ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)

電動角質リムーバー ドクターショール 女性の踵などのケアに効果抜群【男性も必読】

まとめ
■電動の角質リムーバー
■踵のケアに
■女性には必需品かも



5607213_01.jpg



電動角質リムーバーといわれるもので、何をする物なのかというと主に「女性の踵の角質」を削り取ってしまうマシンです。
いわゆる「美容家電」のひとつに分類される物です。

僕にはまったく縁の無い製品の1つなのですが、今回は「女性のために」こちらの製品を紹介しておきます。
一言いっておきますが、別に男性が使ってもおかしくはありませんが、男の足の踵がザラザラでも別にどうでもいい話なのであえて使う必要は感じません。

僕のブログは前にも書きましたがほとんど男しか来ないので、どうして女性用の美容器具を紹介するのかと云えば答えは簡単で、彼女や奥さんにプレゼントすると結構喜ばれる物だからです。

これにたどり着いたのは、ある日、彼女の踵がザラザラでもの凄く硬いことに気がつきました。
あまりこのあたりの事を深く聞くと、たいていの場合「激怒」しだして八つ当たりが始まるので、注意しながら色々と聞き出してみると、どうも女性はパンプスとかヒールの高い靴を履きだすようになると「踵がタコのように硬くなる」ということでした。

彼女もとてもそのことを気にしていたので、そういえば電動角質リムーバーとか云う製品がうられていたなと思い出して、そんなに高いものではないので内緒で買ってプレゼントすることにしたのでした。

結論から言いましょう。

これは「素晴らしい製品」です。
ちょっとプレゼントすると2-3日は機嫌が良くなります。

僕はよく分からない製品なので、彼女から聞き出したポイントを述べると以下のことのようです。
■防水なのでお風呂で使え、削った角質がそのまま洗い流せる
■踵がザラザラの人は「粗め」のローラーのほうがいい
■電動なのでとにかくラク

と云うことのようで、僕は彼女からこう言われました。

「あなたから貰ったものの中で一番役に立つかも知れない」と。

実際のところ、いくら利点を説明しても男性陣には「よく分からない製品」なのですが、これはいいらしいです。
こうやって書いている僕ですら、いまだにメリットが分かりませんし、そこら辺に落ちていても拾いませんが、美容を少しでも気にする女性の方でいまだにこういった電動のリムーバーを使ったことがないという人へのプレゼントなら「かなり効く」と思われます。

ドクターショールというメーカーが有名らしいのですが、せいぜいが2500円程度の品物なので、日頃の悪行を洗い流せるかは分かりませんが、彼女や奥さんにちょっとしたプレゼントとして渡してみるといいかもしれません。

少なくとも僕は3ヶ月ほど前にプレゼントしてみましたが、いまだにお風呂で使っているようで、絶賛していますから。

もちろんこの記事を読んでくれている女性の方で「踵の角質ケア」に悩んでいるのなら、こちらは効果覿面に効く、みたいです。
価格もそんなに高い物ではありませんし、とにかく手入れが楽になると云うことらしいので本当によく出来た製品みたいです。

とりあえず一週間に1、2度のお風呂使用で3ヶ月程度使用していますが、特に問題なく使えているようです。
オススメです。

最後にひとつだけ注意点があります。
美容にこだわりのなくなった女性にプレゼントしてもあまり喜ばれません。
そのあたりはうまく「見極めて」ください。





僕がプレゼントしたのはこちらの方です。
いろいろとローラーなどがついていたのでドクターショールと名の付いたこちらの物にしてみました。

レキットベンキーザー ドクターショール ベルベットスムーズ 電動角質リムーバー ダイヤモンド

価格:2,894円
(2016/3/31 00:48時点)
感想(1件)











関連記事

真空パック機/脱気シーラーで登山の食事は豊かになるか? 食料の保存について


まとめ
■真空パック/脱気シーラーは食料保存に使える
■長期縦走などでは救世主かも



DSC00408-1.jpg



つい先日、真空パック機/脱気シーラーといわれる物を手に入れてみました。
本当は僕はこんな真空パック機にお金を使うくらいならPCの部品の1つでも欲しかったのですが、彼女が料理の時に便利だと、力説するので仕方なく手に入れてみた物です。

なので実際のところこの真空パック機がどういった物なのかよく分からなかったのですが、触って見ると何のことはない「家庭で気軽に食材を真空パック」出来ると云うマシンでした。

そんな高価な物をと思うかも知れませんが、安い物は6000-1万円くらいで購入できる時代になっていたのでした。

使ってみるとこれが僕にとって便利な訳ではないのですが、とにかくおもしろいので、意味も無く肉や魚を真空パックにして遊んでいたら、これはもう怒られました。

烈火の如く怒られました。

それはそうです。明日使う食材を真空パックしても意味がありません。

要するに真空パック機とは「食材を長期保存する」為のモノですから、ある程度すぐに食べないもので傷みやすい物などを真空パックすると良いみたいです。

ですが、僕は基本的に何でもかんでも冷凍してしまうので、たいていの食材はそれで済んでしまうと思っていましたが、彼女がやたらと「冷凍焼け」などというので、何の話なのか分からない、冷凍すれば何でも大丈夫と強弁していました。
いまだに僕には理解できない話なのですが、どうもあまり冷凍していると良くないようなことみたいです。

さすがに僕も野菜は冷蔵室に入れておいてもあまり長く持たないことくらいは分かりました。
肉や魚は冷凍庫で凍らせてしまうので特に問題なく、適当なときに食べていましたのであまり深く保存期間という物を考えてはいませんでしたが、僕は今回の真空パック機の説明書を見て驚愕しました。

食材によって違いはあるのですが、真空パックして冷凍してしまうと平均的に2年くらいは保存できてしまうのです。

そこで僕は考えました。
この真空パック機で登山の食料を持って行ってしまえばいいのではないかと。

もちろん僕はテント泊など一切しませんのでコンビニのおにぎりとフリースドライで十分なのですが、中にはなぜか「食にこだわる」グルメな方もいるかも知れません。

そういった方にはこの真空パック機は救世主となります。

ですが、そもそも真空バック機でパックしてから普通は「冷凍保存」するわけで常温保存だとあまり持たないようなことが説明書には書いてあります。

そこで真夏にでも1回テストしてみようかなと思ってサイトを検索していたら、ありました、検証サイトが。

結論から言えば「肉でも野菜でも真空パックで一週間ほど」なら見た目に変化はないようです。
ちなみにテストした気温は20-30度なのでもう真夏直前の気温です。

ちなみにこちらのサイトです。
興味のある方はじっくり見た方が良いです。

食品の保存 (2)真空パック

僕は日帰り専門なので試すことはありませんが、数日の山行にいかれるような方は十分に考慮するに値すると考えています。
上記の情報が正しいのかを含めて、一度チェックする必要はあると考えていますが、どうせ火を通してしまえばもうなんでもいいような気もします。

【真空パック機について】
どうも1万円までの物と3万位の物では色々と違うようです。
あまり詳しくないのですが、高価な物は安い真空パック袋が使えるようでランニングコストが大幅に下がります。

本体が安い物は「袋が高い」というのを覚えておけば良いと思います。
たぶんコスト的に1枚あたり35円前後のコストがかかります。

ただし、これも上記のサイトで検証していますが、格安のポリエチレン製のゴミ袋をつかってタダ同然のコストで真空袋の代用が出来るようなので、この方法なら安い本体を購入してしまうと云うのもありだと思います。

登山などでは「食材をパック」するというのもいいですし、調理済みの食材を真空パックして持ち込むと云うのもありです。

この場合、スープなどの汁物は「汁物が可能な真空パック機」が必要ですが、そういった物を除けばたいていの物が気軽に保存できて持ち運べると云う事で「登山や長期の旅行」などの相性が極めて良いかも知れません。

特に数日にわたる登山でもう少しまともなものが食べたいなどと云うグルメな人には朗報になる可能性が大きいです。
個人的にはこれは大変気に入りました。





★即納 送料無料 あす楽★ 真空パックんPlus 真空パック機 真空パックんプラス 家庭用真空パック器 真空パックん 本体 真空パック器 真空パックン 真空ぱっくん 真空パック ロール 袋 業務用 正規販売店 真空 パック ん 買いドキ 真空調理法 替えロール 大 小 寄席チャンネル

価格:11,500円
(2016/3/30 20:56時点)
感想(258件)










関連記事

超格安 1000円の中華製4本ゴトク ポータブルシングルガスバーナーを試してみる

まとめ
■実測94グラム
■送料込みでなんと1000円
■トロ火も可能
■4本ゴトク
■ハードケース付き



DSC00090-1.jpg


アマゾンでなんと1000円(送料込み)のシングルガスバーナーです。
重さは実測値で94グラムなので、ウルトラライトなガスバーナーというわけではなく、最軽量の中華製分離式ガスバーナーくらいの重さがあります。
もちろんプリムスやその他の軽量ガスバーナーからすれば「重い」ワケなのですが、価格は5-7倍くらい違うので、ここまで安ければもうどうでも良いかなと思うところもあります。

この手の格安品は値段が安いと云うだけでそれなりの需要があるといっても云いすぎではなく、登山はもちろんのことアウトドアな用途にちょっと使ってみたいと思いながらも価格を見て二の足を踏む方もいらっしゃるわけです。

そういった方がちょっと試してみるには最適だと云う事で、今回は中華製の1000円ガスバーナーを試してみることにしました。

正直に申し上げて、有名ブランド品や軽さに特にこだわりが無いのなら、これで十分です。
機能的に不足はありませんし、以前試した中華製分離式のファイヤーメープルなどと比較すれば、作りは頑丈そのもので「不安」を感じる部分は少ないです。

たいていの商品が持った瞬間に「不安」を感じるような作りであると、それは後々単なる杞憂ではなく、壊れやすい商品である事が多いのですが、こちらのスチール製格安シングルガスバーナーはムダに頑丈です。

基本機能に死角はなく、圧電着火装置まで付いています。
ゴトクは安定の4本ゴトクで全体の大きさはSOTOの310よりも小さいです。

ちなみに圧電着火装置は金具でとまっているので下に引き抜いて外すタイプです。
着火装置を固定している金具そのものは分解できません。
なので例えばこれを引き抜いてもそれほど重量は軽くならず、だふん外した状態で80グラム後半だと思われます。

ゴトクは折りたたんだ状態でもスノーピークの200mlから載りますので、小さなカップでも問題はまったくありません。
逆にあまりに広口のサイズの鍋などだとゴトクの全長が広げた状態でも2.2センチしかないのでちょっと不安定です。

と云ってもこのあたりは工夫と気合いで乗り切るべき項目です。

肝心の炎の状態はプリムスの直噴のように真上に向かって吹き出すタイプです。
あまり綺麗に炎は出ませんが、カップを温めるなどの用途になんの不安もないでしょう。
多少耐風性は弱いところがありますが、これは世界最軽量のBSRチタン製シングルガスバーナーとほぼ同等程度なので、こちらも問題なしと判断します。

ただし、強風下で使用を強いられるような方は素直にメーカー製のSOTOなどの耐風スペックのガスバーナーにしておいた方が不安がありませんが・・・

DSC00092-3.jpg


【総評】
とにかく価格重視だったり、防災用の予備という方にはこれだけの頑丈さなら自信を持ってオススメできます。
もう少しだけ出せるというのならBSR/Soomloomチタン製を絶対にオススメしておきますが、そこまでのものは必要ないがとにかく「安い物でちょっと試してみたい」というのならこれ以上の製品はありません。

とにかくこの製品は「頑丈」です。
手に持った瞬間にそのあたりの仕様が伝わってくるので、安心して使い倒せると思われます。

BSR/Soomloomの世界最軽量シングルガスバーナーよりも数字上の最大発熱量は700kcalも多く、それでいて価格が送料込みで1000円とは驚き以外の何ものでもありません。

ちょっとガスバーナーを使ってみたいけど・・・と云う方にはイチオシできます。
書き忘れていましたが、この機種は「超トロ火」も余裕で可能です。
ガスの調整範囲がとても広いところもイチオシの理由です。


BRS/Soomloom 世界最軽量25グラム ガスストーブの衝撃

台風でもOK!!! SOTOウインドマスター SOD-310 強風に強いガスストーブ ウルトラライト登山






なんと1000円のガスバーナです。
とにかく頑丈です。
ちょっと使ってみたい方や防災用の予備にどうぞ。


1600円出せるのならこちらを勧めておきます。
男気溢れるチタン製で超軽量25グラムです。





関連記事

踵用インソール SOFSOLE(ソフソール)  ヒールカップ/ジェルタイプを登山靴で試してみる

まとめ
■かかと専用のジェルタイプインソール
■冬はとにかく寒い
■登山では使い方が難しいのでオススメできない

51JPxwuq21L__UL1500_.jpg
すみません。こちらのジェルタイプは一度使用してしまうと透明な部分が薄汚れて汚くなるので写真は「商品ページ」から抜粋したものを使わせていただきます。




こちらはかかと専用のインソールです。
これはジェルタイプで、クッション性が良好なはずだと見当を付けて購入したものです。

いわゆるインソールは幾つか使いましたが効果の程がよく分からず、念のために登山靴の中に入れてはいましたが、別に使わなくても良いかなと個人的には思っているものの1つです。

インソールというのは有名なものはいくつかありますが、体感可能かどうかと言われると微妙な製品が多いと思っています。
本当に効果があるのかテストするつもりなら、左右で違うインソールをいれて、実際に歩いてみないとなんとも言えないと思います。
僕は靴下では時々試しているのですが、インソールを左右で買えると違和感があるため、なかなか試すことが出来ないのです。

例えば底の薄い革靴や女性用のハイヒールなどに使うと「劇的な効果」を感じますが、元々底の厚い登山靴などだとなんとも「効果がある」と断言しづらいことがあるのです。

実際のところ僕も登山で歩くときに、「買ってしまったので無理矢理」使っていると云うことがないとも言えません。
まぁ、別になくても良いものなら逆に入れていても大きなデメリットはないともいえますので、とりあえず使ったりしていました。

僕は登山靴での使用を前提だったのでソルボを使用したかなり厚めのインソールを買ってみましたが、あえて言うのなら幾つか不満なところがあり、まず第一に「このインソールに合わせて靴のサイズを選ばないと窮屈で靴が履けなくなる」と云うことが一点です。
また、もうひとつ上げるとすると、靴の重量が増加するということです。

これを防ぐには「薄めの軽いインソール」を入れる必要があるのですが、薄いインソールを入れると更に効果の程が分からないと云うことが言えます。

なので最近ではソルボ入りのインソールを使うことを辞めてしまい、分厚いクッション入りの靴下と付属品の薄いインソールに戻していましたが、スポーツ店でこちらの「ジェルタイプ」のかかと専用というのを見て、衝動買いしてしまったのでした。

見る限りとてもプルプルしているのでクッション性が良好そうなところと、体重の一番かかる「かかとのみ」なので重量増加も抑えられ、効果が大きいかも知れないと思ったのです。

ところが、実際に使ってみるととんでもないもので、1回の使用で使うことを諦めました。

理由は簡単なのですが、
■ジェルタイプなので、踵に力がかかったときにかなりグンリャリと動くために違和感がある
■冬に使用しましたが、使い始めの10分程度がとにかく冷たい

と云うことがあったので、とても実使用には向かないと判断しました。

ジェルタイプですと、接地感というか地面の感覚がジェルに邪魔されてうまく感じられなくなってしまうのです。
しかも冬の寒い日に使うと、とにかく足が冷えます。ジェル部分がほぼ外気温と同じ温度に下がってしまうからです。
これ自体は10分もすると体温で暖められて気にならなくなるのですが、とてもシビアな環境では厳しいことになります。

なのでこういったかかと専用のジェルタイプというのは登山などでの耐衝撃用としてはまったくオススメできません。
こんなものを使うくらいなら、もう少ししっかりとした硬めのタイプのヒールカップを使った方が良いと思います。

と云うわけで、こちらのジェルタイプのヒールカップはよく考えて購入した方が良い製品の1つです。
少なくとも「登山用」ではまったくオススメできませんでした。



そんなわけで次に試そうとしているものがこちらです。
ジェルタイプではないので使えるかもしれません。
また報告します。

メール便送料無料 ソルボ ヒールカップ ソルボ インソール 中敷き sorbo

価格:1,180円
(2016/3/15 03:23時点)
感想(16件)







関連記事

RAZER 緑軸JPキーボードを日本語かな仕様に変更しました。キーキャップ交換のお話し

まとめ
■JP日本語配列キーボードならCherryMX互換軸は全て日本語かな仕様に出来る



DSC09662-1.jpg


もともとコルセアのK95RGBを使っていますが、K95はメカニカル軸の中では最も軽い赤軸です。
コルセアのキーボードは品質ソフトウェア共に最高レベルの出来の良さで、2015年最高の買い物の1つでしたが、ここ最近タイピング用途でのメカニカル青軸に急速な興味が出てきました。

ところが青軸で日本語かな仕様というとオウルテックくらいしかなく、FILCOなどもあるのですが、品切れが多くて困ってました。

要するに日本語かな仕様のキーボードでメカニカル青軸というと極端に選択肢が限られてくるのです。
ちょっと油断していると売り切れて市場から消えてしまうのでした。

実はこの間にもUS104タイプのOUTEM青軸のものを手に入れて「ローマ字入力」になれようと数ヶ月格闘していたのですが、OUTEM青軸は打ち味は素晴らしいのですが軸がMX青軸よりも5グラム作動点が重く設定されているため、タイピング使用ではとても疲れるのでした。

それにやはりローマ字入力だと単純に労力が2倍に入力スピードが半分になります。

よくライティングしている僕にとってはこの労力の差は耐えがたいもので、やはり慣れることが出来ませんでした。
入力スピードを追求するのなら「日本語かな仕様」以外に選択肢はありません。

と云うわけで1ヶ月近く青軸キーボード探しをしていましたが、もともと中華製のUS104のOUTEM青軸を一時的に使用していましたので、今回は純正とも言えるMX青軸のみを狙っていました。

何度も量販店に青軸をうちに行きましたが、その中でもオウルテックのMX青軸とアーキスの青軸の打ち味が「カチカチ」して気持ちの良いことに気がつきました。
なんというかFILCOとセンチュリーの青軸は「雑味」があって「カチカチ感」が薄いのです。
おそらくこれはキーボードの筐体そのものの強度が関係してるのだと思いました。

オウルテックのMX青軸と云えばつい先日まで6500円程度で売られていたのですが、なぜか13000円にいきなり価格が2倍以上に跳ね上がりました。
また、それと合わせて中華製のkailh青軸が採用されたものが約1万円程度でラインナップされて、あまりの価格の値上がりに納得が行きませんでした。
FILCOの日本語かな仕様のキーボードは最近再び再販されて市場で手に入りやすくなりましたが、前述したように打ち味になんとも言えない「雑味」が感じられるため、どうしても選択したくはありませんでした。

アーキスの日本語かな仕様のMX青軸キーボードにだいぶ気持ちが傾いていましたが、最終的にMX青軸ではなくゲーミングキーボードのRAZER Black widow JP日本語配列版を購入しました。

RAZER社のものは「日本語カナ仕様」というものは1つもラインナップされていません。

そこでFILCOから発売されている「交換用キーキャップセット 日本語」というものを一緒に購入して、RAZERのキーボードを日本語カナ仕様にする事にしてみたのでした。

ちなみにUSキーボードはこういったキートップだけでは「カナ仕様」にはできません。
物理的に「ろ」のキーなどがなくなってしまうからです。

唯一の懸念はRAZER社も数年前からKailh製の互換スイッチを採用してしまったので、FILCOのキートップと完全な互換性があるか疑問だったのですが、届いてみれば何の問題も無く「RAZERのキーボードの日本語かな仕様」は実現出来たのでした。

結論を言えば、RAZERのゲーミングキーボードはキートップの高さなどを含めて「まったく違和感なく日本語カナ仕様」にできます。

また互換メカニカルスイッチのKailh製のスイッチですが、僕の個体ではバラツキもほとんどないため特に問題にするようなことはありませんでした。
ただし、あまり評判の良いスイッチではありませんので、もし購入して届いて幾つかバラツキがあるようでした即返品をオススメしておきます。

lunaluna302.blog.fc2.com




今回、僕が購入したのはこちらの緑軸です。
LEDは搭載していません。キーキャップを交換することが前提なのでLEDが実装されていても意味が無いからです。
Kailh製スイッチなので、入力作動点は50グラムでMX青軸に対して入力点が浅く設定されています。
この為、従来のMX青軸よりも敏感になっています。
今回はタイピング専用です。
とても気に入りましたが、ゲーミング用途なら赤軸をオススメしておきます。
また、1台目で予算が許すのならコルセアのキーボードの方がはっきり申し上げて格上です。


コルセアのテンキーレス赤軸です。僕が使う限りキーボードとしてはRAZERよりも優秀です。
質感と性能のどれをとってもゲーミングキーボード最高峰だと思われます。
どちらも使ってる僕が断言しておきます。


交換用として購入したキーキャップはこちら。
MX軸とその互換軸なら何でも使用することが出来ます。


アーキスの青軸です。
打ち味はとてもクリアで「青軸らしい」です。


キーキャップ交換用の工具ですが、このタイプの物が一番使いやすかったです。
メカニカルキーをお使いの方なら必須のものです。

【Gaming Goods】Razer BlackWidow Tournament Edition 2014-JP テンキーレス メカニカルゲーミングキーボード 緑軸 日本語配列版 RZ03-00811500-R3J1

価格:12,150円
(2016/3/9 02:50時点)
感想(0件)




【送料無料】 CORSAIR(コルセア) 有線キーボード[USB] Vengeance K65 日本語配列モデル CH-9000040-JP[CH9000040JP]

価格:10,500円
(2016/3/9 02:50時点)
感想(2件)











関連記事