ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ガーミン/登山GPS関係/アプリ »ガーミン用 日本高精密地形図導入 その2 問題発覚

ガーミン用 日本高精密地形図導入 その2 問題発覚  

TKAプラネットの地図をGPS用にアップグレード購入して約二ヶ月、そこそこ使いこなしたので再度感想を書いておきます。

大きな問題点が明らかになりました。

最近、ガーミンでルート機能を駆使して登山のナビゲーションに活用しています。
今までは単にログ記録のみに使用していましたが、これではせっかくのGPSがもったいないのと、登山中に目的地までの残り距離を具体的に表示させたかったので、ルート機能を駆使することにしました。。

普段はベースキャンプを使用してルートをPC上で作成してしまいますが、オレゴンであれば山頂とスタート地点にピンを打てば一発で登山道に沿ったルート検索が可能です。それもマルチタッチで簡単にルート検索させることができます。本家のTopo10Mではルート検索できないので、TKAの地図の利点でもあり、この機能を活用しないわけには行きません。

しかしです。
いろいろな山を試してみると、ルート検索が出来ないのです。
ピンを打ち、ルート検索しても「計算外エラー」が表示されて、なかなか登山道にルート設定できません。
最初はガーミンのファームウェアのバグかと思いましたが、TKAに問い合わせると、答えが明確になりました。

なんと、登山道に見える破線が一部でも途切れているとルート検索できないのです。

例えば丹沢の有名な大山がヤビツからも男坂からもルート設定できません。電話していて分かったのですが、地図を拡大していくとグレーの登山道でなければそこは登山道として扱われていないのです。
更に、グレーの登山道がよく見ると途切れています。ここは休憩地点であったり、山小屋であったり、理由は様々ですが、つながっていないのです。

サポートは、国土地理院の地図に基づいているので、国土地理院が登山道としてつなげていなければそこは途切れています。あくまで国土地理院の地図がそのように登山道として不明瞭だという扱いであれば、登山道ではないという事です。

このようにたった1カ所でも登山道としてつながっていなければ、ルート検索時に「計算外エラー」を吐き出してしまい、全く使い物になりません。

と云うわけで、ルート検索機能は、運良く登山道が山頂まで完全につながっていなければ、設定できません。

どうしてこのように意味不明な仕様なのかは想像するしかありませんが、単に国土地理院の地図をトレースしているだけだからこそ発生する問題でしょう。ユーザーのことを考えれば、登山道として山頂まで責任を持って1本につなげるべきです。

登山道が不明瞭などとという言い訳はするべきではなく、ヤビツ峠から大山山頂のルートは多くの登山者が利用する一般的なルートです。これすらルート設定できないのであれば、いったい何の意味があるのか訳が分かりません。

単に地図をトレースするだけではなく、ちゃんと登山道として認識できるように改めてもらいたいと思います。

参考記事
【まとめ】ガーミン登山用GPSのオススメ9選  





関連記事

category: ガーミン/登山GPS関係/アプリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/12-44a84e00
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop