ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。

ハイテック/hitecニッケル水素電池充電器『X4 Advanced』をレビューする ミニ四駆&ミニッツ

ハイテックニッケル水素電池充電器『X4 Advanced』をラジコンで使う


まとめ
■スマホと連携させないとほぼ何もできない
■ミニッツ用とミニ四駆用ならベストな選択
■エネループの管理でも最高峰の製品



IMG_3531.jpg


ハイテックの充電池専用の充電器です。

超高性能で多機能なミニッツ用の充電器としては、現状ではほぼベストな選択ですが、スマホがほぼ必須となります。
無しでも使えないことはないですが、肝心な電池の詳細データを見ることができなくなりますので、わざわざこの充電器を使用する意味が無くなります。

このX4は、中華メーカーSKY RCのOEM品ということになります。
アプリストアを検索するとオリジナルのアプリがヒットしますが、こちらはX4では使用できません。
あくまでハイテックのアプリをダウンロードしてください。

単三と単四共に充電できますが、ミニッツの場合は単四のみなので、使用するのは単四が多くなるでしょう。

ミニッツのサーキットに行くと、リフェバッテリー使用者でもなければ、ほぽこのX4かパワーレックスMH-C9000のどちらかをピットに設置しているのを見ることになります。
僕の感覚では半数くらいの割合だと思いますが、このX4は、電池の詳細なデータを見ることができる唯一の充電器なので、非常に重宝しています。

スマホの専用アプリを使用すると、容量・電圧・電流値・時間・電池温度などを参照することができ、特に有益なのは内部抵抗値を見ることができる点だと思います。

内部抵抗値が分かれば、その電池の内部性能を数値で把握することが可能になり、電池の選別を行うことができます。
例を挙げると、買ったばかりの電池は眠っていることが多く内部抵抗値は非常に高い値を示しますが、何度も使用していると抵抗値はドンドン下がっていきます。ところが電池によっては抵抗値の値があまり低くならない物もあり、こういった電池はいわゆるダメ電池として印をつけ、抵抗値の値が同じレベルの電池同士で管理していきます。

こういう電池の管理をしないとレースでは勝てませんが、今のところ、内部抵抗値が計測できて市場で手に入りやすい充電器はこのX4しかありません。
なので、どうしてもこのX4を手に入れる必要が出てきます。

いまのところX4さえあれば、ミニッツの充電器は他に必要ではありませんが、多数の電池を同時に充電する方は1台では少ないかも知れませんので、もう1台準備するなり、パワーレックスMH-C9000を用意するなりの工夫がいります。
時間さえかければ充電池を何パックも用意すれば丸1日サーキットでも1台で足りますけど・・・ちなみに僕は1台体勢で運用しています。電池は4本パックを8セットですね。

ただ終わった後の管理充電はかなり大変です。
とにかく時間がかかるためです。

もちろんX4で充電電流を自由に指定できるのですが、たいていはMAX充電になります。そうでもしないと一日中、充電のために張り付いていることになります。

この充電器の注意点ですが、iPhoneの場合アプリにバグが有り、終止電圧などのいわゆる「設定」にかかわる部分を記憶することができません。このバグはもう数年放置されています。
アンドロイド版ならまともに動くようです。

あとは、バックグラウンド動作にも対応していませんので、一度アプリを閉じるとグラフ等のデータは消えてしまいますし、Bluetooth接続からやり直しになります。
ここが非常に面倒くさいのですが、どうにもなりません。

X4をまとめると、内部抵抗値を見ることができるという点と放電機能が1Aまでとれる、という点で特に秀でています。
ホビー用途で充電池を追い込んで管理したい方は必携の充電器だと思います。


追記
かなり使い込んでいますが、Bluetoothの接続失敗がよくあるので、無線周りの性能はあまり良くないのかも知れません。
今時、1000円程度のBluetoothイヤホンでも接続の失敗など無いので、このあたりは非常にストレスが溜まります。

なお、このX4はエネループ管理にも非常に便利です。


追記2
2015/7月にiOS用のアプリがゃっとアップデートされました。
これでデルタ値の設定などがやっと出来るようになっています。


追記3
このX4のバージョンアップ版である2が発売になっています。
アプリは専用品で共通では使えません。




基本送料無料!44242 AA/AAAチャージャーX4Advaced(アドバンス)2

価格:10,800円
(2017/5/2 01:51時点)
感想(1件)






EDS Miniツールセット ミニッツ整備の高級工具

まとめ
★03系の専用工具としては最高峰
★精度が良い
★入手困難



IMG_3512.jpg


ミニッツの工具というと、普通は京商純正のSPツールセットが定番ですが、マニアックに攻めるのならEDSのミニツールセットがオススメです。

京商純正のセットに比べて、工具の本数が半分の4本しかないのですが、03系の整備ならこれで十分です。
むしろ純正の工具セットの方はAWDなどに使用する不要なものが多く、最終的には4本しか使わないので、EDSのセットは最小限の構成でMR-03整備に特化した工具ということが言えます。

将来的にドリフト系のAWDも購入予定なら、京商純正ツールセットも選択肢に入ってきますが、何しろEDSのツールセットは持った瞬間に所有欲を満たす精度の良さなので、ピットでも目立つこと請け合いです。

セット内容は次の通りになります。
●HEX1.5mm ●プラス2mm ●プラス3.5mm ●ナットドライバー4.5mm

すべて握りの部分にローレット加工が施され、滑りにくくなっているのと、ドライバー先端の出来というか精度が段違いによくできていますので、ネジに合わせた瞬間に買って良かったと思えます。

はっきり書けば、ミニッツの場合1/10サイズのラジコンと違い、ネジを舐めるということがほとんど無いので精度の違いが即有利に働くと云うこともないのですが、自己満足としては非常に満足度の高い買い物ではないかと思うときも有り、工具にこだわる方なら購入して後悔することはないでしょう。

一度購入すれば半永久的に使えるので、ミニッツを長く楽しもうと思えば、これはなかなか良い買い物だったと今でも感じています。
特に僕のような工具マニアは、やはりこだわりの工具を使うという意味では、こういった特徴的でマニアックなツールセットは思い入れも深くなります。

EDSの工具は価格から比べると先端の精度がとても良く、僕はフルサイズラジコンの方ではHUDYの工具を使っているのですが、ドライバー先端の予備は入手性と精度の両面からEDSのものをストックしています。
なのでEDSがミニドライバー、しかもミニッツ整備に特化したドライバーセットを出してくれているのはとても嬉しい事だと思います。

使用した感想としては4.5ミリナットドライバーがきつすぎて、ナットが抜けません。
何回か使用すると若干甘くなるのですが、ここは要注意点だと思います。
それ以外は特に問題も無く、使用感は良好です。

ミニッツピットで差をつけるという意味では、EDSのミニツールセットはオススメできます。


イーグル SP ミニッツ用ドライバーセット(5本) #2678

価格:1,925円
(2015/1/29 04:38時点)
感想(0件)






ミニッツ用 SPツールセット【MZW118】 【税込】 京商 [K MZW118SPツ-ルセット]【返品種別B】【RCP】

価格:2,260円
(2015/1/29 21:00時点)
感想(0件)






ミニッツ MR-03 必須カスタマイズパーツについて



MR03 ミニッツのカスタマイズパーツについて語ってみます。
とりあえずカーペット運用での感想です。

これまで様々な部品を購入し取りつけてきましたが、効果が実感できる部品は少なく、紹介は最小限にします。
ココには書きませんでしたが、ミニッツでの最重要部品は、Tバーだとおもいます。取りつけ時には「ゆがみ」に気をつける必要がありますが、最初からゆがんでいる場合がほとんどなので非常に難しい部品です。

【アルミモーターマウント】



これは必須です。
イーグル製の安い物もありますが、京商純正を購入してください。精度云々は正直分かりませんが、Tバーが選べないのでイーグル製を選択すると後で困ります。
このパーツを実装する意味は、

★車高調整が出来る[転倒対策にとても有効]
★放熱に優れている。[ノーマルモータ・Vモーター時に有効です]
★強度が高いので割れない[プラスチックパーツだと、モーターカバーがよく割れます。後輪軸付近もひび割れが発生します]


なので、この部品は何をさておいても入れるべきだと断言できます。

【ボールベアリング】


これも一番に入れるパーツです。

★燃費が上がる

一度購入するとメンテさえすれば相当長期間にわたり使用できます。普通に扱っていれば半年や一年スパンで使えます。使用後のメンテナンスはきっちりと行ってください。
紛失がよくある部品なので、予備も持っていた方が良いです。タイヤが外れたときに一緒に飛んで行ってしまいます。
使用前には油を差し、前輪の回転を必ず確認してください。

【フリクションダンパーセット】


これも、絶対に入れるべきパーツです。
優先順位としてはアルミモーターマウントよりも高いです。

★ロールが規制される
★車体の挙動が安定する


オイルダンパーなどは必要ないと個人的には思います。オイルがすぐに抜けてしまうのと、車体上部に部品が乗るので転倒しやすくなります。
カーボンパーツは多少引っかかるので、テフロンシートなどを貼ると良いようです。
付属の粘度の高いオイルは好みに応じて使用します。

【テフロンシール】


車体下面に貼ることも出来ますし、フリクションダンパーに使うことも出来ます。個人的にはダンパーとICタグに貼るのをオススメしておきます

【アッパーサスシャフト】


すぐに効果が実体験できるパーツのひとつです。フロントはさくさくにしておいた方が良いので、このパーツは絶対に入れてください。フロントを押したときにギシギシする感じがなくなります。

【フロントキングピン】


アッパーサスシャフトと同時に交換した方が良いです。
優先順位としてはアッパーサスの方が効きますが、フロント周りはしっかりやっておいた方が不安要素が減ります。

これにプラスしてアルミホイール・ジャイロ・ICタグを装着すれば十分です。
というか、これ以上いじる必要が無いです。

各種バネやオイルダンパーはとりあえず買わずに、ノーマルパーツで走り込みましょう。
ミニッツ自体、難易度が高い遊びなので、車をいじるよりも走り込みに時間をかけた方が良いです。

ミニッツのMR03自体の完成度が非常に高いので、訳の分からないパーツは入れてもあまり意味はありません。せいぜいが気休め程度です。
最初はいろいろな部品を購入しますが、結局、どんどん取り外していってしまうというのがひとつのパターンです。
ノーマルプラスアルファが一番速いと思います。





この本は、毎回しばらくすると絶版になります。
あるうちに手に入れましょう。


ミニッツ MR-03 ジャイロについて 京商純正とGforce製ジャイロの違い


DSC03268.jpg

まとめ
■Gforce製は効きが強烈
■京商製は、効きが穏やか


価格はGforce製が圧倒的に安いのですが、ジャイロの効きが結構強烈なので注意が必要です。
ジャイロの効きが欲しい初心者の方は最初に価格の安いGforceを選択するのは有りです。

ただし、微調整が難しいところがあるのである程度練習してコースを平均タイム以上でうまく周回できるようになってくると京商製で詰めていった方が走りやすくなります。
特にきついカーブで原因不明で「転倒する」などの症状が現れてくるようになると、gforce製のジャイロを疑う必要も出てきます。

要するにGforce製のジャイロの方が「細かく調整できない」ので、初心者がグッとジャイロを効かせて走る練習をする場合などはとても有効なのですが、ある程度コースを自由に回れるくらいになってタイムを追求する段階になると不満が出てきます。

逆に言えば京商純正のジャイロは「効きがかなり弱い」というかマイルドに効くので、初心者には効きが甘く感じられるところがあります。

僕は両方持っていますが、とりあえずの練習はgforceでも十分です。

ですが、当然のことながらレースなどには純正のジャイロでないと出られませんので、後々の事を考えるのなら素直に純正ジャイロを購入するのが良いのですが、やはりジャイロの効きがかなり弱く感じるので、初心者がいきなりジャイロの効果を体感しながら走るというのはちょっと難しいところがあります。

ベテランになると純正ジャイロをわずかに効かせて走るという事になりますが、こういった微調整はGforceでは難しいと云うのも事実です。

体感的ですが、ざっくり言うと同じ設定数値なら2倍以上ジャイロが「効く」のがGforce製のジャイロとなります。

なので初心者はGforceから始めて、不満が出てきてから京商純正ジャイロに切り替えるのが一番良いかも知れません。





MZW405 ジャイロユニットセット(MR-03)

価格:2,988円
(2017/4/29 04:26時点)
感想(0件)






ミニッツ始めました


ミニッツという1/24小型ラジコンを始めました。
半年程度たって、ようやく少しタイムが安定し、コースにぶつからずなんとか走れるようになってきたので、経験を踏まえて書いておきます。
ここまででサーキットに通った回数はおよそ17回程度で、毎週行くわけではないので、頻度としてはそれほど多くないと思います。

実は、ラジコンのドライブは生まれて初めてで、サーキットに行くには抵抗がありました。
まともに走れるわけがないので、人に迷惑をかける可能性が高いと思い、だいぶ長い間逡巡していたのは事実です。ラジコンを始めようと思っている方の大半がそう考えているのではないでしょうか?
友人がいて一緒に走るとかでなければなかなか踏ん切りが付きませんでした。

ラジコンの工具やマシンなら既に所有していました。
1/10スケールの大きなモノですが、バギーとドリフト専用機を組み立てて飾っていました。
こちらのサイズのラジコンサーキットは実はすぐ近所にあるのですが、走らせるよりも組み立ててオプションパーツを入れて部屋の中でのみ試運転しては楽しむというインドアなラジコン趣味でした。

実はなんどかこのサーキットに出かけていったのですがそこで華麗に走っている数多くの人たちを見ると気後れして、帰ってきてしまったのでした。


ミニッツを見つけたのはそんなときでした。

調べてみると、趣味としてはピークを過ぎた感があり、今や細々と楽しんでいる人が要るくらいの感じでしたが、走る練習なら十分だと感じました。小さいモデルなのでドライブも楽だろうと思いましたが、これは後になってとんでもない間違いだと気がつくわけですが、そのときは手軽に走れるモデルと云うくらいの気分でした。
簡単なモノから初めて、将来的には1/10スケールラジコンのサーキットデビューを果たすつもりなら、練習には正に好適だろうと感じて飛びついたのです。

京商のホームページを見ると02と03とAWDやら様々なモデルがあり、訳が分かりません。
とりあえず調べてみると、安い02のセットは型落ちの旧モデルであり、これに付属しているプロポはKT18という最新の03に買い替えても使えるプロポでした。

しかし、最新マシンの03のセットに付属しているプロポはKT19というモトレーサー用に開発されたプロポの流用であり、将来的にシャーシのみ別売りの03に買い換えてもプロポは使えないというとんでもない代物で、マシン自体も初心者に必須と云われているジャイロも構造的に付かないという特殊なモノでした。

どちらも一長一短がありますが、KT19プロポでは後々買い直さなければならないし、02モデルの方は旧タイプなので部品の供給に不安があり、長くづけるのなら結局損ではないかと思い、最新03シャーシとKT18プロポを別々に購入することにしました。

シャーシはほとんど完成しているので、後はエネループを8本用意すればすぐにでも走り出すことが出来ます。

すぐにサーキットに行ってみましたが、正直ドキドキしました。

周りは恐ろしく早い人たちばかりです。

最初にマシンをサーキットの端っこに置き、走り始めてすぐに打ちのめされました。
ノーマルモーターなのですが、とてもとてもまっすぐ走れない。コースを一周するのがどれだけ大変か、あちらこちらに何十回もぶつかりながら、ゆっくり歩いているくらいのスピードしか出せません。
プロポのトリガーを半分ですら握れないのです。

しまった、難しすぎる。何でこんなに走れないのだろうとショックを受けました。
これが、ミニッツを本格的に始めるきっかけでした。 

1/27 電動RC ミニッツレーサーMR-03VE 50thアニバーサリーシャシーセット ジャイロ付【32761G】 【税込】 京商 [32761G MR-03VE 50th ジャイロツキ]【返品種別B】【送料無料】【RCP】

価格:19,800円
(2015/1/1 11:41時点)
感想(0件)



これは、シャーシセットなのでKT18プロポを別途購入する必要があります。
プロポ付きのレディセットはオススメしません。安さにつられて買うと後で痛い目に遭います。ジャイロも付かず、プロポも特殊品なので全て買い直しになります。