ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。

超小型ライト UltraTac K18 360ルーメン 10440電池使用可能な衝撃の小型ライト

まとめ
■重量14グラム(電池無し、クリップ付き)
■360ルーメンという信じられない高照度
■クリップつき
■単4及び10440リチウム充電池使用可能
■サイドスイッチ方式



DSC03209-1.jpg


ほぼ世界最小レベルの単4が1本仕様の小型ハンドライトですが、こちらが衝撃的な理由は「このサイズでリチウム充電池が装填できる」という一点に尽きます。

FENIXのE05やEOS ITP A3などとほぼ同じ重さで、11440充電池が使えると言うのはもしかすると史上初かも知れません。
これにより電圧が上がるため、超高照度360ルーメン最大を実現しています。

はっきり申し上げて現状では凄まじい性能だと云わざるを得ません。

ただし、これほどの性能が登山などに必要かと言われるとなんとも言えないというのが本当のところです。
というのも以前、低山で遭難された人が一晩かかってスマホのライトを頼りに登山道までなんとか復帰したのですが、その時の想定されるスマホのライトの明るさが20-30ルーメン程度だと言えるからです。

と云うわけで、実際の事例から言えるのは「山道をあるいて帰ってくるには20ルーメンほどあれば十分」だからだといえます。

DSC03210-2.jpg

【配光について】
中心にしっかりとしたスポットがありますが、全体としては柔らかい周辺配光があり、使いやすいものです。
これにより、遠方照射能力と周囲を満遍なく照らせる能力があり、他の大手メーカーのライトと何ら変わりなく使用することが出来ます。
この配光については出来の悪い安物ライトはスポット一辺倒で偏る傾向がありますので、なかなかよく出来ていると感じました。

明るさ / 点灯時間 ※10440 Battery使用時
High: 360 lumens / 20 minutes
Medium: 80 lumens / 1.5 hours
Low: 5 lumens / 15 hours

明るさ / 点灯時間 ※AAA Alkaline Battery使用時
High: 110 lumens / 1 hour
Medium: 25 lumens / 5.7 hours
Low: 3 lumens / 45 hours

ランタイムとアルカリ使用時のルーメン値を見てもまったく問題の無い優秀な製品だと言えると思います。

【注意点】
このライトの注意すべき点は、「サイドスイッチ」採用と云う事に尽きます。
サイドスイッチを押し続ける事でライトが点灯しますが、このタイプはツイストスイッチと違い、バックパックやポケットの中で誤点灯する可能性がとても高いのです。
なのでパッキングに気を遣いますが、それさえクリアできればある意味衝撃的な高性能ライトで、驚くべき製品だと言えます。

【電池に関して】
10440リチウム充電池とエネループ、アルカリ電池など汎用性が高く何でも使えます。
特に10440電池が使えるハンドライトは今まで見たことがなく、これだけでも十分に素晴らしいことです。
電圧が上がる分、専用のきちんとした設計でなければならないので、そういった面を含めてしっかりとデザインされている証拠でしょう。

今のところこれほど電源に汎用的な性能を持ったライトは少なくとも本体15グラム以下の超軽量ライトでは見たことがありません。

また、10440電池を使用して10分程度のテスト点灯をしてみても触れないほど熱くならないので非常によく出来ていると思います。

【まとめ】
サイドスイッチが唯一の惜しい点ですが、照度のメモリー機能や10440リチウム電池仕様など、性能的には隙のない作りで、実測重量でもライト性能でもウルトラライトなハンドライトのトップレベルの製品と肩を並べるかそれらを凌ぐ出来です。

パッキングには気を遣いますが、そもそもショルダーパッドやベルトなどに装着しているのならサイドスイッチの誤作動はあまり問題とはなりませんので、実用上での工夫でしのぐべき項目だと思います。

なによりも、使う使わないは別として10440リチウム電池を使用することができるのは衝撃的なことで、そこから生み出せる最大360ルーメンというのは、見れば分かりますが凄まじい明るさです。

普段使いは10440電池で運用して、ランタイムなどを優先する必要がある場合はエネループなどを使用することで他の小型ライトとまったく変わらない性能をだすことができます。

10440電池運用ではちょっと使いどころを選ぶハンドライトなのですが、その場合は単4電池で運用すれば他のウルトラライトなハンドライトと何ら変わりの無い性能なので、電源の選択肢が単純に増えたと考えれば、クリップ付きで十分な軽さと一級品の性能なので、これは買いを推奨させていただきます。

非常に優秀なウルトラライト・ハンドライトといえると思います。




使用している充電器です。
価格も安く、なかなかなよいモノなので気に入っています。


【本体色:Black/アルミ製】UltraTac K18 キーチェーンライト 【CREE XP-G2 S2 LED搭載 / 明るさMAX360ルーメン / 単4×1本or10440×1本】

価格:3,120円
(2016/7/22 18:03時点)
感想(2件)










関連記事