ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  ノースフェイス サイドアクセサリーポケットを愛用する

ノースフェイス サイドアクセサリーポケットを愛用する

まとめ
■個人的にはかなりヒット商品
■内部にクッションがあり、スマホやデジカメやGPSなど、いろいろ入れられる
■ショルダーパッド装着時に、腕に当たらない


DSC04425.jpg

ノースフェイスというメーカーの買い方と云う記事でも少し書きましたが、ノースフェイスというメーカーは、掘り出し物のような優れた製品を突如としてひっそりと販売し、またすぐに消し去ってしまう不思議なメーカーです。

ですが、毎年毎年、あの乱雑なサイトをくまなく見ていると、これは凄いなという製品が「発掘」できるので、メーカーのサポートに電話していちいち重さを確認したり、実際にショップに見に行くという手間さえかければ、その後数年お世話になることも珍しくない優れた製品と出会うことが出来ます。

こういった宝探し的な要素が好きなことと、モンベルはデザインがアレなのですが、ノースフェイスは街着にも転用可能なので、いわゆるおしゃれ感は遙かに上だと感じています。
モンベルはどちらかというと「完全なウルトラライトを追求した製品」は愛用していますが、その他のものは比較的ノースフェイスから選ぶことも多いです。
ちなみに、登山用のズボンはミリタリー系で行かない冬の季節は、主にコロンビア派です。

DSC04426.jpg

そんなミリタリー登山しない時期に購入して愛用しているのが、ノースフェイスのサイドアクセサリーポケットです。

残念ながら今は春から秋まではミリタリー低山登山なので、主に迷彩柄なのですが、「本気」の時はテラノバのレーサー20ウルトラライトバックパックと共にこちらを持ち出します。

他にも幾つか使ってみましたが、結局、このサイドアクセサリーポケットが一番使いやすいので、ショルダーパッドに装着するアクセサリーポケットは、こちらでほぼ固まってしまいました。

しかし、こちらのアクセサリーポケットも現行品ではいろいろと変わってしまい、ました。ですが、僕が愛用している理由となっている部分はあまり変わらないと思うので、参考になるかとは思います。

いわく、ポケットが腕に当たらないことと内部が広くて、電子機器などが余裕を持って入れられるという点です。
例えば、ノースフェイスの同じカメラポーチであるファイヤーフライなどは、小さすぎるのです。
これくらいギリギリの容量だと、他の物を入れるために転用することが難しくなります。

少し大きめのハイエンドデジカメなんかも入らなかったりするので、結局、タバコ入れになってしまっていたりします。

基本的にショルダーパッドなどの限られた場所に設置する物は、その面積の中で最大の効果を発揮するべきだと考えます。
しかし、大きすぎると腕に当たって非常に動きづらいため、デザインは考え抜かれた物がよいのです。

DSC04428.jpg

その点このサイドアクセサリーポケットは外側のポケットも活用すれば、デジカメにスマホ、タバコにライターくらいは余裕で入ってしまいます。
この余裕が素晴らしいのです。

これで僕の使っている旧型は重量わずか62グラムです。
ですが、新型の現行モデルはカタログ値で30グラムほど重量が増加し、縦は変わらないのですが、横幅は3.5センチほどスリムになっています。
たぶん収納力は若干劣ってしまったと考えられます。

重量増加の原因となる明確な理由は分かりませんが、内部のクッション材などが増加されたのかも知れません。

ウルトラライトな方ですと、いわゆる「サコッシュ」を使う方が多いと思いますが、正直、僕はサコッシュが「ずだ袋」に見えて仕方ないので、失礼ながら使用する気が全くありません。
それに、丹沢あたりでミリタリー系の人とすれ違うことはあっても、サコッシュをぶら下げた人など見たこともないのですが、いったい誰に需要がある物なんでしょうか。

ウルトラライト系のガチ派の方々を雑誌などで見かけると「衝撃的な姿」に圧倒されることも多いので、ああいった方々にはひとつのスタイルとして受け入れられている物なのかも知れません。

山の中でも衝撃的でしょうが、街で見かけたら走って逃げるレベルですからね。
メジャーな雑誌もあまりにガチな人は紹介しない方がいいんじゃないかと思います。

ただし、そこまでしてサコッシュはそれほど軽くないというか、例えばガレージメーカーの山と道やその他メーカーの重量を見ているとだいたい35-60グラム付近です。

物的には要するに横長のスタッフバッグにヒモやベルトを縫い付けて首から提げられるようにした物で、そもそもそこに皆さん何を入れているのかと思うのです。
あまりにも重い物を入れると疲れますし、行動食なんかそんな物にわざわざ入れる意味もないですし、地図なんかGPSを持っていればいいわけですし、別に地図程度ならサコッシュなんか必要もないと思うのです。

何が言いたいのかというと、同じようなグラムなら、今回紹介したようなサイドアクセサリーポケットの方が100倍役に立ちますよと云う事です。
DSC04429.jpg


そして、更に言いたいのは、ノースフェースのサイドアクセサリーポケットは、なかなか良く出来た製品だと云う事です。
デザインもよければ、実用度も高く、電子機器類から行動食、地図などもバッチリ入ってしまいます。
腕を振っても邪魔になることもないですし、ショルダーパッドに装着するので重さも軽減されたように感じます。

ただし、完全な防水性はありませんので、ジップロックなどを1枚中に入れておくと、安心です。

ぼくが丹沢あたりを歩いていても、ショルダーパッドにこういったポーチをつけている方は少ないですが、買うだけの価値はありますよといっておきます。

こちらの記事もオススメ
ノースフェイスというメーカーの買い方





【ポーチ】ザ・ノース・フェイス:サイドアクセサリーポケット 【NM91216】 K:ブラック【ザック・バッグ】

価格:2,110円
(2015/5/16 19:25時点)
感想(0件)





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL