ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ガーミン/登山GPS関係/アプリ >  TOPO V3最新GPS地図が発売されて心が揺れている話

TOPO V3最新GPS地図が発売されて心が揺れている話

 TOPO V3 最新地図が悪名高い、いいよネットから発売されて、実は、迷っています。

この最新地図には、ついに「ルート検索」機能が実装されたので、GPSマニアとしては心が揺れているのです。
いままでのV2にはオートルート機能は装備されていなかったので、このTOPO V3は、市販GPS地図としては最も優れた地図となった可能性もあります。

僕はいままでずっと英語版の機種にTKAプラネットの全国版日本高精密地形図を使っていますので、オートルート機能はついているとはいえ、これが問題だらけで、実際には有名ルートではほとんど使えないという代物でした。それ以外にも地図が重くて処理速度が遅いというのもあって、できれば本家の地図を使ってみたいと考えていますが、このあたりは他の問題があるので、迷いが生じます。

いいよねっと問題点
★日本語版のGPS本体価格が高すぎる
★日本語版のファームウェアの更新速度が遅すぎる
★日本の「みちびき衛星」の効果がほとんどない






いいよネットの提示する本体価格が異常に高いというのは有名な話なので、ここでは多くを語りませんが、本当に問題なのは「ファームウェアの更新速度」です。

僕はFENIXJ日本語版を使用していますが、こちらは当然のことながら、いいよネットから提供されるファームなのですが、これの更新がとんでもなく遅いのです。
もう本当に本国で更新されてからいったいいつそれが日本語版のファームにアップデートされるのか、まったく分かりません。一年以上放置プレイというのも珍しいことではなく、やっと提供されたかと思えば「バグだらけ」というのが毎回で、日本語版を使うメリット以上にデメリットが大きいのです。

ガーミンのGPSを使っている方ならよく分かっている話ですが、毎回異常な数のバグが有り、ガーミンを使うということはバグとの戦いです。
ですので、発売半年くらいは手が出せず、その後は安定してくるとはいえ、アップデートで新たなバグが誘発されるということも起こるので「安定性」が優先されるGPSなのにソフトウェアはなかなか安定しないというのが通例です。

しかし、一応ガーミンの英語版なら比較的迅速にアップデートが行われるので、致命的なバグは次第に収束してきます。
でも、日本語版は、まったく安定してきません。
何年も不安定なまま使うというのも機種によってはよくある話です。

例えばFENIXJなら、買ってから数年、キチンとまともにログがとれたのは数えるほどしかありません。
ほぼ何らかのバグだということだけは見当がついているのですが、対処方法がなく、もはやログ取りをメインにするのは諦めています。
僕の場合、心拍センサーやら温度センサーを接続して、データページもかなりいじっているので、このあたりで何らかのバグが起きているのか、それとも元々こうなのかすらよく分からないのです。

こういう経験があるので、ただでさえバグの多いガーミンのGPSで、ファームの更新速度が異様に遅い日本語版でまともに機能するのか?という疑問がぬぐえません。

嘘だと思う方は、米国のガーミン公式ページの何の機種でもいいのでアップデート履歴を見てみてください。
更新のほとんどが、「改善」とか「fix」と記述されているのが分かると思います。これは全部バグです。

あとは、日本の税金を使って打ち上げられた国民の財産である「みちびき」を一企業が勝手に制限をかけて日本語版しか受信できないように手を打っているというのは置いておくとして、思ったほどの効果はありません。
TKAプラネットなどで自社販売分はみちびき対応としてGPSを売っているようですが、画面を見る限り衛星番号が255なのでこれは受信できていないと思います。
【実はこれがよく調べてみると微妙で衛星番号255というのは正式対応していない場合のみちびきの衛星番号193の代替番号だという話もあります。つまり255が表示されていれば衛星の信号受信は出来ていると云うわけです。となると、いいよネットの公式ホームページに堂々と掲載されている情報は何なのかと思います。実際のところ、真実はどこにあるのでしょうか?】

いいよネットの公式ページでこれは明示されていますから、TKAプラネット側の勘違いでしょう。
公式のホームページで否定されているにもかかわらず、一切引っ込めることなく「みちびき対応」を歌っているのも凄いですが・・・

話が脱線しましたが、「みちびき受信」の日本語版でも「思ったほどの効果」はありません。
ほとんど誤差範囲なので、受信可能かどうかはその製品を購入する理由にはなりません。

というわけで、僕が躊躇する大きな理由がファームウェアの更新速度の遅さなんですね。
これさえ何とかなれば日本語版のTOPO V3をぜひ使ってみたいのですが・・・

うーん、悩ましいです。

もう少し悩んでみます。



いいよネット
TOPO V3地図へのLINK


≪楽天Ranking受賞≫【TOPOV3特典付き】☆eTrex 20 J 日本語版【送料・代引手数料無料】(eTrex20J日本語版)≪あす楽対応≫GARMIN(ガーミン)

価格:44,712円
(2015/2/11 02:50時点)
感想(4件)





【TOPOV3特典付き】☆eTrex 30 J 日本語版【送料・代引手数料無料】(eTrex30J日本語版)GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

価格:67,068円
(2015/2/11 02:50時点)
感想(2件)




この価格!!!さすがに高すぎるが、いまならTOPO V3付きでセット割りになっています。
それでも高いんですけど・・・

20と30なら、絶対に30です。20の英語版を使っていましたが、高度がかなり狂うのと、なによりも温度センサーや心拍計などの周辺機器は30でないと使用できません。
これが地味にいたいのです。

2015/02/10日に、いきなりのGPS本体の値上げがありました。
元々高いのに、更に値上げとは、なかなかやります。





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL