ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ガーミン/登山GPS関係/アプリ >  GARMIN FENIXという腕時計型GPS端末を買うべきか?

GARMIN FENIXという腕時計型GPS端末を買うべきか?

まとめ
★バッテリーの関係で、デイハイク専用かスマホと連携プレー前提
★リアルタイムのデータ入手性は最高



IMG_3491.jpg


僕が所有しているのは、FENIXJという日本正規品の方ですが、正直、オススメできません。
もし購入するとなると「英語版」の方がずっといいと思います。

理由は、英語版の方が「ファームウェアの更新が速い」という一言に尽きます。
ただし、故障したら1ヶ月近い時間とそれなりの費用もかかりますので、そのあたりは覚悟して下さい。

おそらくですが、最新のFENIX2でも状況はまったく同じだと思います。
地図がもともと載せられないので、英語版でも何の問題もありませんが、電話サポートを受けられないのが地味に痛いと思います。
独特な用語があるので、単語が分かっても意味不明な事がよくあります。

この機種はいろいろ問題があるのですが、使った経験から云うと、バグが多すぎるというのは言えると思います。
日本語版では、ほぼまともに動きません。

おそらくその理由は、ファームにバグがあると云う一点につきますが、あまりにも不安定で、デイハイクの登山でもまともにログがとれているのは数回に1回という感じです。

そのことは何度も正規代理店のいいよネットと電話でやりとりしましたが、原因が特定できることの方がまれなのです。

ファームウェアの更新が新たなバグの引き金を引き、いったいいつ安定するのかもはっきりと分かりません。

特にここ最近はガーミンコネクトなどの仕様変更アップデートなどもあり、ガーミンのHP自体が安定していません。
数ヶ月まともに動かないなどザラなので、1機種のファームが安定するなど期待するだけムダかもしれません。

ですので、僕などは、FENIXを使用するときは、内部に記憶されているトラックログやルートなどは極力消去していますし、できればナビゲーション中のページ設定などは行わない方が無難だと思います。

正確に言うと何が原因で不安定になるのかまったく分からないのです。

ですので、余計な設定は一切行わない方がログ記録の確実性が増します。

ファームウェアの更新で新たなバグが現れたのか、それともなんらかの設定がバグの引き金を引いているのか、内部のトラックログの蓄積が悪影響を与えているのか?いろいろな原因が考えられるので、特定することは不可能だと思います。

ポータブルタイプのGPS機と比較しても、この手の腕時計型GPSの不安定さは際立っていて、安定的な運用は非常に厳しいでしょう。

以前にも書きましたが、ポータプルタイプでも発売初期はほぼまともに動きませんが、ある程度の期間で動作が安定してきます。そこまで行き着けば、故障以外はたいした問題も無く運用可能なのですが、FENIXのようなタイプはまったく安定しません。

なのでクリティカルな環境にこれだけを持っていくというのは自殺行為です。

要するに、この機器は、1日限定の用途に向いています。






それもこれでトラックログを記録しようなどとは思わないことです。
うまく記録されていたらラッキーくらいのおおらかな気持ちでないと、とても運用できません。

ログの精度は、だいたい同社のetrexシリーズと同等なのですが、例えばバッテリーで夜間に充電をかけながら数日にわたるログをとり続けるなどという芸当はちょっと難しいのです。
何かの拍子にバグって止まり、電源を入れ直すまで復帰しないこともありますし、画面は正常でも家に帰ってログを取り出すと途中が消えていることもよくあります。


注記
ファームversion2.5で改善されたようです。
こちらも厳密に測定しました。トラックログ記録頻度はetrexやオレゴンなどと比較すると、一段階、記録密度が高いようです。つまり、ログのポイント数が多くなります。

今のところ、登山などでは「低」設定での使用を推奨しておきます。
低設定でトラック距離の記録誤差は約5%以内に収まってきます。


注記
GPSファームウェア3.30アップデート後のチェック完了しました。非常に安定しています。
これなら実用になるでしょう。



というわけですが、この機種の素晴らしいところは、リアルタイムで様々なデータを見る、という一点にかけてはetrexなどが逆立ちしてもかなわないくらいの利便性をユーザーにもたらしてくれます。

センサーさえ接続していれば、心拍・周辺温度・高度・記録距離・標高差・歩行スピード・勾配など多数の有益なデータに瞬時にアクセスすることができるのです。

これらのデータにより、数値で現状を把握することができます。

これだけでもこの機種を購入する価値は十分にあると思います。

腕時計型のため、瞬時に各データにアクセス可能で、リアルタイムでのデータの入手性を優先するなら、これ以上の機種はないと断言しておきます。

最新の注記
ログが安定してとれるようになってきたので、本当に「使える」機種になりました。
これだけ安定してくれれば,これ単独でもスマホと組み合わせて実力を発揮できると思います。
ただし、FENIXとスマホは絶対に組み合わせなければなりません。
地図がないので,いざというときにはスマホで位置確認をしなければなりません。
平時から、スマホにはオフライン参照可能な地図を入れておく必要があります。


<安心のGARMIN社 正規輸入店>フェニックス2J 日本語版(fenix2J)高感度GPS トレーニングにも最適!ABC腕時計フェニックス 2J(fenix 2J)【送料・代引手数料無料】GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

価格:47,628円
(2015/1/23 00:06時点)
感想(0件)




こちらは最新型のFENIX2ですが、問題点が解消されたとはとても思えません。
これはこういう物だと思って使う方がイライラすることが少なくなると思います。
機能が豊富になっているのですが、それが間違いの元で、バグも多くなるだけです。

Garmin Fenix Hiking GPS Watch with Exclusive Tracback Feature 英語版 GPS搭載 時計 ウォッチ ランニング マラソン トライアスロン 自転車 トレーニング 最安値挑戦中! 1年保障【smtb-k】【w3】【YDKG-k】【W3】

価格:26,700円
(2015/1/23 00:09時点)
感想(0件)



こちらは旧タイプのFENIX英語版。この価格ならお買い得だと思います。

こちらの記事もオススメです
ガーミン心拍計の使い心地 登山使用におけるインプレッション
GARMIN ワイヤレス温度センサー ガーミンtempe



関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL