ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ピュアオーディオ・ヘッドホン »スピーカ ヘッドホン チェックその1

スピーカ ヘッドホン チェックその1  




最も簡単かつ重要な、スピーカのサ行チェックです。
 
オーディオを嗜む方なら、たいていはチェックの一曲を持っている物ですが、今回は、僕のチェック曲をさらさせていただきます。
 
このチェックは、人の声の帯域に関わる2-4kh付近の妙なピークを調査するためのものです。
これはスピーカでもヘッドホンでも有効で、購入時には必ずチェックしなければなりません。
このチェックに合格しないものは、例え音質がとても気に入ったとしても、購入することは控えた方が良いです。
というのも、この問題を持つ製品は、構造的に設計ミスだと思うからです。
アンプを替えても、この問題はなくなりません。

サ行とは、いわゆる「さしすせそ」の音です。
歌などでこのサ行を注目して聞くと、スピーカによっては「しゃしぃしゅしぇしょ」と聞こえるものがあります。
このようにサ行がはっきりと聞こえずに、耳障りに聞こえるスピーカは欠陥品です。
そして、このように聞こえる製品は、驚くことに少なくありません。

サ行のチェックディスクですが、僕は次のものを使用しています。

ピチカート・ファイヴ

SWEET SOUL REVUE[曲名]


この曲の凄いところは、設計の悪いスピーカやヘッドホンで聴くと、サ行がとても痛くなり、一聴しただけで問題点を露わにしてしまいます。
逆に問題のないシステムでは、きちんと「さしすせそ」と聞こえます。

所有しているスピーカやヘッドホンで、このサ行チェックを問題なく通過しない場合、残念ながらそのスピーカなり、ヘッドホンは手放した方が速いです。
いろいろなソースを聞き込めば聞き込むほど、不満が出てくるはずです。
特にこの「サ行問題」は、主に人の声の帯域にかかってくるので、おろそかには出来ません。

僕も以前は、購入前の試聴で問題があっても気に入ると構わずに購入してしまっていましたが、だいたいそういう機器は、程なくして手放す事になりました。長く聞き込むことに耐えられないのです。
 
と云うわけで、本当は、既に所有している物に対してチェックするよりも、購入時のチェックに使うのが一番いいのですが・・・・

出来ればスマホなどに、オリジナルをWAVなどで可逆圧縮された曲を一曲入れておくと、ヘッドホンやイヤホン選びには絶大な威力を発揮します。
ぜひ、オススメします。

関連記事

category: ピュアオーディオ・ヘッドホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/18-35f55a8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop