ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  超軽量レイングローブ テラノバTop Bags /トップバック 登山に使う

超軽量レイングローブ テラノバTop Bags /トップバック 登山に使う


まとめ
★超軽量
★フルシームシーリング
★ミトンタイプ
★両手で32グラム
★見つけたら即買い



IMG_3821.jpg

IMG_3822.jpg

裏面は、完全なフルシームシーリングです。単純なので、信頼性があります。



レイングローブで完全防水というのは、探すのがなかなか難しく、過去にも記事にしましたが、五本指のものでは漏水との戦いであることも確かです。

レイングローブ ノースフェイスはダメだった  

などにも書きましたが、結局、レイングローブといってもただ漏れで指先はかじかみ、レイングローブという表記は問題なのではと思っていました。
それで結局、モンベルのアウトドライ・レイングローブを購入しましたが、こちらの方は作りの信頼性は上だと思いますが、まだ未チェックの為、こちらのブログにはまだ記事にしていません。

五本指のタイプで本当に完全防水のグローブを探すのはなかなか難しいことだと思っています。



そこで、超軽量のテラノバ・トップバックを購入しました。

これはミトンタイプなので、操作性は劣りますが、防水性はかなり高いのです。
構造が単純なため、これで完全防水を実現できなければ、世の中に防水のグローブは存在しないと云ってもいいくらいの、見ただけで既に圧倒的な信頼感を醸し出します。

外見は、非常に単純で極薄の素材です。
見た限り15デニールほどの生地厚に見えます。

持った瞬間の軽さは驚くほどです。
実測値で、両手合わせて32グラム。

ストラップやドローコードを外してしまえば更に軽くできます。
おそらくですが10グラム台も実現できるかも知れません。

非常に割り切った作りで、ウルトラライトなギアの開発では世界最先端を走るテラノバ社らしい製品だと思います。同社製のタフバックという保温材入りの防水ミトンも販売されていますが、残念ながらこのトップバックは入手困難品になってしまいました。

僕は、一年中このテラノバ・トップバックをバックパックの中に入れています。
もう保険というか、極めて重要なギアの位置づけで、ないと不安なくらいです。

一応、デメリットも書いておくと、
★手のひら部分に補強等は一切ありません
★透湿性があまり良くないかも知れません。手を入れてしばらくすると蒸れる感覚があります
★ミトンなので細かい操作はできません。

ということくらいだと思いますが、この軽さと利便性・防水の信頼性をとれば今のところ世界最軽量の防水グローブなので、バックパックの中に常に入れておいて、いざというときに使用する用途では最高のギアだと思います。

それに,これだけ単純なギアだとダクトテープでの応急修理も簡単なので、登山などの行動中のバックアップにも最適で、透湿性が若干劣っている分、ウィンドシェル系の保温用途にも使えると思います。


【TERRA NOVA/テラノバ】 Tuff Bag Miton GTX タフバッグGTX

価格:7,452円
(2015/3/8 12:03時点)
感想(0件)




TERRA NOVA(テラノバ) タフバッグミトンGTX M 22TB

新品価格
¥6,706から
(2015/3/8 12:07時点)




こちらは84グラムの保温材入りのタイプです。
既にトップバックが入手困難なので、タフバックを紹介しておきます。
こちらも、かなりの入手困難品になりつつあるので、お早めに。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL