ブログなんかめんどくせえよ ホーム » 男の逸品 »ZIPPOライター ベトナムジッポーのことも少し語る

ZIPPOライター ベトナムジッポーのことも少し語る  


ジッポーライターには、何か男の浪漫のような物がつまっています。

DSC03771.jpg


20歳の時にタバコを吸い始めてから、愛用し続けていますが、いつも何かの拍子になくしてしまうので、今使っているモノはたかだか4年ほどの使用年数の若いものになります。

昔はデザイン性の高い物を好んで使ってきましたが、ある程度使い込むと一番シンプルな#200番といわれる最も定番なモノに落ち着いてしまいました。
結局、ここにいきついてしまうんですね。ジッポーを極めたとは云いませんが、ジッポーの使用回数ならそうそう負けません。
もともとヘビースモーカーなので、一日の着火回数がとても多いのです。

でも、無くしてしまうのです。いい感じに傷ついてきた頃に、紛失してしまうので、壊れて修理に出したというのは記憶の限りでは1回しかありません。

確か、外装のヒンジが壊れたので修理に出したのでした。

これは簡単に直った帰ってきたのですが、なぜか新品のインナーユニットが1つつけられて帰ってきました。もちろん、古いインナーユニットも一緒に帰ってきましたが。

#200番のいいところですが、やはり長い年月で必要なモノだけに絞られたデザイン性の良さでしょう。
まるで戦車や戦闘機のように「必然の常重ねの結果としてのデザイン」が見事に体現されています。

そこには「ムダなモノ」が一切無いのです。

それがジッポーの定番と云われる永遠のスタンダード#200番です。

傷のひとつひとつ、外装の剥げ、全てが使ってきた人間の歴史を物語るモノはそうそう多くはないと思います。この傷が価値を持つ、それがジッポーライターだと思います。

マニアの中には各年代の#200番を集めている方もいますし、自分の生まれた年の200番を探している方もいます。
僕も生まれた年のジッポー200番はぜひ欲しいと思ってます。
これはなるべく早いうちに買っておいた方が、入手性も価格も手ごろな物になりますので、欲しい方は急がれた方が良いと思いますが、200番ならモノが枯渇しているわけではないので探せば普通に見つかります。

ジッポーの故障に関してですが、普通に使っている限り、相当にヘビーな使用をしない限り10年単位で壊れることはまずありません。普通は壊れるよりも先に紛失してしまいます。

僕のジッポーで壊れたことがあるの外装のヒンジだけです。ここは数年の使用でも緩くなってきます。10年単位でヘビーに使用しているとまずここがダメになりますが、ジッポー社に送ると、ヒンジはカンタンに修理してもらえます。
ただし、インサイドユニットは修理ではなく、いかなる場合でも「新品交換」になります。その場合も「古いインサイドユニット」は返却してもらえるので安心です。愛着のあるインサイドユニットもありますから。

消耗品は、着火用の導火線は比較的すぐにダメになります。
経験上、だいたい2回くらい炭化した部分を切り取って使うのが限界です。着火しづらくなった場合、まずここを交換するのが先決です。ここは炭化部分を切り取らないと、火のつきづらさは改善はしません。

僕は軽い登山を嗜むのですが、ジッポーは残念ながら持ち歩くことはありません。
まずもって重い、ということが理由の1つです。
日常使用では最高のアイテムなのですが、1グラムでも重量を削る登山では無視できない重さがありますし、万が一オイルを入れ忘れたりすると笑い事ではなくなることもあるので、ジッポーは持たないようにしています。

それから、有名な「ベトナムジッポー」についても云っておきますが、「本物の入手」は不可能です。
市場に出ているベトナムジッポーは100%偽物です。

これは僕が若い頃、つまり25年前時点でも入手は不可能でした。既にコレクターがいましたし、当時ですら本物はマーケットに存在していませんでしたので、あれから歳月が経って、いまだに入手できるなどと云う事があるわけないのです。

昔、アメリカの有名なベトナムジッポーコレクターの方も云っていました。
その方は、「本物」を手に入れるために当時から既に「ベトナム帰りの兵士」の自宅を回って、頼み込んで売ってもらっていると。それでも、愛着のあるジッポーを手放す方は少なく、「本物のベトナムジッポー」を手に入れるのは至難の業であると。

アメリカの有名なコレクターですらこの有様なのですから、マーケットに売られているベトナムジッポーは本物であるわけがありません。今売られているベトナムジッポーは、既に「ベトナムの民芸品」とかしていますので、普通に壊したり、傷をつけたり、さびさせたり、薬品をかけたり、地中に埋めて古い味を出したりと、あの手この手で「本物を装って」います。
有名な図柄のストックもこの手の詐欺業者は数百種類持っていて、酷いときには当時の本物のジッポーに刻印のみして売りさばいています。

なので、もう既に本物と偽物の区別すらできません。

なので、いまだに楽天などで検索すると「大量のベトナムジッポー」が引っかかってきますが、これは偽物ですので、絶対に騙されないようにしてください。
本物のベトナムジッポーを手に入れたいなら、その筋のマニアから「来歴のわかるもの」をそれなりの価格で直接買い取る以外に手に入れる方法はありません。




ZIPPO(ジッポー) スタンダード クローム サテン仕上げ 200ZIPPO(ジッポー) スタンダード クローム サテン仕上げ 200
()
ZIPPO(ジッポー)

商品詳細を見る


隔週刊 ジッポーコレクション 2015年 2/17号 [分冊百科]隔週刊 ジッポーコレクション 2015年 2/17号 [分冊百科]
(2015/01/20)
不明

商品詳細を見る

関連記事

category: 男の逸品

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/120-1ff10a32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop