ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ウルトラライト登山/装備 »インパルス ジャケット 軽量ウィンドブレーカー ノースフェイス

インパルス ジャケット 軽量ウィンドブレーカー ノースフェイス  

インパルス ジャケット 軽量ウィンドブレーカー ノースフェイス


まとめ
★超軽量ではないが、十分軽い
★安心感はある
★フルジップなので強風の時も着るのが楽



IMG_3533.jpg


ノースフェイスの定番軽量ウィンドブレーカーです。

カタログ値で65グラムですが、Mサイズの実測値でスタッフバッグ入りの状態で68グラムなので、ほぼ公称値通りです。
世界最軽量クラスが47グラムなので、21グラムの重量増加になりますが、世界最軽量ジャケットがすべてハーブジップのプルオーバーなので、単純には比較できません。

このインパルスジャケットは、フルジッパーのタイプで、強風時も脱ぎ着が非常に楽です。
それに最新の世界最軽量のジャケットが7デニールという非常に薄い膜のような素材で作られているのに対して、明示されていませんが15デニールクラスの生地で作られているので、安心感はかなり上だと思います。

僕は普段はマウンテンハードウェアのゴーストウィスパラーアノラックを使っているのですが、素晴らしい軽さと速乾性の反面、破れやすい素材とあまりの生地の薄さのため風をそれなりに通してしまうと云うのがあるので、冬はインパルスジャケットの出番が多いのです。

インパルスジャケットはポケットはついていませんが、脇腹部分にチケットやスタッフバックを収納する小型ポケットはつけられています。それ以外に収納スペースはありませんし、フードもありません。
つまり、このウィンドブレーカーは体幹を守るということを主に、おそらくランニングなどを考慮してフルジップの脱ぎ着が楽という事と多少の小雨にも対応する事を念頭に開発されたのだと思います。

そのあたりの事は、このインパルスジャケットを実用すると十分に実感することができます。

素材に厚みがあるため、超軽量ジャケットよりも格段に防風性能は上がり、プルオーバータイプと比較すると、フルジップのため強風下でもインパルスジャケットの着用はとても楽なのです。

一度、山頂で強風に吹きまくられて体温がだいぶ下がったときに、あわててウィンドブレーカーを取り出したのですが、強風下ではプルオーバーはとても着にくく、イライラしたのを覚えています。

雨への対応は、どしゃ降り一歩手前くらいの雨なら10分くらいは持ちこたえてくれます。縫い目から浸水してきますが、これは致し方ありません。樹林帯の小雨くらいならそこそこ持ちこたえてくれると思います。

ノースフェイスの中では「定番」と化しているだけあって、このインパルスジャケットは普段使いもできるウィンドブレーカとしてはなかなかよくできた製品だと思います。

特に寒い季節の行動中にはおるジャケットとしては、世界最軽量クラスのウィンドブレーカーよりも間違いなくこちらの方をオススメします。やはり素材の厚みが安心感につながる部分もありますので、冬などはこれくらいの性能は必要だと思います。

なお、スタッフバックに収納した状態でテニスボール大の大きさです。


【web限定クリアランス】ノースフェイス 【THE NORTH FACE】 インパルスジャケット NP21482 グレイシャーグレー(GY) 02P01Nov14【05P10Jan15】

価格:7,182円
(2015/2/2 03:49時点)
感想(0件)





THE NORTH FACE(ノースフェイス) インパルスジャケット男性用 NP21482THE NORTH FACE(ノースフェイス) インパルスジャケット男性用 NP21482
()
THE NORTH FACE(ザノースフェイス)

商品詳細を見る




関連記事

category: ウルトラライト登山/装備

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/116-b6b030d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop