ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)

ゴアテックス製キャップは登山で使えるか?


まとめ
★基本的にはいらない

★使うのなら真冬限定か街用なら便利


IMG_3526.jpg 


結論だけ言ってしまうと身もふたもないですが、必要性は限りなく薄いです。

購入したのはノースフェイスのGTXゴアテックス製の帽子です。
何となく欲しくなり、しばらく見ていたら猛烈に欲しくなりました。

ですが、購入して登山に投入してみると、まず気温が相当低くないと頭部が蒸れて被っていられません。
個人的な感覚で云うと気温5度以下くらいでやっと使えるレベルです。
これ以上の気温だと帽子の内部が汗でびっしょりになります。暑い季節だと、水を被ったように蒸れて話になりません。
そもそもレインウェアですら夏は蒸れてどうしようもないのですから、ゴアテックス製の帽子など被ればどうなるか想像がつきます。

雨の時に便利かなと思って購入してみたのですが、雨の時はレインウェアのフードがありますし、使い道としてはほとんどありません。

ただし、気温の低い冬は「使えないこともない」です。

僕は真冬の低山にはよく被っていきます。気温が低ければ帽子内部の結露はないですし、ゴアテックスなので風を通さないため暖かいわけではないですが、寒くもありません。
そういった意味では便利と云えば便利ですが、買ってしまったので無理矢理使っている感もないわけではなく、必要性は限りなく低いです。

このノースフェース製の帽子ですが、きちんとシームシールなどは行っているので防水性は確保されていると思うのですが、ツバの接合部分は極めて怪しい作りなので完全防水とはいいがたいと感じています。
たぶん他の帽子もツバの接合部分はよく見た方がいいと思うのです。

ブッシュハット系ならまだしも、キャップ系はツバに芯が入っているのでこの部分の縫い目を防水するのは難しいと思います。

というわけで、ゴアテックス製の帽子は「登山」にはまったくオススメしませんが、街用ならいくらか便利な所も感じますし、ちょっとした雨天の作業なら十分に使えるとも思います。

少なくとも僕は真冬限定と小雨の時に出かける時など便利に使っています。




ノースフェイス 帽子 NN01202 ゴアテックスワークキャップ【GTX WORK CAP】【レインキャップ】【雨具】【防水キャップ】【防水帽子】【ザ・ノースフェイス】【RCP】

価格:3,931円
(2015/1/31 05:00時点)
感想(1件)







関連記事

ECWCS 極寒冷地用被服システムGen3 Level5 ACU ミリタリー登山用パンツ

ECWCS 極寒冷地用被服システムGen3 Level5 ACU ミリタリー登山用パンツ

まとめ
★春から秋まで使用可能
★贅沢な作りと素材




IMG_3447.jpg

米軍ECWCS極寒冷地被服システムのLEVEL5のズボンを購入して、登山に投入しています。
ECWCSというのは米軍最新のレイヤードシステムで、各LEVELの被服を組み合わせてあらゆる地域と天候に柔軟に対応するためのシステマティックな衣服の重層システムです。

購入したLEVEL5は、簡単に言うと登山で云う所の「ソフトジャケット」にあたるのですが、少なくとも低山登山では使い道がまったくありません。
ですが、なんとかズボンなら無理矢理投入することができます。
100%化学繊維なので、危険が少ないですし、基本はオーバーパンツですがそのまま履くことも可能です。

購入した製品のラベルのコントラクトナンバーは W911ネティック試作予算。07年製。メーカーはBARRIER WEAR。黒いG3オフィシャルタグも当然付いています。イレギュラーでもないので、コントラクトナンバーも消されていません。

伝統的なカモ柄も好きですが、なんと言っても今はACUです。理由はマルチカムに取って代わられたため、価格が安く、物も豊富に供給されているからです。
といってもいつものお約束で「溢れているときに買わないと、永久に手に入らない可能性もある」のがミリタリーですが。

ADSのカタログによれば、このL5は、明示されていませんが素材はおそらくEPICではなく、milkenでしょう。

ただし、このL5はとんでもなく高性能な複合マテリアルで作られています。耐火レーヨン・耐火ケブラー・耐火ナイロンの混紡素材。これだけ豪華な複合素材は他に見たことがないです。

milkenなので撥水性はせいぜい5分というところでしょうか。
たぶんテストトライアル品やごく一部の初期型だけがEPICを使用しています。もし、これがEPICなら、とんでもなく高性能品な事は間違いなく、登山用なら5-6万ではとても買えないのではないかと思います。

できればEPICが欲しかったのですが、どう探しても出てこなかったため、やむなくADS取り扱いの量産品を購入しました。

このL5は、一見してまず薄い生地で驚きます。初めてL5に触れる人は、その薄さに不安さえ抱くと思います。
僕も驚きました。こんな薄手のジャケットやズボンで何を守ろうとしているのだろう?と。

これでcoldweather?

登山で言うなら今流行りのソフトシェルという分類になります。

ただ、日本ではこの手の撥水性のあるシェルの出番は少ないです。高温多雨の日本の環境では用途が限られてくるからです。雨が多く、湿雪が降る環境ではそもそも防水性のないシェルという設定に無理があり、ソフトシェルを持ち歩くならレインウェアをもつし、透湿性が必要で風を防ぐのなら、ウィンドブレーカのほうが遥かに軽くて役に立ちます。

ecwcsとしても、そもそもlevel4のウィンドブレーカにフードが付いただけで別分類になったようなものですし、これだけ高性能素材で作られたL5があるのに、L4はそもそもどんな時に着用するのかさっぱりわからない。

このL5は、着用想定期間として、むしろ春先から秋口までの使用に適するように思えます。基本はオーバーパンツなんでしょうけど、素材がEPICでなければあまり意味がないような・・・・・。

僕はオーバーパンツではなく、普通のズボンのように履いています。ポケットが貫通式ではないので当然ズボンのようにはけるのです。ポケットの内側は通気性を確保するためのメッシュ構造。

裾はスナップボタンで留めるタイプ。ボタンの調整は2段階。更に裾にゴムが入っています。
膝下までの縦型ファスナーで靴を履いたままでも履けるようになっていて、ウエスト部分もファスナーとベルクロで大きく開閉します。

僕の使い方は、街用と登山用。素材にスパンデックスも混紡されていて、横方向に伸縮性があるので大変に履きやすく、生地もペラペラの薄さなので熱がよく逃げてくれて予想以上に涼しい。裾のファスナーを開け気味にしておくと更に風が通ります。

脚部のカーゴポケットは、ドローコード付きで、開閉はベルクロ。このベルクロが小さめなので、開閉は非常に楽。
ただし、現役の兵士たちにはこのベルクロがかなり不評で、将来的にはベルクロは廃止されるでしょう。
理由は開閉時の音の問題と、メンテナンス性の悪さです。

ウエストベルトループはかなり大きめ。ピストルベルトが通るか試してみたが、ギリギリ苦しい。何とか無理矢理やれば入るレベル。普通のベルトなら、まずたいてい入ると思ってもらっていいです。

これから購入しようとしている方にアドバイス。

かなりどころか相当に複雑な作りなので裾上げ等は不可能。裾の長さははよくよく検討すること。ウエストはベルクロでかなり柔軟に調整できます。

手に入れてみればわかりますが、相当に高性能な見たことのない生地が使われているので、ミリタリーマニアなら、このL5はとにかく手に入れておいて欲しいと思います。


【US/米軍放出品】ECWCS GEN3 Level 5 Softshell Pants OCP MultiCam

価格:17,064円
(2015/1/30 02:36時点)
感想(0件)




こちらはマルチカム。米軍実物です。ACUは楽天でも見つからないので最新のOCP迷彩の方を紹介しておきます。

関連記事

【レビュー】OmakerM4 Bluetooth防滴スピーカー 【防水スピーカー】 

登山に使えるワイヤレススピーカー OmakerM4 Bluetooth防滴スピーカー

まとめ
★おそらく防水Bluetoothスピーカとして最軽量
★音が良い



IMG_3521.jpg

Bluetoothワイヤレススピーカにはかなり詳しいのですが、これはアウトドアで実用になる初めてのワイヤレススピーカではないかと思います。
たとえばアウトドアテックなどからも同じような製品が売られていて、これは実売で8000円程度、持てば分かりますがズッシリと重いのです。

その他の屋外用防水・防塵スピーカも幾つも所有していますが、はっきり言って重いです。だいたい200グラム以下の製品は僕が知る限り存在しません。またあったとしても、音が悪かったり、接続がブチブチ途切れたりと評価はかんばしくありません。

登山で使うのに、たかだか防水スピーカで何でこんなに重い製品ばかりなのかと疑問に思っていましたが、ついにOMAKERが開発してくれました。

持った瞬間にあまりの軽さに拍子抜けしました。
その重量なんと実測で144グラム。
防水スピーカでは驚異的な軽さです。

防水でなくともこれだけの軽さのBluetoothワイヤレススピーカはそうそう存在しません。

しかも、このM4は非常に音が良い。

これもびっくりしたんですが、所有しているBluetoothスピーカの中でも群を抜いてクリアな音です。だいたいBluetoothワイヤレススピーカというのは「音が悪い」というのが相場です。
これはBluetoothという規格自体が抱えている問題で、いかんともしがたい部分があります。
一昔前のBluetoothの音というのは、ホワイトノイズと籠もった音でとても聞いていられるような代物ではありませんでした。

ところが最近では音楽伝送に対応した規格が出てきて、いわゆるapt/xとAACといわれるものですが、この規格ですとまだ少しはまともな音になりますが、このスピーカはどちらにも対応していないのに「かなりまともな音」がします。
とぃっても、誤解して欲しくないのですが、あくまでBluetoothという規格の中での話なのですが・・・・


僕は登山用に使うにはこのM4というスピーカはいまのところベストバイとして自信を持って押せるスピーカです。
デイハイクなのでスピーカ自体をもっていくことはありませんが、たとえばグループでテント泊とかみんなで音楽を楽しみたいという用途なら、この軽さと防水性能なので、十分に持ち歩く選択肢の中に入ってくると思います。

すくなくとも、僕のような防水スピーカマニアみたいな人間からすれば、この軽さとクリアな音は驚くべき物であると断言しておきます。

注意点
ライターサイズなどの小型ラジオだと有線接続でもこのスピーカを使うことはできません。
音量が最大でも小さすぎるので、スマホなど専用になります。


最軽量防水ワイヤレススピーカが更新されました。
最新の記事はこちらへ


ほぼ同等の製品で、更に格安の防滴ワイヤレスBluetoothスピーカーが出ました。
防滴スピーカーの最安値製品!! 登山やキャンプに十分に使える!!Patech Bluetooth 格安ワイヤレススポーツスピーカー

注記
記事を読んだ方から、登山中のスピーカ使用に関するマナーについてのご意見を頂きました。
確かにいわれてみればその通りで、僕自身はイヤホン主体なのですが、登山で使用するという方は周りの方に配慮して、使って頂きたいと思います。
自然を楽しむと云う事で、常識の範囲内でのご使用をお願い致します。









関連記事

EDS Miniツールセット ミニッツ整備の高級工具

まとめ
★03系の専用工具としては最高峰
★精度が良い
★入手困難



IMG_3512.jpg


ミニッツの工具というと、普通は京商純正のSPツールセットが定番ですが、マニアックに攻めるのならEDSのミニツールセットがオススメです。

京商純正のセットに比べて、工具の本数が半分の4本しかないのですが、03系の整備ならこれで十分です。
むしろ純正の工具セットの方はAWDなどに使用する不要なものが多く、最終的には4本しか使わないので、EDSのセットは最小限の構成でMR-03整備に特化した工具ということが言えます。

将来的にドリフト系のAWDも購入予定なら、京商純正ツールセットも選択肢に入ってきますが、何しろEDSのツールセットは持った瞬間に所有欲を満たす精度の良さなので、ピットでも目立つこと請け合いです。

セット内容は次の通りになります。
●HEX1.5mm ●プラス2mm ●プラス3.5mm ●ナットドライバー4.5mm

すべて握りの部分にローレット加工が施され、滑りにくくなっているのと、ドライバー先端の出来というか精度が段違いによくできていますので、ネジに合わせた瞬間に買って良かったと思えます。

はっきり書けば、ミニッツの場合1/10サイズのラジコンと違い、ネジを舐めるということがほとんど無いので精度の違いが即有利に働くと云うこともないのですが、自己満足としては非常に満足度の高い買い物ではないかと思うときも有り、工具にこだわる方なら購入して後悔することはないでしょう。

一度購入すれば半永久的に使えるので、ミニッツを長く楽しもうと思えば、これはなかなか良い買い物だったと今でも感じています。
特に僕のような工具マニアは、やはりこだわりの工具を使うという意味では、こういった特徴的でマニアックなツールセットは思い入れも深くなります。

EDSの工具は価格から比べると先端の精度がとても良く、僕はフルサイズラジコンの方ではHUDYの工具を使っているのですが、ドライバー先端の予備は入手性と精度の両面からEDSのものをストックしています。
なのでEDSがミニドライバー、しかもミニッツ整備に特化したドライバーセットを出してくれているのはとても嬉しい事だと思います。

使用した感想としては4.5ミリナットドライバーがきつすぎて、ナットが抜けません。
何回か使用すると若干甘くなるのですが、ここは要注意点だと思います。
それ以外は特に問題も無く、使用感は良好です。

ミニッツピットで差をつけるという意味では、EDSのミニツールセットはオススメできます。


イーグル SP ミニッツ用ドライバーセット(5本) #2678

価格:1,925円
(2015/1/29 04:38時点)
感想(0件)






ミニッツ用 SPツールセット【MZW118】 【税込】 京商 [K MZW118SPツ-ルセット]【返品種別B】【RCP】

価格:2,260円
(2015/1/29 21:00時点)
感想(0件)






関連記事

XBOX360ユーザーから見たPS4コントローラー その2

PS_Logo.jpg



FPSのCODゴーストをクリアしましたので、再度のPS4のデュアルショックコントローラーのインプレッションを書いておきます。
やはりXBOX360のコントローラーには適わないです。

具体的に何が違うのかというと、アナログスティックが若干フラフラする関係で細かいエイミングが狙いづらい時があることと、握った感触です。

どうも長時間握りしめていると変なところに力がかかるのか、特に左手が妙に痛くなってきます。
おそらく、僕の手にコントローラーの握り部分が合っていないこととL2トリガーの形状が引きづらい事と重なっているような理由だと思います。



これでもPS3のあのコントローラーから比較すると大きな進化を遂げているのですが、やはり長時間は厳しいコントローラーだと個人的には判断しました。

マイクロソフトがコントローラーに莫大な研究資金を投じたと報道されていましたが、やはり意味のある投資だったと思わざるを得ません。
オフセットされたアナログスティックやLRトリガーのすばらしさなど、これだけでもXboxOneが欲しくなってきます。

個人的な主観も多く含まれているため参考程度にとどめておいて欲しいのですが、やはりXBOX360のコントローラーがいかに秀逸な出来映えだったかと思い知らされます。。

XboxOneのみでプレイ可能なゲームがフォルツァといくつかしかないということでなければ・・・。もう地球防衛軍も出そうもないですし、お姉チャンバラもリリースされそうにないと、今後は日本版のみXboxOneが゜マルチタイトルのローカライズからはぶられることになりそうなので、流れとしては相当シビアな状況に陥ることは間違いないでしょう。

でも、XboxOneのコントローラーだけPS4で使わせてくれないですかね?





関連記事

MSR(エムエスアール) パックタオルパーソナルはタオルの決定版

 
まとめ
★登山用ならほぼ決定版
★乾きは遅いが、問題なし


016e79c1788640b1ea4a21d3992374db16604ba9132.jpg

MSRのパックタオルパーソナルですが、登山用ならほぼ決定版だと思っています。
登山用品店に行けば、似たような製品が売っていますが、それこそ数百円の違いくらいならオリジナルのパックタオルを購入した方がいいかと思います。

MSRのタオルシリーズはナノとかオリジナルとか何種類も売られていますが、あまり考える必要はなく、とりあえず「パーソナル」と覚えておけば間違いないと考えています。
というのも、同社製品の中では吸収力と肌触りがピカイチで、非常にバランスのとれた製品だからです。
普通に考えたら、パックタオルはパーソナルにしておけば一番無難だとも言えます。

このパーソナル、あまりにも気に入ったのでS・M・XLサイズを揃えてしまいました。といっても登山で使うのはSサイズのみなのですが、これは何度も使って結局Sサイズで十分ということに落ち着いただけで、試行錯誤は何度も行いました。
ちなみにXLサイズはビーチ用です。

このパーソナルは自重の4倍の水分を吸い取ります。

しかし凄いのはここではなく、乾かなくてもすぐに使えるという事です。
絞れば即また使える、これが便利この上ないのです。
要するに乾かす必要が無く、機能を回復させるには絞るだけです。この単純さが素晴らしい。同社のナノタオルは、この機能が無く、2倍の自重の水分を吸ってしまうと乾かさないとただ汗を拭うだけしか使えません。

僕はかなりの汗っかきなので、真夏の登山の最中は流れる汗との戦いになるのですが、それでもこのパーソナルのSサイズでまったく機能不足を感じません。

これにたどり着くまでナノを購入したり、ハンカチを使ってみたりといろいろ使いましたが、ナノではすぐにオーバーフローして使い物にならず、また乾かすにしても意外に時間がかかるので、デイハイクならほぼ一度濡らしてしまうとその後は使い物にならないということで、最終的にはパーソナルでこの不満が全て解決しました。

それ以来、絶大な信頼でこのパーソナルのみ使用しています。

MSRパックタオルパーソナルは、同シリーズの中で、とにかく肌触りがもっとも素晴らしい製品です。同社の「オリジナル」ですと、これタオルじゃなくてフェルトでは?と思うほど質感が悪く、そういったマイナス面の大きさを考えると、とりあえずパックタオルはパーソナルを基準に考えていけば問題は少ないはずです。

あとは、汗が少ない方ならナノを選択するのも有りですが、ナノはあまり汗を吸わないので汎用的なタオルという位置づけでは購入は難しいかと思います。要するにナノはただのハンカチと考えると間違いありませんし、ハンカチとしての購入なら軽量なナノは使えます。

しかしタオルとして考えるのなら力不足なので、パーソナルを選択しておいた方が、その後の汎用性の高さは群を抜く使い勝手の良さがあり、とにかく万能の登山タオルだとおもいます。

また、パーソナルのみが抗菌仕様なので、一泊以上の場合も臭いにくいです。
乾くのに軽く数時間はかかりますが、乾かしてまた使うという用途にも気分的に抵抗が少ないのです。

参考記事

lunaluna302.blog.fc2.com



S■3カラー■より肌触りを重視した速乾タオル◆Pack Towl (パックタオル) パーソナル Sサイズ

価格:1,050円
(2015/1/28 02:44時点)
感想(0件)





PackTowl Nano M パックタオル ナノ P25Jan15

価格:1,000円
(2015/1/28 02:47時点)
感想(0件)






関連記事

ヘッドホンでは一定水準以上の音を聞くことはできない

l201106111400.jpg

ヘッドホンで音楽を聴いていると、ふと思うのです。 たぶんコレでは「音の基準」をというものを自分の中に持つのはたぶん難しいのではないかと。

音の基準というか、僕が思うに「一定の水準以上の音」を奏でることは無理ではないかと思います。 特に最近、ポータブル機器がスタンダードになり、気軽に音楽を楽しめるようになってきた事と比例して、イヤホンやヘッドホンで音楽を楽しむ人が増えてきました。

でも、僕が聴く限りイヤホンは論外ですし、ヘッドホンでもスピーカーが奏でる「一定水準以上の音」を出すヘッドホンには出会ったことがありません。

確かにヘッドホンは個性豊かで、部屋による影響を排除した音を聞くことはできます。 しかし、それだけと云えばそれだけです。 バランスの崩れた音や、籠もった音はもちろん論外としてもハイエンドヘッドホンが奏でる音といえども、スピーカーから出てくる水準の高い音にはまったく適わないのです。

ですので、僕も以前はヘッドホンの旅を繰り返しましたが、結局、諦めてしまいました。 ヘッドホンのレベルでの素晴らしい音とスピーカが奏でる素晴らしい音とはまったくもって違う事に気がついたからでした。

ヘッドホンはその音の個性を、キャラクターの違いを楽しむべきものであり、根本的にたどり着く場所が違うからです。

これはたぶんいまヘッドホンで良い音を探し求めている多くの人は、何を言っているのか分からないことだとは思いますが、いわゆるピュアオーディオで長く苦労してきたことのある人なら、だいたい何を言わんとしているのか分かっていただけるのではないかと思います。

ヘッドホンを聴きまくり、その違いを熟知しても、決してたどり着くことができない場所があるのです。

例えば僕は、GRADOとSTAXでヘッドホンを楽しんでいますが、どちらも素晴らしい個性を持った機種で、そういう意味では不満はありません。 STAXの美音や解像度の高さに驚くことも多いですし、GRADOの楽しさに音楽を聴くということを再認識させられることも多いです。

ですが、スピーカーでという所の「一定の水準を超えた音」は決してそこからは出てきませんし、おそらく永久に出てくることもないと確信しています。

そう、これは本当にヘッドホンとスピーカーがまるで目指していくところが違うからなのです。

昔は、ピュアの世界ではヘッドホンは日陰者で、悪く云えば蔑まれていた世界でした。 それが時代の流れで脚光を浴び、素晴らしいスピードで進化を重ねていますが、残念ながらある水準を完全に超えた機器とスピーカーが解き放つ一連の音には、決してたどり着かないのです。
そしてこのことは、ヘッドホンでのみ音の水準を追求する人々が、そんな世界があることすら知らない未知の音の世界なのです。

ですので、いつの日か、ピュアの音の世界に来て、長い間苦しみ悩み、呻吟しながら様々なスピーカの音を聞いて、ある日、オーディオ屋の一角で聴く醜悪なスピーカの音に我慢がならなくなることがあれば、それは次のレベルの音を求める準備ができたと云うことです。

それを繰り返すと、音の好みや個性を超えて、「一定の水準以上の音」とは何か、気がつくときが来ます。 低音がどうとか、高音がなんだとか、中域に質感があるとか、そんなことではなくて、そもそも水準以上なのか以下なのかがスピーカや機器を選ぶ上で絶対的に譲れない事であることが理解できるようになります。

そもそも水準以下の機械からは絶対にあるレベルを超えた音が出てくることはありません。

今はまだ、この文章が何を言っているのかほとんどの人は分からないと思いますが、それでも構いません。
ですが、できれば心の片隅にでも覚えておいていただければ、ピュアの世界に来たごくわずかな人が、旅のその先で、こんな事をいっていた人が居たなと、思い出してもらえれば幸いです。

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp









関連記事

ティンバーランド ラドラー 折りたためるパッカブル靴は超便利

まとめ
★二つ折りで持ち歩ける運動靴[パッカブルシューズ]
★会社や車の中に常備しておくと便利
★アイデアが凄い




IMG_3499.jpg




ティンバーランドのラドラーという運動靴は、二つ折りで保管する靴です。

発売時には売り切れ店続出だったので知っている方も多いと思いますが、これは、なかなかよくできたおもしろい靴だと思います。

それこそザックやスポーツバックにカラビナでぶら下げて持ち運べる、たぶん初めてみた人は驚くんじゃないかと思いますが、ギミックとして男心をくすぐられます。

おそらくメーカーは、登山などのキャンプ地で履き替えたり、ビーチでサンダルから帰るときに履き替えたりの様々なアイデアをユーザー自身が考えながら、楽しく使ってもらうことを念頭に開発したのではないかと思いますが、実におもしろい発想によって作られた靴だと思います。

本当は必要がどうかと云われると、うーん、と唸ってしまうこともあるんですが、アイデア次第でどうにでもなりますし、持ち運びに抵抗が少ない靴というのは防災を考えても予備の靴に「使える」のではないかとも思います。

靴底自体は薄い靴なので、これで長距離を歩くと云うことにはならないんですが、例えば女性なら会社に置いておいて、いざというときに使うのなら、ヒールなどで歩くよりも断然楽なことは間違いありません。

ちなみに僕とは云えば、いざというときのために車のトランクに突っ込んであります。
靴が濡れてしまったときや、登山の帰りにカチカチの登山靴から履き替えたり、夏などはサンダルで歩きづらいときに一時的に履き替える用途の為ですが、とても重宝しています。

履いてみた感じとしては、学生の頃の構内履きの上履きにそっくりです。
がっちり歩くと云うよりも、リラックスして気軽に履けるタイプの靴ですね。

ラドラーには3種類有り、
ラドラーボート [撥水性の生地]
ラドラーキャンプ[通常の布地]
ラドラートレイル[冬用でインサレーションが封入されている防寒靴]

というラインナップになっています。

汎用性が高いのは、ラドラーボートでしょう。撥水性の生地なので、濡れにくく水場では重宝します。
靴紐はワンタッチで締め込むタイプで、「結ぶ」訳ではありません。

なので、脱ぎ履きはとても楽で早いです。

このラドラーのサイズ選びですが、少し小さめなので、いつもの靴のサイズより0.5-1cm大きめを選んでもまったく問題ありません。というよりも、少し大きめを購入しましょう。

右と左を合わせてわずか330グラムの靴ですが、カラビナでぶら下げて持ち歩いてアイデアを駆使して使うというには実におもしろい靴だと思います。




[ティンバーランド] Timberland Radler Boat DWR[ティンバーランド] Timberland Radler Boat DWR
()
Timberland(ティンバーランド)

商品詳細を見る




Timberland(ティンバーランド) 折りたたみ シューズ ラドラー トレイル キャンプ メンズ プレード radlercamp-2045R 28.0cmTimberland(ティンバーランド) 折りたたみ シューズ ラドラー トレイル キャンプ メンズ プレード radlercamp-2045R 28.0cm
()
Timberland(ティンバーランド)

商品詳細を見る



【レビューを書いて送料無料】♪Timberland RADLER MID CAMP INS▼ティンバーランド ラドラー ミッド キャンプ

価格:3,400円
(2015/2/17 03:18時点)
感想(20件)




関連記事

Xbox360ユーザーから見たPS4デュアルショック4コントローラー

まとめ
★違和感が少なく移行しても大きな問題は無い
★振動はかなり大きい
★バッテリーの持続時間は短いのは不満
★LRトリガーも改善された



IMG_3492.jpg



360ユーザーが、PS4への移行に対して大きな懸念を抱く理由のひとつに、コントローラーの違和感があると思います。
これはPS3のデュアルショック3コントローラーの出来があまりにも悪すぎたためと同時に、360のコントローラーの出来が神がかっているほど素晴らしいので、このコントローラーの違いのためにプレステ3とxbox360の両方所有している方は、どちらかというとコントローラーの振動の強さとフィット感でマルチタイトルなら360用のソフトを買ってしまったのではないかと思います。

特にFPSユーザーにはその傾向が強かったのではないかと。

僕も360コントローラーを愛していたのですが、Xboxoneの先行きがあまりにも不透明なため、oneへの移行よりもPS4の将来性からとりあえずPS4購入に走りました。

懸念していたのはPS4のコントローラーの出来です。

前作のDS3があまりにも酷かったので、不信感がぬぐえず、躊躇していました。

結論から言えば、杞憂とまでは行きませんが、DS4の出来はかなり良いです。
360やおそらくoneコントローラーには適わないと思いますが、少なくとも違和感はだいぶ減っています。

握ったときのフィット感、あのどうしようもなく弱々しかった振動、LRトリガーの欠陥品レベルの押しにくさ、アナログスティックの反力がほとんど無くフラフラする為のエイミングのしづらさ、これらはだいぶ改善されています。



DS4の振動は改善され、その感度も選択するとこができ、アナログスティックの操作感は大幅に良くなり、フィット感も向上しています。
360コントローラーからでも違和感なく移行することが可能になりました。
まだLRトリガーの引きづらさは残っていますが、DS3に比べたらもう素晴らしいの一言で、従来のDS3からのユーザーからすれば狂喜乱舞の出来映えだと思います。

正直、主観で点数をつければ、360コントローラーが10点満点だとすれば、少なくとも8-9点に迫っていると感じています。
ここまで来てくれれば、マルチタイトルでもPS4ソフトを購入してもいいかなと思えるレベルです。

ですので360ユーザーの方も、安心してPS4コントローラーへの疑念を捨て去ってもらっても大丈夫だと思います。
PSもxboxも初代からのユーザーで有り、どちらかというと360コントローラーの狂信的なユーザーのひとりである僕はそう断言しておきます。

PS3のゴミのようなコントローラーのおかげで、ほとんどAV再生機と化していたPS3の過ちをやっと認めて対処してくれたソニーに感謝するしかありません。接続ケーブルもより一般的なUSBになりましたし、今作は、FPSユーザーから見てもレベルアップしています。

できればもう少し早くDS3コントローラーをアップデートして欲しかったと思いますが、今はそれを云っても仕方がないことですので、素直にDS4への劇的な進化を喜びたいと思います。

なお、xboxoneは、PCソフトとのマルチタイトルが多いので、あの素晴らしいコントローラーはPCで有線接続で使用すると真価を発揮してくれると思います。
PCソフトの為だけでもあのOneコントローラーは使う価値があります。
残念ながらDS4はoneや360コントローラーに勝てるかというと、勝てないと思いますが、かなり肉薄したことは間違いありませんので、僕のようなコントローラーの出来の悪さを気にしてPS4の購入に躊躇していたような奇特な方には朗報だと思います。



マイクロソフト Xbox One ワイヤレスコントローラー(Xbox One/Windows PC対応)7MN-00005マイクロソフト Xbox One ワイヤレスコントローラー(Xbox One/Windows PC対応)7MN-00005
(2014/11/14)
Not Machine Specific

商品詳細を見る


PCゲーム用には最強のコントローラー。one用は有線のみだが、これを使用してゲームすると快適さが段違いになる。







関連記事

GARMIN FENIXという腕時計型GPS端末を買うべきか?

まとめ
★バッテリーの関係で、デイハイク専用かスマホと連携プレー前提
★リアルタイムのデータ入手性は最高



IMG_3491.jpg


僕が所有しているのは、FENIXJという日本正規品の方ですが、正直、オススメできません。
もし購入するとなると「英語版」の方がずっといいと思います。

理由は、英語版の方が「ファームウェアの更新が速い」という一言に尽きます。
ただし、故障したら1ヶ月近い時間とそれなりの費用もかかりますので、そのあたりは覚悟して下さい。

おそらくですが、最新のFENIX2でも状況はまったく同じだと思います。
地図がもともと載せられないので、英語版でも何の問題もありませんが、電話サポートを受けられないのが地味に痛いと思います。
独特な用語があるので、単語が分かっても意味不明な事がよくあります。

この機種はいろいろ問題があるのですが、使った経験から云うと、バグが多すぎるというのは言えると思います。
日本語版では、ほぼまともに動きません。

おそらくその理由は、ファームにバグがあると云う一点につきますが、あまりにも不安定で、デイハイクの登山でもまともにログがとれているのは数回に1回という感じです。

そのことは何度も正規代理店のいいよネットと電話でやりとりしましたが、原因が特定できることの方がまれなのです。

ファームウェアの更新が新たなバグの引き金を引き、いったいいつ安定するのかもはっきりと分かりません。

特にここ最近はガーミンコネクトなどの仕様変更アップデートなどもあり、ガーミンのHP自体が安定していません。
数ヶ月まともに動かないなどザラなので、1機種のファームが安定するなど期待するだけムダかもしれません。

ですので、僕などは、FENIXを使用するときは、内部に記憶されているトラックログやルートなどは極力消去していますし、できればナビゲーション中のページ設定などは行わない方が無難だと思います。

正確に言うと何が原因で不安定になるのかまったく分からないのです。

ですので、余計な設定は一切行わない方がログ記録の確実性が増します。

ファームウェアの更新で新たなバグが現れたのか、それともなんらかの設定がバグの引き金を引いているのか、内部のトラックログの蓄積が悪影響を与えているのか?いろいろな原因が考えられるので、特定することは不可能だと思います。

ポータブルタイプのGPS機と比較しても、この手の腕時計型GPSの不安定さは際立っていて、安定的な運用は非常に厳しいでしょう。

以前にも書きましたが、ポータプルタイプでも発売初期はほぼまともに動きませんが、ある程度の期間で動作が安定してきます。そこまで行き着けば、故障以外はたいした問題も無く運用可能なのですが、FENIXのようなタイプはまったく安定しません。

なのでクリティカルな環境にこれだけを持っていくというのは自殺行為です。

要するに、この機器は、1日限定の用途に向いています。






それもこれでトラックログを記録しようなどとは思わないことです。
うまく記録されていたらラッキーくらいのおおらかな気持ちでないと、とても運用できません。

ログの精度は、だいたい同社のetrexシリーズと同等なのですが、例えばバッテリーで夜間に充電をかけながら数日にわたるログをとり続けるなどという芸当はちょっと難しいのです。
何かの拍子にバグって止まり、電源を入れ直すまで復帰しないこともありますし、画面は正常でも家に帰ってログを取り出すと途中が消えていることもよくあります。


注記
ファームversion2.5で改善されたようです。
こちらも厳密に測定しました。トラックログ記録頻度はetrexやオレゴンなどと比較すると、一段階、記録密度が高いようです。つまり、ログのポイント数が多くなります。

今のところ、登山などでは「低」設定での使用を推奨しておきます。
低設定でトラック距離の記録誤差は約5%以内に収まってきます。


注記
GPSファームウェア3.30アップデート後のチェック完了しました。非常に安定しています。
これなら実用になるでしょう。



というわけですが、この機種の素晴らしいところは、リアルタイムで様々なデータを見る、という一点にかけてはetrexなどが逆立ちしてもかなわないくらいの利便性をユーザーにもたらしてくれます。

センサーさえ接続していれば、心拍・周辺温度・高度・記録距離・標高差・歩行スピード・勾配など多数の有益なデータに瞬時にアクセスすることができるのです。

これらのデータにより、数値で現状を把握することができます。

これだけでもこの機種を購入する価値は十分にあると思います。

腕時計型のため、瞬時に各データにアクセス可能で、リアルタイムでのデータの入手性を優先するなら、これ以上の機種はないと断言しておきます。

最新の注記
ログが安定してとれるようになってきたので、本当に「使える」機種になりました。
これだけ安定してくれれば,これ単独でもスマホと組み合わせて実力を発揮できると思います。
ただし、FENIXとスマホは絶対に組み合わせなければなりません。
地図がないので,いざというときにはスマホで位置確認をしなければなりません。
平時から、スマホにはオフライン参照可能な地図を入れておく必要があります。


<安心のGARMIN社 正規輸入店>フェニックス2J 日本語版(fenix2J)高感度GPS トレーニングにも最適!ABC腕時計フェニックス 2J(fenix 2J)【送料・代引手数料無料】GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

価格:47,628円
(2015/1/23 00:06時点)
感想(0件)




こちらは最新型のFENIX2ですが、問題点が解消されたとはとても思えません。
これはこういう物だと思って使う方がイライラすることが少なくなると思います。
機能が豊富になっているのですが、それが間違いの元で、バグも多くなるだけです。

Garmin Fenix Hiking GPS Watch with Exclusive Tracback Feature 英語版 GPS搭載 時計 ウォッチ ランニング マラソン トライアスロン 自転車 トレーニング 最安値挑戦中! 1年保障【smtb-k】【w3】【YDKG-k】【W3】

価格:26,700円
(2015/1/23 00:09時点)
感想(0件)



こちらは旧タイプのFENIX英語版。この価格ならお買い得だと思います。

こちらの記事もオススメです
ガーミン心拍計の使い心地 登山使用におけるインプレッション
GARMIN ワイヤレス温度センサー ガーミンtempe




関連記事