ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  Bluetoothスピーカ・Bluetoothヘッドホン >  【レビュー】防滴スピーカーの最安値製品!! 登山やキャンプに十分に使える!!Patech Bluetooth 格安ワイヤレススポーツスピーカー

【レビュー】防滴スピーカーの最安値製品!! 登山やキャンプに十分に使える!!Patech Bluetooth 格安ワイヤレススポーツスピーカー


まとめ
■実測値で148グラム
■IPX5防滴スピーカー
■OMAKERのM4とほぼ同レベルの音質
■とにかく安い
■カラビナがつけられる。
■バッテリー持続時間は3時間



DSC04240.jpg


いままで登山やキャンプなどのアウトドアでは、BluetoothワイヤレススピーカーはOMAKERのM4をオススメしてきました。その後最軽量ではTaotronicsのスピーカーが100グラムを切るというという快挙を達成しましたが、最安値でM4を超える製品が出てきましたので、レビューしておきます。

僕の記事の中でも、この手の格安イヤホンやスピーカはかなりの人気があるので、やはりここ最近は防滴Bluetoothスピーカに対する根強い需要があるのだと思います。

DSC04241.jpg


この防滴スピーカは、アマゾンで1900円以下という価格で購入することができます。
しかも、あらゆる点でM4をしのぐというか、ほぼ同等で、部分的には明らかに優れています。

欠点は、音楽が聴けるバッテリー持続時間が公称値で少し短いことです。
3-4.5時間とマニュアルには書いてありますので、せいぜい間を取っても4時間がいいところかも知れません。
この点はM4が公称12時間で1500mahのバッテリーを搭載しているところ、こちらは500mahなので、ここから考えると3時間くらいだと思います。

これは少し短いので、おそらくM4と比較しての唯一にして最大の欠点だと思われます。

それ以外のあらゆる面でM4と互角か,もしくは優れていると判定しても云いいすぎではないと思います。

M4と違い、カラビナがつけられる形状も良いところです。


DSC04242.jpg

音質も、何度も聞き比べましたが,音の良いM4とまったく区別ができません。
ただし、音量は少しだけこちらのBluetoothスピーカの方が小さいです。
たぶん最大音量そのものがわずかに小さい可能性が高いです。

音質自体は、Bluetoothを何度も切り替えながら比較試聴を行ってみましたが、たぶん同じドライバーではないかと思うくらいそっくりです。
なので、これは悪くないです。

また、M4では正面で点滅していた通電やBluetooth接続中を示す確認LEDが、非常に控えめになっているのも素晴らしいです。

この手のBluetooth機器は、おそらく電源の切り忘れ防止だと思うのですが,ドーンと確認ランプが点滅し続けるので結構気になる場合が多いので、控えめなランプというのは、なかなか少なく、長く使う上では気になるポイントなのです。

というわけで、このBluetoothワイヤレススピーカは、バッテリーの短さに納得さえできれば、M4を凌ぐ製品だと言い切れます。
というよりも、同じドライバーを使用した製品なので、M4を改良して、価格を半額以下に落とし、バッテリー持続時間を一時的な用途に振った製品だと考えて差し支えありません。

たぶんお風呂や部屋なとでの一時的な用途を前面に打ち出して価格を大幅に安くした物でしょう。
バッテリーの価格がそのまま反映されているようなきがします。

というわけで、お風呂などの一時的な用途ならこちらで十分です。


今までのアウトドア系Bluetoothワイヤレススピーカの記事はこちら
登山に使えるワイヤレススピーカー OmakerM4 Bluetooth防滴スピーカー
更に軽くなった登山に使える防水ワイヤレススピーカ、taotronics TT-SK03
格安Bluetoothワイアレススピーカ スマホ用 オススメ全部聞いて確信した







関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL