょう。
しかも、サンセットオーバードライブを試してみると、XboxOneオンリーソフトも非対応のようです。

そうなってくると本当に限られたソフトでしかこの素晴らしいインパルストリガーを体験することはできず、もう本当に残念としかいいようがありません。

IMG_3680.jpg


さて、上の写真はXboxOneとXbox360のコントローラを並べてみたものですが、左の黒いトリガーの方がOneコントローラーですが、明らかにXBOX360よりもトリガー自体が大きくなっているのが分かると思います。
これで押しやすくなっているとかいうと、実は微妙で、写真をよく見るとトリガーのカーブがきつくなっているのが分かると思います。

個人差があるので何とも言えませんが、僕のようにトリガーの先っぽに指を置くようなタイプだと、もの凄く指が置きづらくなっています。
こういった個人差を感じやすいに部分には、あまり大きなアールはつけて欲しくなかったです。
握りやすさなどはXbox360版と大差ないだけに本当に惜しい部分だと思います。

L2R2バンパーも押しにくいという評価がありますが、こちらはカチリとした感触になり、それほどの押しにくさは感じませんでした。
もともとL2R2ボタンは、あまり頻繁に使う事もないため、それほどの改悪だとは思いません。

全体的に見ると、マイクロソフトが本気で作っただけあってこのOneコントローラーは、素晴らしいコントローラーです。
特に初体験のインパルストリガーの凄さと、このフィット感、これと比べてしまったらPS4のコントローラーは進化したとはいえ、まだまだ追いつくのに時間はかかるなという感想です。

なお、ヘッドセットアダプターを購入しないと、PS4のように手元のコントローラーにヘッドホンを挿すと言うことはできません。
別途で2000円以上かかるのが納得いきませんが、アダプターを購入してしまいさえすれば、PS4よりも快適です。
何しろ、PS4ではできない手元でのミュートや音量調整などが一発で可能になりますから。

追記
何ヶ月か使い込みましたので、長期テスト後の感想を書いておきます。
Xbox360のコントローラーの方が全体的な完成度は高いような気がしてきました。
特にフィット感、LRトリガー、L2R2ボタンの押しやすさなど、どれをとってもXbox360の旧コントローラーが優れています。
もちろん一部、方向キーなどは「改善」だと思いますが、いかにXbox360のコントローラーがよく出来ていたかと云う事だと思います。

なので、最近では少し期待外れだったかなと言う気がしています。
もちろん、PS4コントローラーよりは着るかに優れているのですが・・・

Xbox One ヘッドセット アダプターXbox One ヘッドセット アダプター
(2014/09/04)
Xbox One



商品詳細を見る






HD598 VS ATH-A900X SRH840など ゲーム用ヘッドホン試聴記

 

まとめ

★5.1chなどのゲーム用DSPで加工されたヘッドホンは論外

★開放型が有利


IMG 3548

 

PS4ですと、コントローラーにそのままヘッドホンがさせるので、以前のように音の悪いことを我慢してワイヤレス5.1chヘッドホンを使用する必要がなくなったので、気軽にヘッドホンでゲームが楽しめるようになりました。

 

PS3やXbox360の時は、ソニーのDS7100を使用していました。

 

これはAAC伝送で音を送るので、多少はマシだとは云え、ワイヤレスの音の悪さはどうにもなりませんでした。

 

といっても、どうも伝送方式云々よりも、どちらかというとDSPによる「音の加工」の方が問題で、音質の悪さは特に酷かったのです。 一昔前のヤマハのサラウンドプロセッサの音を聞いたことのある方は覚えていると思いますが、いったん音を加工してしまうとそれが どのようなものであれ、音の劣化は激しく進行します。

 

ソニーのDS7100、おそらくその後の後継モデルでも問題はまったく解決していないと断言できます。

 

そもそも7100で7.1chになったときに、その前の5.1chのds7000も所有していましたが、ほとんど音に違いは無く、装着感などの付加価値部分の進化だけでしたから、おそらく「音質」という点では頭打ちなのだと思います。

 

ですが、さすがにソニーなので装着感とヘッドホンの軽さは素晴らしく、おそらく僕のようにピュア的にも音を聞いてしまうと云う性癖さえなければこれはこれで満足できる買い物だと思います。 僕は、やはり音質の悪さに我慢できず処分してしまいましたが・・・そもそも頭の後ろから音が聞こえてくるわけではないですし、あくまで加工した音による疑似5.1chなので、大きな期待をしてはいけません。

 

そこで、最近またゲームを始めたので、有線のゲーム用ヘッドホンを購入しようかと思い、試聴に行ってきました。

 

ゲーム用なのであまり価格はかけずに、そこそこの値段でそれなりの品質をということで次の機種に絞り込んで音を聞いてきました。

 

★ゼンハイザー HD598 開放型

★オーディオテクニカ ATH-A900X 密閉型

★SURE SRH840 密閉型

 

だいたいゲーム用で評判がイイというと、これらの機種に絞られてくると思いますが、僕の耳で直接試聴してどうなのかというと実際にこれらの機種を聞いてみないことには何とも言えません。

 

事前にだいたいの見当はついていたとは云え、やはり順当な結果でした。

 

結論からと云うと、この3機種の中から1つ選べと云われたら、HD598ということになります。

 

密閉型特有の問題は改善されておらず、音質という一点に絞って楽しむのなら「開放型」の方が絶対的に有利です。 特に価格が似たようなものなら密閉型が勝てる要素というのはほとんどありません。

 

これはハイエンドヘッドホンを見ればよく分かるのですが、いわゆる音質を追求したピュア用のヘッドホンで密閉型というのはほとんど存在しません。唯一、ウルトラゾーネというメーカーが生産していますが、このメーカーを僕はあまり信用していないので、ほぼ開放型しか存在しないと云っても過言ではないです。

 

音を聞いてみても「密閉型」はどうしても「籠もり感」があり、音質がわずかに劣化するのはよく聞けばたいていの人が納得することだと思います。少なくともまともに設計された同価格帯なら密閉型では開放型のヘッドホンには勝てません。 特に音質を追求するタイプの物ですと、最終的には開放型オープンエアータイプにたどり着きます。

 

事前に予測できていたとは云え、わざわざ試聴に行って、評判を確かめてきましたが、この3つならやはりHD598がいちばん「音質」がいいです。

 

ですが、実は一時期、世界的にも絶賛されているHD650も所有していたのですが、こちらもすぐに処分してしまったので改めてゲーム用にゼンハイザーを買い直すのは気が引けるところがあるのです。

 

処分した理由は「音がつまらないから」という一点です。

 

ゼンハイザーの音は、平坦なのであまりおもしろくないのです。よくフラットということが云われますが、確かにフラットです。 それは間違いありません。 しかし、ピュアオーディオでルームイコライザーなどを使用して周波数調整を行い、試聴位置で音をフラットにすると、とてもつまらない音になるというのは常識です。 僕も何度も試しまたが、聞いていても何の感動もないので、たいていの人はフラットを使わずに、若干の凸凹をつけてやります。そうすると音に躍動感が出てくるからです。

 

ゼンハイザーはこのフラットにしたときの音によく似ているのです。このタイプですと、「音に深み」がないとちょっと聞いていられません。特に僕のような音楽はピュアオーディオで楽しむので、ヘッドホンは音の個性を重視するというようなタイプですと、ゼンハイザーは合わないようです。

 

というわけでとりあえず保留で帰ってきました。

 

ネットなどでゲーム用のヘッドホンということでいろいろ探している方は、とりあえずHD598で間違いありません。

 

少なくともこの価格帯なら、十分な音を出します。

 

上位のHD650との違いで一番大きいのが、音数が多くなると「途端に破綻する」ということです。 破綻というのは具体的にどういうことなのかというと、要するに、音が団子になるのです。 これはなかなか難しい問題で、スピーカーなどでもロックなどの音数が多い音楽や電子系の打ち込みを多用した曲などはならすことがとても難しいのです。 なので、これに関しては世界的な評価のあるHD650がよく出来過ぎているというのがあるので、ここまで気にしてしまうと4万以下のヘッドホンは購入できなくなってしまうのであまり気にする必要はありません。

 

ちなみに、他の900xもSRH840もこのあたりは更にダメなので、選ぶ価値はないと思います。

 

それに、HD598を辞めて、HD650以外で更に音質を追求してしまうと、おそらく3倍以上の価格帯を選ぶ必要が出てくると思いますので、泥沼行き決定ですね。

 

一番やってはいけないのは、音楽用とゲーム用を分けて考えてしまうことです。 音楽がうまくならないヘッドホンはゲーム音もうまく鳴らすことができません。

 

 

 

ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン HD598 HD 598 並行輸入品ゼンハイザー オープン型ヘッドフォン HD598 HD 598 並行輸入品
()
Sennheiser

商品詳細を見る
【国内正規品】SHURE プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン SRH840-A

【国内正規品】SHURE プロフェッショナル・スタジオ・ヘッドホン SRH840-A
(2009/11/20)
SHURE

商品詳細を見る

 

audio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ATH-AD900Xaudio-technica エアーダイナミックシリーズ オープン型ヘッドホン ATH-AD900X
(2012/11/16)
Not Machine Specific

商品詳細を見る

XBOX360ユーザーから見たPS4コントローラー その2

PS_Logo.jpg



FPSのCODゴーストをクリアしましたので、再度のPS4のデュアルショックコントローラーのインプレッションを書いておきます。
やはりXBOX360のコントローラーには適わないです。

具体的に何が違うのかというと、アナログスティックが若干フラフラする関係で細かいエイミングが狙いづらい時があることと、握った感触です。

どうも長時間握りしめていると変なところに力がかかるのか、特に左手が妙に痛くなってきます。
おそらく、僕の手にコントローラーの握り部分が合っていないこととL2トリガーの形状が引きづらい事と重なっているような理由だと思います。



これでもPS3のあのコントローラーから比較すると大きな進化を遂げているのですが、やはり長時間は厳しいコントローラーだと個人的には判断しました。

マイクロソフトがコントローラーに莫大な研究資金を投じたと報道されていましたが、やはり意味のある投資だったと思わざるを得ません。
オフセットされたアナログスティックやLRトリガーのすばらしさなど、これだけでもXboxOneが欲しくなってきます。

個人的な主観も多く含まれているため参考程度にとどめておいて欲しいのですが、やはりXBOX360のコントローラーがいかに秀逸な出来映えだったかと思い知らされます。。

XboxOneのみでプレイ可能なゲームがフォルツァといくつかしかないということでなければ・・・。もう地球防衛軍も出そうもないですし、お姉チャンバラもリリースされそうにないと、今後は日本版のみXboxOneが゜マルチタイトルのローカライズからはぶられることになりそうなので、流れとしては相当シビアな状況に陥ることは間違いないでしょう。

でも、XboxOneのコントローラーだけPS4で使わせてくれないですかね?





Xbox360ユーザーから見たPS4デュアルショック4コントローラー

まとめ
★違和感が少なく移行しても大きな問題は無い
★振動はかなり大きい
★バッテリーの持続時間は短いのは不満
★LRトリガーも改善された



IMG_3492.jpg



360ユーザーが、PS4への移行に対して大きな懸念を抱く理由のひとつに、コントローラーの違和感があると思います。
これはPS3のデュアルショック3コントローラーの出来があまりにも悪すぎたためと同時に、360のコントローラーの出来が神がかっているほど素晴らしいので、このコントローラーの違いのためにプレステ3とxbox360の両方所有している方は、どちらかというとコントローラーの振動の強さとフィット感でマルチタイトルなら360用のソフトを買ってしまったのではないかと思います。

特にFPSユーザーにはその傾向が強かったのではないかと。

僕も360コントローラーを愛していたのですが、Xboxoneの先行きがあまりにも不透明なため、oneへの移行よりもPS4の将来性からとりあえずPS4購入に走りました。

懸念していたのはPS4のコントローラーの出来です。

前作のDS3があまりにも酷かったので、不信感がぬぐえず、躊躇していました。

結論から言えば、杞憂とまでは行きませんが、DS4の出来はかなり良いです。
360やおそらくoneコントローラーには適わないと思いますが、少なくとも違和感はだいぶ減っています。

握ったときのフィット感、あのどうしようもなく弱々しかった振動、LRトリガーの欠陥品レベルの押しにくさ、アナログスティックの反力がほとんど無くフラフラする為のエイミングのしづらさ、これらはだいぶ改善されています。



DS4の振動は改善され、その感度も選択するとこができ、アナログスティックの操作感は大幅に良くなり、フィット感も向上しています。
360コントローラーからでも違和感なく移行することが可能になりました。
まだLRトリガーの引きづらさは残っていますが、DS3に比べたらもう素晴らしいの一言で、従来のDS3からのユーザーからすれば狂喜乱舞の出来映えだと思います。

正直、主観で点数をつければ、360コントローラーが10点満点だとすれば、少なくとも8-9点に迫っていると感じています。
ここまで来てくれれば、マルチタイトルでもPS4ソフトを購入してもいいかなと思えるレベルです。

ですので360ユーザーの方も、安心してPS4コントローラーへの疑念を捨て去ってもらっても大丈夫だと思います。
PSもxboxも初代からのユーザーで有り、どちらかというと360コントローラーの狂信的なユーザーのひとりである僕はそう断言しておきます。

PS3のゴミのようなコントローラーのおかげで、ほとんどAV再生機と化していたPS3の過ちをやっと認めて対処してくれたソニーに感謝するしかありません。接続ケーブルもより一般的なUSBになりましたし、今作は、FPSユーザーから見てもレベルアップしています。

できればもう少し早くDS3コントローラーをアップデートして欲しかったと思いますが、今はそれを云っても仕方がないことですので、素直にDS4への劇的な進化を喜びたいと思います。

なお、xboxoneは、PCソフトとのマルチタイトルが多いので、あの素晴らしいコントローラーはPCで有線接続で使用すると真価を発揮してくれると思います。
PCソフトの為だけでもあのOneコントローラーは使う価値があります。
残念ながらDS4はoneや360コントローラーに勝てるかというと、勝てないと思いますが、かなり肉薄したことは間違いありませんので、僕のようなコントローラーの出来の悪さを気にしてPS4の購入に躊躇していたような奇特な方には朗報だと思います。



マイクロソフト Xbox One ワイヤレスコントローラー(Xbox One/Windows PC対応)7MN-00005マイクロソフト Xbox One ワイヤレスコントローラー(Xbox One/Windows PC対応)7MN-00005
(2014/11/14)
Not Machine Specific

商品詳細を見る


PCゲーム用には最強のコントローラー。one用は有線のみだが、これを使用してゲームすると快適さが段違いになる。