ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)

【地震】 帰宅難民が持ち歩くべきミニマムアイテム まとめ 【防災】

DSC00907.jpg

日本に生きている限り大規模災害の危険から逃れられる人は居ません。

そこで帰宅難民を前提に「普段から持ち歩く」必要最小限のリストを出しておきます。

最も危険な事象は破局噴火ですが、こちらが勃発した場合は個人で対処することはほぼ不可能なので、地震を前提に普段から持ち歩ける重さと容積の製品をまとめてみました。

まず必要最低限の持ち歩き用の必須リストです。
以前から書いてある記事を「まとめ」ておきます。

自分でももう何が何だかわらかなくなってきていますので・・・

【ラジオ】

情報収集の最後の手段です。
多人数で聴取するためにはスピーカーが必須となりますが、そのスピーカーが必要ないのなら、もっともミニマムなのはSONYのSBH50というMP3プレイヤーをラジオに転用して使うのが1番軽いです。
もう少し重くなっても良いのならトランセンドのMP350のラジオも質が高くオススメです。
MP350は防滴と耐衝撃構造があるので、アウトドア用途ならこちらを転用するのが良いでしょう。

こちらの問題点は4つです。

■USBバッテリーが必要
■USBケーブルを持ち歩く必要がある
■ランタイムが8-12時間と短い
■イヤホンが必須

単4電池タイプなら大幅にランタイムが伸びます。
アナログタイプのラジオならSONYのポケッタブルをオススメしておきます。

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com


【モバイルバッテリー】

現代では登山だろうが都市災害だろうが必須です。
信頼性重視なら「パナソニック」一択となります。

ただし、パナソニックは災害時には容量がまったく足りません。
最低でも10000mah以上となると中華製をテストして持ち歩くのが良いでしょう。
この場合は入替は2年をめどにして下さい。

また、急速充電器も一緒に持ち歩く必要があるのならQC2.0対応の充電器とモバイルバッテリーを持ち歩くのがオススメです。
QC2.0以上対応だとバッテリーへの充電時間が大幅に短縮されますので、いざという時にコンセントが使える状況があればより短い時間で充電可能となります。
この為、iPhone等の方もメリットはあります。

薄型カードサイズのバッテリーは事前のテストを十分に行ってください。

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com


【各種ケーブル】

モバイルバテッリーとセットで持ち歩きが前提です。
マイクロUSBケーブルは用意しておく必要があります。

iPhoneの方はマイクロUSBケーブルにライトニング変換アダプターを噛ませるのが最も軽いです。
ただし、必ず「純正品」を用意して下さい。
中華の安いアダプターを買うといざという時に使えない可能性が大きいです。
ここは絶対にケチってはいけません。

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com


【マルチツール】

ペンとハサミとナイフ、LED付きで最も軽いのがvictrinoxのシグネチャーライトとなります。
ペンは家族に書き置きを残すために、ハサミなどは負傷時の衣服を切り裂くために、LEDはライトの予備に必要です。

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com


【ライト】

常に持ち歩くというのならEDC用途では単4の軽量フラッシュライトをカギに付けておくのが最も確実です。
ただし、モバイルバッテリーを持ちあるいているのならUSB充電タイプのnitecoreが10グラムを切る軽さでバッテリーも共用出来るので延々と持ちます。

USB充電式は敬遠する人も多いでしょうが、災害が直撃したときに電池はほぼ手に入りません。
モバイルバッテリーと共用出来るライトも真剣に考慮しておきましょう。

しかもソーラーパネルと組み合わせると「暖かい季節」なら無敵です。

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


【時計】

漢の最強G-SHOCKレンジマンです。
唯一の欠点が「スーツに似合わない」とか「女性は厳しい」事くらいです。



【ホイッスル】

スペースに余裕があればぜひ持ち歩きましょう。
声であれば平地の風のない状況でも100メートルほどしか届きませんが、ホイッスルがあれば体力を消耗せずに信号を送ることが出来ます。

lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com

職場及び通勤用の車などに常備しておきたいモノ

ここから先は常に持ち歩けるものではないので状況に応じて装備しておきたいモノです。

浄水器】

何を置いても水の確保は重要です。
先の阪神大震災でも一部地域では「水不足」に陥り、人々は壊れた水道管に殺到したと聞きます。
後にこの時の状況が検証されましたが、「暴動寸前」だったと聞き及びます。
水はごく短時間でも足らないと判断力と行動力が大幅に失われます。

水は地面に触れた瞬間から汚染が始まりますので、そういった水を安全に飲むためには浄水器があると便利です。
都市部の河川は汚染されていますので使えませんが、雨水や壊れた水道管から溜まった水を飲用に転用する場合は、浄水器は必須です。
そのまま飲んで下痢などに見舞われた場合、体力を大幅に消耗します。

この場合、水たまりからコップなどを使わずに直接濾過することが出来るのはソーヤーミニとなります。
(核攻撃などによる放射能汚染まで考慮する場合は、セイシェルサバイバルボトルの最新タイプが対応しています)

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com


【ソーラーパネル】

B5サイズでも500グラム近くあるので持ち歩きには向きませんが、暖かい季節ならかなり実用的です。
職場やトランクに常備を前提にしておくと、いざという時の安心感が違います。

なお、数年前のパネルをお持ちの方は最新式のパネルで性能が大幅に上がっています。
実測で3万ルクス程度でもなんかと充電可能なほどになっていますので、昔買った方はそろそろ最新のパネルに買い換えておいた方が良いでしょう。

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

lunaluna302.blog.fc2.com

【各種常備薬】

頭痛と下痢留めと外傷用のセロックスを基本にして下さい。

lunaluna302.blog.fc2.com



【メガネやコンタクトの予備】

視界を奪われると行動できなくなります。
メガネやコンタクト使用の方は予備を真剣に考えておきましょう。

米軍のIFAK2などの医療キットを見ても「目の保護」には異常に気を遣っていますが、体は無事でも目をやられるとそのまま行動不能になるからです。

視界の確保は絶対におろそかにしてはいけません。

【食料】

カロリーメイト以外にはありません。

lunaluna302.blog.fc2.com


【靴】

歩いて帰るので履きやすい靴がなければ足をやられます。
特に女性の方はハイヒールは無理なので、職場に防水の靴を一足用意しておきましょう。

この場合、釘やガラスの踏み抜き防止に底は厚ければ厚いほどほど良いです。

【雨具】

平均すると日本は3日に1回は雨が降っています。
簡易な軽量雨具は用意しておきましょう。

lunaluna302.blog.fc2.com


【まとめ】

最小限の必須キットだけなら、うまくまとめれば小さなポーチやポケットに入れていつでも持ち歩けます。

1番嵩張るのはソーラーパネル・食料・モバイルバッテリーだと思います。

バッテリーは大きさ重さと容量が比例するので、ここが1番難しいところかもしれません。

普段持ち歩くのはマルチツール・ライト・ケーブル、少し工夫してラジオ/MP3プレイヤーにして、後は職場や車のトランクに収納しておきましょう。

何でもかんでも用意するといつもの防災バックのように大げさになりますので、最もミニマムな選択肢を出してみました。

参考記事

lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com







関連記事

【レビュー】中華製アウトドアチェア 折りたたみ椅子はオリジナルを超えるか?【ヘリノックス】

4564654.jpg

まとめ
■本家と何ら変わらない
■アウトドアチェアとしてはよく出来ている



折りたたみの分解式アウトドアチェアとなります。
こちらは基本的に有名なヘリノックスのパチモのとなります。

同タイプの本家ヘリノックスのアウトドアチェアの価格は約12000円のところ、こちらのパチモのはなんと2000円台からと、お得感は半端ありません。

ハッキリ書くとここまで安いのなら多少適当な椅子が届いてももう満足してしまうレベルではありますが、実際のところはどうなのかというと、結局、ふたつほど手に入れてしまいましたので、満足感はかなり高かったというのが本音となります。

【本家ヘリノックスとの違い】


ヘリノックスは所有していませんが、パチモのならメーカー違いで2つ手に入れました。
そして、車のトランクに積んであります。
ドライブに行った先で時々使って楽しんでいますが、特に不満はありません。

そこでオリジナルはどれほど優れているのかと、アウトドア店に出かけていってじっくりとヘリノックスを見てきました。

正直に言うと・・・普通の人は既に見た目で区別がつきません。
僕も並べられてロゴを隠されたら分からないレベルでした。

しかも座ってみても違いがまったく分からず、目隠しして座るテストでもしたらたぶん誰も分からないかもしれません。


本家はこんな感じの椅子です。

【アウトドアチェアの注意点】

特にありませんが、初期品に関して「座面の布」が破れてポールを突き抜けると云う不具合が一部であったようです。
僕の椅子の1つはこの時代のものなのですが、全く問題ありませんので、たぶん体重のある方の一部で起こっていた物かもしれません。
ただし、今やその対策もうたれたようなのでもはや中華製アウトドアチェアに死角はありません。

【アウトドアチェアの組み立て方】

レビューを見ていると「組み立て方が分かっていない方」が一部にいらっしゃるようなのでその点のみ書いておきます。

基本的には紐でつながったポールを差し込んで、組み上がったフレームに布製の座面を張るだけなので組み立てと云うほどのことはないのですが、ちょっとしたコツはあります。

座面の布がポールの全長に対してかなり小さいので、ポールを地面に押し当てて体重をかけ、少したわませるようにして布地をポールに通します。
たったこれだけのことですが、苦手な女性などはこれが分からずに「返品」などしているようですので念のため書いておきます。

76391.jpg

【アウトドアチェアまとめ】


中華製のパチものの場合、デザインが一緒なら値段の一番安いチェアを購入すればOKです。
なぜなら、全部同じものだからです。

メーカーによる違いはまったくありません。

僕が実際に2つ手に入れていくら比較してみても違いがないので、これは全部同じものだと思われます。

ですので、「価格の一番安いアウトドアチェア」を買えばOKです。

ハッキリ申し上げて、こういった単純な製品では中華のパチモのというのは絶対的に強いです。
オリジナルと何ら変わらない製品を作ってきますし、初期に不良があったとしても半年もあれば改善してきます。

ブランド名が欲しいというのでもなければオリジナルのヘリノックスにこだわる理由はまったくありません。
何よりも価格が1/5以下というのでもう勝負にならないと思います。




ビジョンピークス VISIONPEAKSアウトドアチェア アームチェアVP160405D01

価格:1,290円
(2017/4/30 00:42時点)
感想(74件)






関連記事

【レビュー】LEDコーンライトは超高照度で実用度が高い skygenius


DSC00903.jpg

まとめ
■コーンライトはとにかく明るい
■設置できれば従来のLEDライトを大きく上回る



最近出てきた最新のLEDライトの1つに素子がむき出しの「コーンライト」と言われるLEDライトがあります。

僕は節電の一環として3.11の震災以降、インバーター式の蛍光灯を中心に、適材適所でLEDを投入してきましたが、明るさとコストパフォーマンスでは単なる蛍光灯の方が遙かに優れていたので、自宅では蛍光灯の活用が多いのですが、ここ最近やっと値頃感のある価格で実用的に問題の少ないLEDがでてきましたので、少しずつLEDを増やしているのが現状です。

僕の自宅は天井に設置してあるライトがほぼすべてダウンライトのE17口金と言われる小さいなものなので、元々が100Wの白熱電球がセットされていました。
おわかりになると思いますがこの形状ですと蛍光灯ですら選びようがなく、1番小さなタイプの電球を入れても「暗すぎて使い物にならない」というのが現状でした。

この為、間接ライトを幾つか導入してそちらに100W級の蛍光灯を導入して何とか凌いでいました。

それでも暗かったのですが、ここからLEDに交換してもほぼ1W程度しか節電することが出来ず、なおかつ導入コストは跳ね上がり、さらには蛍光灯よりも暗いものが多いと言うのが現実でした。

しかもLEDはスポットがキツイものが多く、幾つか購入して設置してみるとまるでスポットライトを取りつけたようになってしまいどうにもなりませんでした。

これが E26口金ならもう少し適当なものを選択できるはずなのですが、ソケットの総入れ替えなどいくら何でも無理があるので、E17口金の小型のLEDに関しては少しずつテストしては入れかえて様子を見るという事を続けています。

そんな中でE26口金で「超強力なLEDライト」に出会い、価格と明るさ配光、すべてに満足のいくものだったのでここに紹介しておきます。

それが今回紹介するコーンライトとわれるLEDになります。

DSC00904.jpg

【コーンライトのメリット】
  • ■とにかく明るい 
  • ■配光が広い
  • ■価格が安い

とにかく明るさに関してはとんでもなく優秀です。
僕のもので15Wで1500ルーメンという衝撃的な照度で、しかも価格が安い。

配光も素子が360度を取り囲み、さらには上面にも素子が設置されていますので辺り一帯をガッチリと照らし出します。

【コーンライトのデメリット】
  • ■素子がむき出しなので目に入る位置には設置できない
  • ■ダウンライト系のソケットには入れる場合は形状と大きさを良く確認する必要がある

基本的にディフューザー無しなので目に入る位置にセットすると眩しくて日常生活に支障を来します。
また、ダウンライト系の奥まったソケットだとコーンライトの細長タイプの製品を選ぶ必要が出てきます。
とんでもなく明るい代わりにちょっとデザイン的に大きめなので、寸法はきっちり確認する必要があります。

DSC00905.jpg
普通のE26蛍光灯と比較するとちょっと太めです。

【コーンライトの実際の消費電力】

1500ルーメンの公称15Wでしたが、中華なのでイマイチ信用できませんでした。
そこでワットチエッカーにて計測してみると実際の消費電力は15.1Wでしたので、ほぼ間違いなく公称値通りでした。

なのでカタログのワット数は信用しても良いと思います

DSC00906.jpg
写真だと伝わりづらいのが難点ですが、フードから出ている部分は直視できないほどの爆光です。

【コーンライトの購入時の注意点】

中華なのでメーカーによってはダメな製品があっても不思議ではありません。
なので実績のあるメーカーや信用のある製品を選ぶ必要があります。

僕のものは普通のLED100W級など話しにならない明るさなので、実際に1500ルーメンとは行かなくても近い明るさはあると思います。


こういったケースもあるので油断は出来ませんが・・・・僕手持ちのLEDは850ルーメンが最高なのですがそれと比較しても段違いに明るいです。

【コーンライトまとめ】

かなり優秀なLEDライトだと判断しています。
とにかく明るさが普通ではありません。

従来の蛍光灯からやっと安くて明るくて配光もスポットにならないLEDライトが登場したと感じています。

ここで紹介するまで2ヶ月以上、自宅の間接ライトにセットしてテスト運用してきましたが、これは自信を持ってオススメできるLEDライトだと感じました。

僕の手に入れた物は数時間点灯していることろを素手でわしづかみにしても大丈夫なほど発熱も少なく、この点でも耐久性にも期待がもてます。
今までLEDライトを使っていても発熱の大きいものは早めに故障していたので、これだけの明るさでこの発熱ならもう十分です。

素子がむき出しなので設置位置に気を遣いますが、間接照明やフードの中、天井への設置なら特に問題ないでしょうから、今後のLEDライトの入替時にはまずコーンライトを選択肢の中に入れるべきでしょう。
1つ導入するだけでも大幅に部屋の明るさが改善します。


これは良いです。

【10倍】LEDコーンライト 80W形相当 led 水銀灯 360° E26 E39 防塵 防水 IP64 水銀ランプ 電源内蔵型 密閉容器対応 コーンライト 業務用LED照明 施設用LED照明 門柱灯 工場照明 LED照明 コーン型 街路灯 ガーデンライト

価格:3,866円
(2017/4/29 20:15時点)
感想(0件)





参考記事

lunaluna302.blog.fc2.com


関連記事

【コラム】 CASIO スマートアウトドアウォッチ プロトレックGPS搭載 WSD-F20を考える

poujopjoi.jpg 

まとめ
■GPS搭載で地図表示可能
■地雷か?



遂に、4/21日にカシオからGPS搭載の地図付きスマートアウトドアウォッチが発売されました。

前モデルであるF10については発売前に既に地雷臭が漂っていましたので「購入をオススメしない」という事でブログでも「警告」を発していましたが、二世代目であるF20で遂にGPSが単体で導入されましたので、この事について書いておきます。

【ついにプロトレックにGPS機投入】

やっとと云うか遂に「プロトレック」としての名前を冠しましたので、前モデルよりも自信があるのかもしれませんが、熟成されればいつの日かG-SHOCKに搭載される日も来るでしょうから、期待をもって機能には注視していました。

今回のF20は前モデルとは違い、GPSを搭載しています。
しかも「地図」まで搭載してるので、これには期待が大きかったのも事実です。

ですが、カシオ病ともいえる最近のハードとソフトの熟成なしにゴミのような時計を市場に投入する姿勢は受け入れられるものではなく、期待は薄いと言わざるを得ません。

【WSD-F20のデメリット】

■今どきミルスペックを売り物にする軽薄さ
今どきミルスペック如きで買う人は居ませんし、これに騙されるようでは話しになりません。
ミルスペックは「普通に作られた製品」なら何でも通ってしまうほどの「緩い規格」です。
カシオはもう少し考えた方が良いでしょう。

■ソフトとハードの信頼性の無さ
Bluetooth機能搭載の時計の時に、さんざん「接続不安定」で酷評された事から分かるとおり、いまどきガーミンですらまともに使いこなせる機能をカシオは使いこなせません。

特に新機能をハード側に実装するとほぼ使い物にならないケースが増えています。

他のメーカーではかなり安定している機能でもカシオが搭載するとほぼダメになるので、この理由が分かりませんが、ソフトウェア上のバグなども関係しているのかもしれません。

ガーミンなども初期品はバグだらけですが、素早いアップデートで半年もあれば問題なく使用できるまでソフト更新を行ってきますが、カシオはまったくもってダメです。

この為、そもそもカシオが何か新しい機能を搭載してくると「数世代は見送り」が正しい姿勢となります。
特に「複雑な機能」の場合は「買うだけ無駄」というのがここ最近の僕の見解です。

ちなみにネットでのログ管理体制もダメです。

■iPhone対応の弱さ

相変わらずiPhoneでは機能制限がなされていて、iPhoneの方は購入に値しません。

【WSD-F20のメリット】

ほとんどありませんが、単体で地図付きカラー液晶というのは大きいです。
地図はMAPBOXのようですが、地図自体には特に問題はないのではないかと思います。

カラーの地図付きとしてはバッテリーは持つ方だとスペックからは判断できますが、処理速度がどうなのか、レスポンスはどうなのかというと、さんざんGPSを使ってきたモノとしては疑問符がつくことも事実です。

なぜならガーミンのハンドヘルドタイプのEtrex touchですら、地図によってはもたつくので、時計程度の機器ではレスポンスがキビキビなのかというのは当然のことながら思います。


プロモーション映像だけ見れば、出来は良いように見えるのですが・・・

【WSD-F20まとめ】

カシオが本体にログの記憶可能なGPSを実装してくるだけでも大ニュースな訳ですが、いきなりの「地図表示可能」にも驚いたわけです。
設計経験の豊富なガーミンですら、やっと1機種地図表示可能な機種を市場に投入しているだけですが、今後は他社でも「増えてくる」のは自明なことだと思います。

ですが、使い物になるかどうかはまた別問題なわけで、よくよく見極めていく必要があります。

特に「機能が豊富になればなるほどソフト力」が問われることになり、ハードよりもむしろこちらのソフトのバグをいかに少なくするかと云うことがとても重要です。

その点ではカシオには実績がなく、これまでの「やり方」を見ていると不安である事も確かです。

F20を僕が買うかどうかという点では、買うことはありません。

一言で言えばソフトウェアの方が遙かに重要なので、カシオのそのあたりの技術力が問われているGPSウォッチである事も事実だと思います。

ですが、これまでのカシオのていたらくを見ている限り、新技術やソフトウェア部分は限りなく「弱い」ので、こちらのF20も登山などの方が「あえて購入する必要は特にない」というのが僕の見解となります。

単なる「時計」を作っているだけなら素晴らしいメーカーなのですが・・・複雑な時計を作ろうとすると・・・。

カシオなのでどちらかと言えば、ガーミンなどに慣れていないGPSウォッチ初心者の方が購入対象になるのかと思うわけですが、機能だけで言えば基本機能に特化しているタイプで、ガーミンなどのようにランニングやマルチスポーツを視野に入れた超多機能GPSウォッチではありません。

ただもし、購入を検討しているのなら、ほぼアンドロイド専用だと云う事と、レスポンスとソフトの安定性およびスマホとの接続性を良く確認してからの方が良いでしょう。

追記
カシオなので、中華とは違い大手のタイアップ記事が検索を埋め尽くします。
当然のことながらいい事しか書きません。
注意する必要があるでしょう。

lunaluna302.blog.fc2.com





【2017年04月21日発売】 【送料無料】 カシオ CASIO スマートウォッチ 「Smart Outdoor Watch PRO TREK Smart」 (オレンジ) WSD-F20-RG

価格:49,561円
(2017/4/23 06:46時点)
感想(0件)






関連記事

【レビュー】NITECORE The TUBE LED キーライト EDC及びウルトラライト登山に

DSC00902-2.jpg 

まとめ
■USB充電式の軽量ライト
■キーリング付きで重さ9.4グラム
■無段階照度調整可能



NITECORE The TUBE LEDといわれる超軽量ライトとなります。

日常のEDCライトとなっていますが、フォトンのライトと比較検討できるだけの実力があり、充電方式と明るさの違いはありますが、とても優秀なライトだと判断しましたので、登山用の予備ライトとのひとつとしても紹介しておくことにしました。

【NITECORE The TUBE LED スペック】

■本体重さ 9.4グラム
■サイズ 56.5 x 21 x 8mm
■最大照射45ルーメン
■最低照射1ルーメン
■照射角度100度
■本体材質ポリカーボネイト製 
■リチウムイオンUSB充電タイプ
■IPX65


【NITECORE The TUBE LED照射モードについて】

■ハイモード 45ルーメン 1時間
■ローモード 1ルーメン 48時間 最大距離24メートル


照射角度が約100度とかなりワイド配光になっていますので、ランタンとまでは行きませんが通常のライトと比較して周辺を広く照らし出す能力はかなり高いです。
特にハイモード時は相当にワイドな照射となりますので、辺り一帯を結構な照度で照らし出します。

Amazonの説明ページには「ストロボモード」も可能だと記述されていますがおそらく間違いです。
こちらのライトは「ストロボ」は実装されていません。

また、フォトンと同じように「無段階調整可能」なので、登山などの遭難時などのいざという時には20ルーメン程度まで照度を絞ればランタイムを大きく向上させることができますので、最後のライトとしてもかなり優秀だと思われます。

【NITECORE The TUBE LED操作方法】

■ボタン1回でローモード点灯
■1秒以内にボタン2回でハイモード点灯
■ボタン2回挿下後にそのまま押し続けると無段階照度可変モード

DSC00901.jpg 

【NITECORE The TUBE LEDとフォトンとの比較】

特に比較対象がフォトンとなりますが、重さはほぼ変わらずに長さが1.5倍ほど大きくなります。
最大の違いはフォトンがボタン電池運用に対して、TUBEはUSB充電ということになります。

ここをどう捕らえるかでTUBEライトを選択するかどうかが大きく変わる部分ではないかと考えます。

■最大の明るさがTUBEの方が10-15ルーメン明るい
■IPX防水性能がフォトンの方が高い
■TUBEにストロボライトは実装されていない


最大の明るさは圧倒的にTUBEの方が優れています。
また、見た目の色温度ですが、TUBEの方が白色度が高く、TUBEと比較するとフォトンがNWに見えます。
配光もフォトンがスポット的に見えるほどTUBEの照射角は広いです。

体積が少し大きくなりますが、フォトンに興味がある方は「その明るさ」と「ワイド配光」という点で考慮しても良いでしょう。
価格もほとんど変わらないため、IPX防水性能が65と完全防水ではないのですが、雨の中などでの使用程度なら特に問題ないようなので日常では特に問題とはならないと考えます。

このあたりはYOUTUBEのエクストリームテストの映像を貼り付けておきますので参考にして下さい。



【NITECORE The TUBE LED 注意点】

やはりなんと言ってもマイクロUSB充電というのをどう捕らえるかという点だと思われます。
個人的には「有り」だと最近考え方を改めましたので、少し書いておきます。

登山であろうが防災用途であろうが、少なくも現況のガラケーを使用している方以外は、ほぼ全員が何らかのカタチでモバイルバッテリーを携行しているはずなので、そこから電力を供給できるUSB式のライトというのは十分に意味があると考えています。

本来であればモバイルバッテリーの電力はすべて生命線であるスマホに使うべきモノですが、緊急時に無線系の機能をすべてOFFにして、画面照度を最低に切り替えて「機内モード」などを活用すれば、スマホのバッテリーは相当程度に持つはずなので、電力消費の激しいアンドロイドスマホの方は例外ですが、モバイルバッテリーの電力の一部をライト等の機器に振り分けるというのは考え方としては間違っていないと、思うようになりました。

そう思わせるだけの「小型軽量のUSBライト」が出始めているというのも大きいのですが、ここ最近幾つかをテストして、「有り」だと思うようになった事も事実です。
他の機器と電源の統一がまだ難しいところがあるのですが、スマホと共通の電源で長時間の灯りが確保できるというのはサブライトとしては検討に値するとも考えています。

なお、充電式のもうひとつの欠点として、ライトの寿命が考えられます。
バッテリーの寿命がライト本体の寿命なので、だいたい約2年位がこちらのTUBEライトの寿命だと思われます。
この為、使い捨てとまでは言いませんが、EDCライトとして日常で使い切った方がおもしろいライトだといえます。

DSC00900.jpg 
こちらはTUBEのハイモードです。

DSC00899.jpg 
こちらはフォトンのハイモードです。

【NITECORE The TUBE LEDまとめ】

ウルトラライト登山のお供としては、持っていくモバイルバッテリーの容量や用途と相談しながらと云うことになりますが、日常用のEDCライトとしては単4電池タイプの小型フラッシュライトを置き換えるものとして検討しても良いかと思われます。

特にフォトンを気に入っている方は具体的に二つ目のライトとして考えてみるのも良いでしょう。
個人的には「明るさ配光」でTUBEの方もかなり「使える」と判断しました。

ウルトラライト登山などのサブライトとしての使えるだけの性能があり、特にモバイルバッテリーと組み合わせるとかなりの長時間使用が可能となりますので、考え方次第ですが、個人的には「有り」だと思っています。

EDCを前提とした超軽量超小型ライトとして、登山用の予備ライトとして、非常におもしろいライトだと思います。

lunaluna302.blog.fc2.com




NITECORE The TUBE LEDキーライト 本体色:ブラック【明るさMAX:45ルーメン / USB充電式】

価格:1,780円
(2017/4/23 04:21時点)
感想(3件)






関連記事

【RYZEN】PhotoshopとLightroomでマルチコアCPUは効果的か?【インテル】


a02.png 

まとめ
■RYZENはフォトショなどには向かない



3月に発売されたAMDの低価格マルチコアCPUが世間では絶大な支持を得ているようですが、クリエイティブ系実アプリケーションのひとつであるPhotoshopとLightroomを快適で素早く動作させるための「ハードウェアのまとめ」として簡単に要点を書いておきます。

【CPUについて】

PhotoshopとLightroomは共に複数のマルチコアを十全に活用できるアプリではありません。
ほとんどの作業で1コアもしくは2コアしか使うことはなく、アドビですら公式に6コア以上は「コストに見合わない」とあまり意味がないような事を言っています。

Photoshop は、4 個のコアを持つコンピューターより 16 個のコアを持つコンピューターで実行したほうが 4 倍高速に実行できるというわけではありません。ほとんどのユーザーにとって、6 個を超えるコアによってもたらされるパフォーマンスの向上はコストに見合うものではありません
------------------------アドビより引用-----------------------------------


Photoshopは一部機能のみがマルチコアを活用できるのであって、ほとんどの基本的な作業時には「1-2コアの速度」の方が遙かに重要です。
要するに1コアの動作周波数が勝負を決める傾向があります。

また、仮想コアによるハイパースレッドは大きな効果があります。
インテルで言えばi5よりもマルチスレッドが機能するi7の方が最低でも10%以上高速に動作します。

インテルの6-8コアの多コアハイエンドラインCPUとRYZENはどちらもPhotoshopには向いていません。
ちなみにRYZENでは4-17%ほどインテルの6-8コアと比較して、Photoshopの基本タスクと標準エフェクトでは速度が落ちます。
価格差ほどではないと感じる部分もある為、コストパフォーマンスという点で言うのなら、インテルのマルチコアモデルを購入するのなら、RYZENという選択肢は十分に勧められます。

アドビのPhotoshopとLightroomを使うのなら、結論は、いま最も速いCPUはi7 7700Kをそのまま使用するか、もしくは7700Kオーバークロックとなります。

Photoshopの基本タスクはかなり軽く、CPU動作周波数依存である事を考えると、7700Kをから割りするなどしてガッチリ冷却しながらできる限り高い周波数にOCして使用するのが最も良い選択肢であると思われます。

tyuuguy.jpg 

【GPUについて】

SLIやCROSSFIREなどの複数GPUを活用することは出来ません。
GPUは一部機能を向上させますが、個々のGPUによって速度差がありますので、平均的な結論を述べるのが難しいようです。

ですが、以下の点は明らかですので参考にしてください。

  • ■統合グラフィックよりも個別のGPUの方が間違いなく速い
  • ■SLIなどの2枚差しは利用できない
  • ■高価で高速なGPUを導入してもあまり意味はない
  • ■ビデオRAMはあればあるだけ良い(特に高解像度環境)
  • ■通常環境ではGTX660以上であれば性能的には十分

要するにGPUはあった方が良いのですが、最新の1050と1080で比較しても平均的な動作時間に及ぼす影響は極めて小さいようです。

と云う訳なのでNvidiaで言えばGTX660以上のGPUが導入されていれば十分に高速に動作するはずですが、昨今の4Kパネルなどの導入やモニター価格下落でマルチモニター環境が容易に整えられる事を考慮するとビデオRAMは余裕があった方が良いようです。
高解像度環境などを志向する方は、2-6GBなどできるだけビデオRAMを搭載したGPUモデルを選択すると良いでしょう。

ちなみにQuadroモデルは更に効果的ですが、モデル毎の差は小さいので、より高価なモデルが「速い」という単純な話しではないようです。

【メモリについて】

高速なメモリを搭載してもパフォーマンスの向上はほぼ誤差の範囲です。
ただし、GPUを使用したエフェクト系には多少の効果がありますので、極一部のGPU依存エフェクトを多用する方は考慮しても良いでしょうが、投資ほどの効果はありません。

唯一にして最大の問題は、メモリの搭載量ですが、必要十分であればそれ以上に搭載してもパフォーマンスへの影響はありません。
Photoshop上の効率が100%の場合、速度の向上はありません。

ほとんどのユーザーのケースでは16GBもあればメモリ量としては十分となります。
ちなみに16GB以上のRAMを必要とするケースは取り扱うイメージが750MB以上の場合に限定されます。

【HDD及びSSDについて】

LightroomのカタログやPhotoshopのキャッシュ領域は、できる限り高速なSSDに置きます。
これは明確に効果があります。

ただし、最近のNvMe M2 SSD等は導入しても残念ながらほとんど効果はないようです。
ですので、通常の高速なSSDを導入するのがベストな選択となります。

【PhotoshopとLightroomハードウェアのまとめ】

RYZENを初めとした多コアモデルCPUを導入しても、極一部の効果しか速度向上は望めません。
それよりも7700Kなどのオーバークロックの方が20-30%速くなります。

ここ最近出てきているRYZENを使用したPhotoshopなどの速度向上記事は、一部のマルチコア最適化のなされた機能に絞った性能を書いているようで、日常のほとんどの作業や標準エフェクトの多くでは動作周波数を高くとることの方が有利です。

また次世代SSDのNVMEなども効果はほとんど無く、いまのところ、現用のSSDにメモリ16GB搭載して、GPUは搭載RAM2-6GBのGTX660以上を実装するのが最も効果的なようです。

とにかくCPUをkabyLakeのi7 7700Kオーバークロックで使用するのがPhotoshopとLightroomをもっとも快適に使用する秘訣のようですのでここに個人的なまとめ書きとして残しておきます。

なおCPUの買い換えについて、最後に書いておきますが、LGA1155世代の方は具体的に買い換えを検討しても良いと思います。

Ivy Bridge以前の世代のCPUが対象となります。
投資に見合うだけの効果が感じられるのは2012年以前のCPUを使用している方になります。

【将来のマルチコア最適化についての見解】

アドビが今後PhotoshopやLightroomをどのようにマルチコア対応させるのかという点について考えてみれば、近い将来に「最適化」してくることは考えづらいと思うのです。

現状では4コアですら使い切ることはまれで、GPU依存のエフェクトですら「数が少ない」という事を思えば、もともとそれほど「マルチコアを使い切る」ような処理を必要とはしていません。またそのような処理が今後増える可能性は少ないとみています。

なので6-8コアが標準化して、アプリが最適化を果たしても劇的な速度向上が見込めるかと言えば、少し難しいかも知れません。

こういった場合でも、やはり今と同じように「極一部の機能のみが速くなる」のは当分の間変わらないのではないかと思っています。


参考記事

gigazine.net

こういった「極一部のマルチコアに最適化された機能」のみを取り上げて、全体的な速度向上するかのように誤解させる記事には納得が行きません。

何百枚ものブラー効果をバッチでかけ続けるとか、そういう訳の分からない用途のみなら多コアモデルは確かに「速い」です。








関連記事

【レビュー】 LEDテープライトには驚いた Kohree


DSC00898.jpg

まとめ
■LEDテープライトはかなり使える
■部屋のおしゃれ感がアップ
■なんだか目にも優しい



今回はまだ認知度が少ないLEDテープライトを紹介しておきます。
テープライトというのはしばらく前から出てきた薄いテープ型のLEDライトです。

基本的には両面テープで何かに貼り付けて使いますが、消費電力が低く、USB電源で使え、ハサミで好きな位置で切って長さ調整できると云うかなり柔軟性の高いライトです。

僕は1年ほど前から使い始めましたが、わずかな期間で価格が大幅に下落しているので、いまの価格であれば安心して試してみることが出来ると云うことで紹介しておくことにします。

ちなみに僕は今まで4本のLEDテープライトを使ってきています。
1本は既に処分してしまいました。

処分した理由ですが、これは1年ほど前に購入したものですが、他のライトと比較してあまりにも暗く使い物にならないので致し方なく捨てました。
当時はこんなものでも3000円程度したはずですが、いまは1000円程度の製品でも特に問題なく使用できることを確認していますので、ある程度は安心して購入することが出来るはずです。

【LEDテープライトの基本】

まず大事なことは「間接照明」専用だという事です。
LEDライトでしかも素子がむき出しなので絶対にテープが「目に見える位置」に設置してはいけません。

そんな場所に設置してしまうと「眩しくて」どうにもならなくなります。
ほんの一部でも素子が直接目に見える位置に設置するとかなり眼が痛いので注意が必要です。

ですので絶対に何かの背後などに隠すようにして間接照明として使うモノです。

【LEDテープライトの設置場所】

これはもうアイデア次第でどこにでも設置できます。
極端な話しで言えばUSB電源なのでモバイルバッテリーを使用して一時的に来客時のみ使用することなども出来ます。
むろんこんな使い方は面倒なのであまり推奨できるものではありません。

僕が使用するのは主にテレビやモニターの背面に両面テープで貼り付けてしまうことです。

部屋にの中に設置するという事で言えば、僕の経験上ではこちらのLEDテープライトは設置場所をかなり選ぶような印象があります。
とにかく目に入らない間接照明的な位置で、USB電源を引っ張ってもコードが目立たず、部屋を綺麗に見せると云うことでなら、せいぜいモニター裏くらいしかないかなと思います。
もうひとつ考えつくのがPCの内部に設置して中を光らせることです。

僕は現在3本のLEDテープライトを使用していますが、すべてモニター裏です。
色々やってみましたが、ここが1番しっくりきて、部屋が綺麗に見えるという点では一番最初に試して欲しい場所となります。

【LEDテープライトのメリットとデメリット】

このライトは「デメリット」が思いつかないわけです。
うまい場所に設置できればとにかくいいことだらけです。

僕は先ほども行ったとおりテレビやモニター背面に設置していますが、このライトを点灯してPCのモニターを見ていると「モニターが見やすい」というのも感じています。
モニターというのはたいていの場合、壁に寄り添うように置く場合が多いのですが、そうすると背面のライトが背後の壁に反射してふんわりとした優しい間接光が回り込むので、目の疲れが確かに軽減するようです。

元々が間接光なのでパネルがグレアでもノングレアでも関係なく使えるので、その点でも用途を選びません。

また部屋が相当オシャレになる、というのも事実です。

知らない人が見たら結構驚きますし、それでいて実用度も高いという事であればオススメできると思います。

rt68ofv.jpg

【LEDテープライトの消費電力】

ワットチェッカーにて計測しました。
50センチを1本使用では3.3Wです。
50センチを2本使用で5.6Wでした。

一日8時間、1ヶ月毎日使用して電気代は約21.4円です。
2本使用で、36.3円でした。

それなりの明るさとはいえ、電気代は安いと云う事はいえると思います。
どのメーカーでもこの数値を目安にして頂ければ特に大きくずれることはないかと思われます。

DSC00889.jpg
上段の料金はリセット方法が分からなかったので気にしないでください。

【LEDテープライトの注意点】

知らないメーカーを最初に購入するときは確かに「博打」の要素は残っています。
この理由なんですが、主に「ライトが暗い」という事につきます。

僕が二本目に購入したものがまさにこれで、一本目に対してあまりにも暗いのでちょっと驚いたくらいです。
コントロール基板の問題なのか素子そのものの明るさが足りないのかは分かりませんが、テープライトは明るければ明るいほどモニターが見やすくなり、使い勝手も向上します。

なのであまり冒険せずに実績のあるテープライトを選んだ方が間違いが少ないでしょう。

また、もうひとつの注意点は、ライトの白色が青みがかったものとピンクがかったものがあるのを確認しています。
どちらでもオシャレなんですが、同じ部屋に設置する場合で近い位置での設置ですと、色味が合いません。

このため、例えばダブルモニターですぐ両隣に別々のテープライトを設置するという事なら、同メーカー品を揃えた方が間違いありません。

DSC00896-Edit-Edit.jpg


【LEDテープライトの切断位置について】

テープライトは素子と素子の間の好きな位置で切ることが出来ます。
この間に垂直の線が書かれていますので、この線の位置で切断してください。

この線は3.5センチ間隔で入っていますので、最短3.5センチ毎に切断できます。

【LEDテープライトのまとめ】

モニターやテレビの裏への設置という事ならまず間違いなく購入して後悔するようなことはありません。
それで気に入ったらアイデアを駆使していろいろなところに設置してみるという事も出来ます。

必要な長さなんですが、PCモニター程度なら50センチの長さがあれば特に問題ありません。
29インチ程度のウルトラワイドモニターでも50センチあれば十分だと感じました。

大画面テレビの場合は100センチで対応可能だと思います。

僕が最近購入したLEDテープライトは50センチが2本入りで1000円ちょっとなのでこちらを買えば大画面テレビからダブルモニターまですべて対応可能です。

ワンモニターでも上下にテープライトを配置するという事も出来ます。
この場合は明るさが単純に2倍になりますので、こういう使い方も有りだと思います。

目の疲れも明らかに軽減されますし、何よりも部屋がオシャレになり、部屋の照明を付けなくてもこちらの間接照明と手元のライトなどがあればそれだけで作業できてしまうほどです。

僕も購入前は「キワモノかな?」という偏見もあったのですが、あまりの安さに釣られて購入してみると意外に出来が良く、最終的にはテレビとモニターすべてに設置してしまいました。
1年ほど使い込んでいますが、つい最近出た格安品も手に入れてみると何ら問題のない製品だったので急遽ブログにしておきます。

最後に書いておきますが、確かに7色が使えますが、ゲーマーのモニターでもなければ単なる白色が1番使いやすいです。
ブルーやグリーンはPC内部を光らせる場合などに有利でしょう。
人によっては車の中に設置する人も居るようですが、僕にはその技術がないのでなんとも言えません。

ここ最近、急激に価格が下がり、1000円ほどで買えるようになってきているのでこの価格でこの性能と満足感なら、モニターやテレビをお持ちの方はまず設置を気軽に試すことが出来ると思いますので、オススメ品と共に紹介しておきます。



こちらは50センチが2本入りでこの価格です。
別途でUSB電源アダプターが必要ですが、近くにUSBがあれば問題ありません。
合計100センチなのであらゆるモニターと用途に使えます。
しかもこちらは以前紹介したe-リモートのWi-Fiリモコンとの相性も良く、組み合わせればスマホで自在にコントロール可能です。


lunaluna302.blog.fc2.com



側面発光/正面発光LEDテープライト120cm72smd【白ホワイト 青ブルー 橙アンバー 赤 レッド 緑 グリーン 電球色 ピンク あす楽対応 テープ型 メール便対応 防水 配線 太い カット 可能 取り付け簡単 3M製 12v ベースカラー 黒 白 両側配線】両側配線

価格:1,080円
(2017/4/14 14:55時点)
感想(3209件)





関連記事

【コラム】 おいババア、レジで後ろを振り返れ


61ca3b0553b6a487c0108515a435333b_s.jpg


まとめ
■ババアはレジで小銭を出すな
■素早くレジを通り抜けろ



僕は独身ですが、何が悲しいかというと食料品を買いにスーパーに行くときです。
この時ばかりは悲しみを感じます。

一言で言うと、とにかくレジでウダウダと小銭を漁るババアに腹が立ちます。

挙げ句の果てに「店員に言われてからポイントカードを探す」のはどうしてなのかと問い詰めたい気持ちです。

だって、毎日毎日同じスーパーに買い物に来ているわけでしょう?
毎回同じ事を聞かれて、同じ動作をするわけでしょう?

それなのになぜ、毎回毎回「言われてからポイントカードだの小銭を探すのか」もう訳が分かりません。

ババアがひとりだけレジで買い物しているのならいいんです。

ですが、おまえ後ろを振り返ってみろよと。

5-10人は並んでいるわけです。

にもかかわらず一向に「手早く済ます」という行動が見受けられません。

いいですか?
僕など自分の番が来たときには既に右手に小銭、左手にポイントカード、小脇には財布を用意して万全の状態で自分の番を待ち受けています。

店員が豆腐をビニール袋に積めようとすれば「そんなことはいいから速くして」と言い放ち、1秒でも速くレジを通り抜けることに命をかけているというのに、ババアときたらウダウダと実にマイペースでレジと相対しています。

レジって言うのはそんなに生やさしいものではありません。

5秒通り抜けるのがおくれたら殺し合いになる、そういう殺伐としているものなんです。

だからババアに言いたい。

とにかくそのパンパンに膨れ上がった財布くらいは事前にバッグから出しておけ。
毎回使うポイントカードやらは左手に用意して、小銭は空いているときにゆっくり探せよと。

混雑する時間帯に悠長に言われてから財布を漁るんじゃねーよ。

もし迷ったときは、とにかく後ろを振り返れ。

振り返って、延々と並ぶ行列の死んだ魚のような目をしてババアを見つめるその人々の痛みを心に刻みつけろと。

もっとカクカクと素早く動作をしてくれよ。

いいか、もう一度言う。

レジはちょっと通り抜けるのにまごまごしたら命のやりとりになる、そういう戦場なんだよ、クソババアがカップラーメンが出来上がるんじゃねーのと言う激遅のもたつく動作でなんとかなるような場所じゃねーんだよ。

だから頼む。

とにかくレジでは後ろを振り返れ。





関連記事

【コラム】 インターネットが劇的に遅くなった話し IPV6の威力

3013eeeddf02873ed93389257e63b0a1_s.jpg
現在のインターネットはこんな感じで大渋滞です。

まとめ
■インターネットは油断すると劇的に遅くなる
■いわれるがままIPV6とやらに変更すると劇的に速くなった



毎日、楽しくインターネットを閲覧していましたが、ある日突然インターネットが遅くなりました。
正確に言うと遅くなったなんて言うものではなく、普通のホームページですら開くことが困難なほどになりました。

昨日まで何事もなかったのに、夜、PCの電源を立ち上げてヤフーのニュースでも見ようかとポータルサイトを立ち上げると描画が遅く、リロードしても改善しません。
何回かに一回はエッジブラウザに雲マークが表示されて、インターネットに接続できない旨の表示がなされます。

即座に僕は「モデムかルーターがバグった」と判断して、家のモデムとルーターの電源を落として再起動しましたが、まったく改善しません。

AmazonのKindleアンリミテッドで雑誌をダウンロードしようとしてもそのまま固まる状態で、もはや日常的なインターネットですら困難な状況に陥ってしまいました。

何が何だか分かりませんでしたが、Win10のアプリストアからネットワーク計測アプリを落としてネットワークスピードを計って見ると、なんとわずか0.3Mしかスピードが出ていません。

自宅の回線はNTTのBフレッツ光です。
これは理論値で上限が100M有りますが、これは深夜などの条件の良いときにモデムに有線直結で時々見られる数字なので、中継器を間に噛ました状態では、だいたい8-35M位をウロウロするので、この0.3Mという恐るべき数値はもはやインターネットが「停止している」といっても言い過ぎではありません。

ただ、昨日まで何事もなかったので、一時的な現象だろうと自分を納得させましたが、なんとその日から毎日毎日速度にブレがあるとはいえだいたい夜間の8時くらいから夜中の1時くらいまで、ほぼ0.3M-8M位しか速度が出なくなりました。

ちなみに深夜や日曜日の昼間などは35M位でるので機器的な不具合とは思えませんでした。

一週間、その状態で我慢を重ねましたが遂にぶち切れてNTTへ電話することにしたのでした。

【魔法の言葉IPV6】

ネットワークの問題で専門用語を駆使して詳しく解説してもおおよそ8割の人は「何を言っているのか分からない」のが現状です。
僕も今回の件でいくつものサイトを訪問してバリバリの専門用語のサイトを見てみましたが、結局内容の多くは理解できませんでした。

なので、結果としてインターネットの速度は改善したが、簡潔に書くと「キモはIPV6と云う単語」でした。

この単語をプロバイダーから引き出すのに数日掛かりましたが、結果としては以前よりも劇的にネットが速くなったので簡単にその顛末を書いておきます。

【NTTとプロバイダーの間で苦労する】

基本的には訳も分からずに回線業者に電話してもなかなかIPV6のことは教えてもらえません。
教えてもらえないどころか、回線業者とブロバイダー双方で電話をたらい回しにされます。

僕はNTTでしたが、総合から回線故障番号に回され、あげくに「回線が混んでいると思われます」とごく普通のことを言われただけでした。
解決策を探して食い下がるとNTTはいいました。

「プロバイダーかもしれないので回線チェックをお願いして欲しい」と。

そこでプロバイダーに即座に電話をかけましたが、プロバイダーはNTTの方かもしれないと言うので、たらい回しの予感を断ち切るために僕は、いまNTTからこちらに回されてきたと言いました。

また、こうも言いました。

「NTTから回線チェックをプロバイダーに頼んでくれ」と言われてきたと。

すると渋々ながらプロバイダーは「二週間ほど頂きますがよろしいですか?また、テストしても何ら問題がない場合もございます」と言うので、構わないのですぐにチェックして欲しいと伝えました。

結果は意外に早く3日ほどで出ました。

なんと原因はNTTの言うとおりで、プロバイダー側の混雑が原因でこの劇的なスピードダウンが起こっていたのでした。

平謝りするプロバイダーは最後に僕にこう言いました。
「IPV6に切り替えると混雑が緩和できる可能性が高い」

87c944adc4a989ccda57146d5e864731_s.jpg 

【IPV6とは何か】

普通なにもしていないで使っている回線はIPV4という従来のルートを使っています。
これは例えると「渋滞の発生しやすい一般道」のようなもので、普通はみんなこのIPV4での接続です。

この為、夜間などみんながインターネットを使い出すと「渋滞」が起こりやすくなります。

ところがこの回線をIPV6に切り替えると「高速道路」に乗り換えるようなもので、恐ろしくスピードが出ます。
しかも切り替えるだけなら「無料」で、手続きするだけですみます。

実際に僕の環境では夜間0.3M-8Mという激遅の回線が常時15M-35Mという速度に改善され、深夜ならなんと50M以上出るようになりました。

50M以上なんていうスピードはIPV4の時は見たことがありません。
なので効果は劇的に高いと云う事は断言できます。

これにより家のルータにつないであるスマホも超快適になりました。

【IPV6に切り替えるために】

とにかく専門用語の訳の分からない説明を聞いてもしょうがないので、まず回線業者に電話してIPV6に切り替え可能か聞いてみましょう。
そこでIPV6がOKなら、次にプロバイダーに電話してIPV6に切り替えたいと申し出ましょう。

キモは「自分で勉強しない」という事だと思います。

基本は電話で聞きまくるのが正解です。
どうせ聞いても分かりませんので、無駄な努力をするよりも電話を駆使する方が得策です。

そこで指示に従って回線切り替えを行うのがもっとも簡単かつ速いと思います。

ただし、自宅のルーターは必ずブリッジモードに切り替える必要がありますので、ここだけは説明書をダウンロードして設定する必要があります。
たいていの場合、IPV6という項目があるはずです。

日本製のルーターならそんな難しいことはないはずなので、勉強するのならここに力を注ぎ込みましょう。

キャプチャ4
これがIPV6の威力。ダウンロード58M越え。これはちなみに無線接続です。
有線接続ならもっと速いと思います。



【IPV6まとめ】

今、何の問題もなくインターネットできている方も、僕のようにある日突然この症状が出る場合があるので油断はできません。

将来のトラブルに備えて今のうちにIPV6に切り替えられるのなら切替手続きをしておくと良いと思います。

今回の一件で下手をすると回線かプロバイダーの変更も視野に入れていましたが、IPV6への切替だけで劇的に改善したので大事にならずに済んでラッキーでした。
もし、業者変更しか方法がないとすると途方もない手間暇が掛かりますので、考えるだけでうんざりします。

最後に今使用している回線がIPV4なのかV6なのか確認するサイトを掲載しておきますので、チェックしておくと良いでしょう。

インターネットがかなりつながりやすくなるので、いざという時の防災などを含めたトラブル時のことを考えてもV6は意味があると僕は考えています


www.plala.or.jp



test-ipv6.com


より詳しくテストしたい方はこちらもどうぞ。






関連記事

【コラム】 小田原のボロくてアヤシいラーメン屋 【ラーメン庄太郎】


SDIM0037.jpg 


それはアヤシいお店でした。

ドライブの時に何度かチラリと目にはしていましたが、「廃屋」だと思っていたので、僕はてっきり潰れて人が住んでいない家だと思っていました。

外壁には蔦が乱雑に絡まり、建物自体もそれ相当の年月を感じさせます。

この道は最近よく観光している伊豆半島へつながる幹線道路としてよく使っていますが、いつも午前中に通過するので何度かこの廃屋を目にはしていましたが、何しろ車で走りながらなので横目でチラリと見る程度です。

それまでは彼女とふたりで「潰れちゃったお店」として数回話題には上がりましたが、なんだかよく分からないのでスルーしていたのです。

そんなある日のことでした。

その日は、暖かい日差しの日曜日の事です。
伊豆に向かう道すがら、伊豆半島への幹線道路はいつもの如く大渋滞が始まっていましたので、たまたま店の前で車が停止したのです。

何気に僕はその汚らしい廃屋のような建物を改めて眺めていると、にわかに絶句致しました。

SDIM0037-2.jpg 

なんかいる。

SDIM0037-3.jpg 

SDIM0037-6.jpg 

金色の親子らしきワニが公共の街路樹にワイヤーでくくりつけられています。

しかも貼ってあるポスターらしきものもなんだかよく分かりませんが・・・・

SDIM0037-4.jpg 

いろいろと逝っちゃってる感じはします。

よく調べてみると「ラーメン庄太郎」という評判の良いラーメン屋でした。
食べログの評価なのでまったく当てになりませんが、ラーメンで激マズいなどそうそうないので、特に問題ないのでしょう。

残念ながら、このお店の営業時間は夜らしいので、ぼくはほぼこの時間帯にはこちらの道を通りませんのでお店の中に踏み入ったことはありませんが・・・機会があれば食べてみます。






参考サイト

loco.yahoo.co.jp


関連記事