ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  サバイバルグッズ 登山&装備 >  【試食】 尾西の五目ごはんの味 アルファ米を食べてみた

【試食】 尾西の五目ごはんの味 アルファ米を食べてみた

尾西の五目ごはん アルファ米 フリーズドライ

とにかく不味い(個人の感想です)
■何回食べても不味い
(個人の感想です)
■世間での評価は高い
■大量買いしてはいけない



IMG_3810.jpg

IMG_3811.jpg


これはよく分からない非常食なんですが、何が分からないのかというと、アマゾンとかブログとか、とても評判が良くて、僕の味覚が間違っているのか?と常に自問自答が絶えない防災用食料品だからです。

最初に食べたのは五年ほど前になりますが、登山に誘ってくれた20年来の友人の女の子たちと箱根の神山に出かけたときのことでした。
知らぬ間に食料係になっていましたので、何かおいしいものを食べようということで、一人分がパッケージ化された尾西の白米を3つと、グリーンスープカレーを人数分揃えて持っていったのでした。
どちらも軽く、そういう意味では満足で、みんな山頂でおいしいカレーが食べられると楽しみにしていました。

山頂で食べた尾西の白米を使ったスープカレーの味は・・・・

不味い。

食べ物を粗末にするようでこういう話は書きたくないのですが、二人は半分ほどで捨ててしまい、僕は何とか食べきりましたが、この恐るべきまずさのため、しばらく考え込んでしまいました。

このマズさの根本的な原因は、そう、尾西のご飯そのものです。

ですが、この時はまだ半信半疑でした。

何か作るときの手順を間違えたとか、戻す時間が少し速かったのかと、いろいろと疑ったのでした。
この疑問を解消する為に、自宅戻り、期間をおいてから再度挑戦しました。

結果は、確信に変わりました。

これは不味い。何をどうやってもこのご飯そのものが根本的に不味い、と疑念が確信に変わりました。

なんといったらいいのかパサパサ感と微妙な薬品臭さと、白米とは言えない微妙な味に、これ単独ではちょっと食べるのが難しいし、味噌汁などで流し込むとかいろいろ工夫しないと食べきるのが困難だと感じます。

自宅で再度挑戦したのは、少しはマシだろうと「尾西の五目ご飯」なんですが、うん、不味いです。
正確に言うとこれは「僕たちがいつも食べているご飯」とはまるで違うものです。
古米を更に置きっぱなしにしたものを、水少なめで炊き、更に何かの臭いを足したような感じです。

これがアマゾンやブログで絶賛?

何度もレビューを読み返しましたが、どうにも納得いきません。

やはり僕の味覚がおかしいのだろうか?

このブログにも書こうと思いましたが、あまりにも世間の評価とかけ離れてるので躊躇していました。
数日前に、更に検証するために「尾西の五目ご飯」に再挑戦しました。

この時は、1日何も食べずにお腹をすかせた状態で、再度きっちりと手順を確認して作ってみました。

結果は、何も変わらないです。衝撃的なマズさです。

お腹がすいていたので2食分に挑戦しましたが、無理でした。
もちろんこれは防災食品であり、保存食であることは分かっていますが、それを完全に理解した上でも「尾西のご飯」がおいしいというのがまったく理解できません。

それは昔に比べたら格段に味が向上しているのは,他のブログを読んでも理解できます。
ただ、「おいしい」というのとは違うのでは?

いや、すみませんでした。

世間でこんなにも評価の高いものをおとしめるとはきっと僕の味覚がおかしいのだろうと思います。
防災食品のグルメ界では三つ星評価の素晴らしいものなんだと思います。

「尾西のご飯」おそるべし。

僕は、防災用備蓄食料はカロリーメイトに絞ることにしました。
「尾西のご飯」を食べた後では、カロリーメイトがケーキに見えます。
こんなにおいしくて10-15年でも実際は保管できるとは驚きの防災食料です。
[カロリーメイトの保存期間については、ネットで15年まで確認されているようですが、事実かどうかは分かりません。でも、僕は信じて食べる予定です]

カロリーメイトの保存期間の参考サイト
15年前のカロリーメイト

なお、このブログのこの記事を読んでくださった方が、「尾西の五目ご飯」を試食してくださったようです。
それによると、「普通よりちょっと上」の評価だったみたいです。
すいませんでした。

やはり、僕の味覚が間違ってました。長年、ツナ缶と永谷園のお茶漬けとかを食べていたら、味覚が死んだのかも知れません。

食べてくださった方の記事はこちら。
ブログ 軽装夜間 尾西の五目ご飯


注記
なお、尾西のご飯は「試食なし」で備蓄用の大量買いはオススメできません。
必ずひとつ購入して試食してから備蓄してください。
結構やばい感じになります。

なお、こちらの記事はコメントをたくさん頂きましたので、目を通してみてください。



これが噂の尾西のご飯。
高評価レビューが怪しさ満点です。




カロリーメイトブロック 5種詰合せセット(4本入×4箱×5種類)【楽天24】[カロリーメイト バランス栄養食品・栄養調整食品]【イチオシ】

価格:4,024円
(2017/7/27 01:03時点)
感想(20件)



 
関連記事
初めまして。
私も食べてビックリでした。
奈良漬けのような匂いで、味は薄すぎて米はパサパサ…
作り方何度も確認したけど間違いないし。
子供もたべませんでした…。
ネットで検索しても美味しくないという評価が見当たらず、私の舌がおかしいのかと…
こちらのブログ見てホッとしました。

子供の学校からもらった五目ご飯(メーカー不明)はすごく美味しかったのに…

頑張っても食べれませんでした。
[ 2015/03/25 14:05 ] [ 編集 ]
そうですか、それを聞いて僕も安心しました。

最近はフリーズドライの味噌汁とかリゾットとかがコンビニで売られているので、リゾットを食べてみたんですが、そちらは同じご飯系でもとんでもなくおいしいんですよ。

うめぇ!!

と、叫びたいくらいでした。味噌汁とかもおいしいのに、何故尾西のご飯だけがこんなことになっているのか、技術の進歩はどうなっているんだと聞きたい感じがします。

また遊びに来てくださいね。
[ 2015/03/25 19:16 ] [ 編集 ]
全く同感です。
吐きそうになるのをこらえて、それでも栄養補給しなければの一心で完食と言う感じ。それでも最近試したモンベルブランドのアルファ米は少しだけましな味でした。
[ 2016/08/21 10:15 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
もともとお西のα米は日本海軍の潜水艦乗りの為に開発されたと記憶していますが、21世紀に入ってこの味では当時の方々の苦労が偲ばれます。
モンベルのα米の情報は極めて貴重です。
参考にさせていただきます。
ですが、どうも試す気にならないのが痛いところです。
お西よりもモンベルの方がマシならば、ぜひみなさんそちらを持つべきです。


[ 2016/08/21 21:46 ] [ 編集 ]
こんにちは、初めまして。

私も尾西のわかめごはん、五目、ドライカレーと食べてみて
わかめごはんはわかめの風味がほぼせず、五目は五目じゃない酷い味がし、
ドライカレーはカレー味の全くドライじゃない古い米でした。

恐らく米自体が強烈においしくないんじゃないかな?

全部で50食近く買ってしまってとても後悔しております。

まぁ、災害時には味はどうでも良くなるかなー?とおもいつつまだ置いてありますが・・・
[ 2017/01/14 07:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

ぽんさま

お気持ちよく分かります。

しかし、それは置いておいても「全部で50食」とは大変な量です。
防災意識の高さという観点から云えば、日本国民を代表すると云ってしまっても良いかも知れません。

政府推奨が一人7日分ですから21食。
夫婦ふたりで42食にプラスアルファというところでしょうか?

以前の災害時に「政府支給のカンパン」が味がまずいと大量に廃棄されたというのが話題になっていましたが、カンパン以上に味が逝っちゃっているのがアルファ米です。

50食を食べるのはとても厳しいです。
ですが消費期限が5年ですからそのしばらく前になんとかする必要があります。
主婦と云う事であればもう適当なことをいってダンナに食べさせるという手も無いわけではありませんが・・・あまりオススメはしません。
もしぽんさんが男であればその逆の手を使うのはとてもシビアなことになるでしょう。

でもまぁなんとかするしかないありません。

がんばってください。
口で食べると云うよりも「心で食べる」と云うくらいの気構えが必要だと思います。

最後にヒントです。
カロリーメイト。














[ 2017/01/14 13:16 ] [ 編集 ]
最近尾西のチキンライスを試食しましたが、どうあがいても芯がありパサパサで、胃の中に異物感が残りました

私は大学の登山系の部活に所属していますが、周囲の登山者の間ではアルファ米の不味さは語るに落ちるというレベルで有名な話です。全員可能な限り食糧計画から除こうと努力しています
amazonレビューの信頼性の低さもまた有名なので、そんなものなんでしょうね

不味いという感想を聞けて少しホッとしました、ありがとうございました
[ 2017/06/18 14:45 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

僕は日帰り低山登山なのでいつもコンビニでおにぎりを買って済ませてしまう人間なのですが、数泊の登山で食糧計画というと確かに頭を抱えてしまいますね。

防災用に買った尾西のご飯がまだ10食ほど残っていますので、こちらも悩みの種なんですよ。
捨てるわけにも行かず・・・食べるのも苦しいと・・・。

どうしたものかと。
[ 2017/06/20 02:58 ] [ 編集 ]
日本最高!
先ほど尾西の五目ごはんを食べておいしいなぁと思ってネットを見てたら巡り会いました。
日本食が手に入りにくい国で暮らしていると、この商品はかなり美味しい部類に入ると感じています。
特に、暮らしの大半を油とスパイスがたっぷり入っているカレーを食することを余儀なくされるインドでは
このさっぱりした味付けは癒しですらあります。
インド料理自体は嫌いではなんですが、日本人的な美味しいの感覚がだだ下がりしているんでしょうね。
保存食を持て余していらっしゃる方は、身近に海外駐在や出張が多い方を探してみてください。
きっと喜んでもらってくれると思いますよ。うちは会社で賞味期限をきらした保存食30食分程を日本から送ってもらったんですが、若手を中心にあっという間になくなってしまいました。
そうゆう私も帰任したら、きっと見向きもしなくなるんだろうなぁとは思いますが。。
早く日本に帰りたいー。
[ 2017/07/22 02:51 ] [ 編集 ]
Re: 日本最高!
> 先ほど尾西の五目ごはんを食べておいしいなぁと思ってネットを見てたら巡り会いました。
> 日本食が手に入りにくい国で暮らしていると、この商品はかなり美味しい部類に入ると感じています。

まじ?・・・・なんですか?
言っていることが分からなくはないのですが、味覚が死んでしまったのではないですか?

僕もグルメには興味がない人間ですが、尾西のご飯はちょいとキツいなと思っているので驚いています。
きっと世界的にもハイレベルな日本食を食べている間に、日本では碌でもない食事でも世界の多くの国から見れば「グルメ」で、知らない間に味覚が進化しているのかもしれません。

これを見て、先日50食も間違えて購入してしまった方などは今頃血管を熱く沸騰させながら海外勤務の方を探しているのではないかと思われます。
僕も機会があれば無理矢理送りつけてやろうかと思います。

ありがとうございました。
[ 2017/07/22 09:39 ] [ 編集 ]
「尾西 まずい」で検索し、こちらのサイトにたどり着きました。

あまりのまずさに、賞味期限が切れてから1年経ちますが未だなくなりません。私と娘は二度と食べず、夫がご飯が足りない時に時々思い出して食べています。登山時にも災害時にも食べたくならない味ですね。

先ほど夫が尾西の炊き込みおこわをまずいと言いながら食べている横でこちらのブログとコメントを読んであげました。「ドライカレーもまずいのか!」とがっかりしていました。五目、炊き込みおこわ、山菜おこわは不味かったけど、ドライカレーと赤飯はもしかしたら美味しいのではないかと期待していたそうです。

我が家はあと5食で終わります。
[ 2017/07/26 21:51 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
> あまりのまずさに、賞味期限が切れてから1年経ちますが未だなくなりません。私と娘は二度と食べず、夫がご飯が足りない時に時々思い出して食べています。

コメントありがとうございます。
まず、気になったのが「夫がひとりで食べている」という文言です。
ここからご主人の悲しみみたいなモノが良く伝わってきました。
伝わりすぎて全身の力が抜けました。

もう残りの尾西は捨てて、ご主人を解放してあげるというわけにはいきませんでしょうか?

行政は今、地震に備えてカンパンを辞め「尾西のご飯」の大量備蓄に舵を切っていますが、人々が尾西のご飯に殺到する中で、ぼくはあえてカンパンに手を出そうと思っています。
申し訳ありませんが尾西のご飯を3日連続で3食食べたら体調を持たせる自信がありません。

>>我が家はあと5食で終わります。

なぜかこの記事に書き込まれる方は、本来なら「誇るべき備蓄量」をまるで忌み嫌うかのように「あと何食で終わります」みたいに書き込みます。

気持ちは分かります。

このどうにもならない、やり場のない怒りのようなものは本当によく分かります。



[ 2017/07/27 01:17 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL