ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ピュアオーディオ・ヘッドホン >  SANSUIのプリメインアンプの思い出

SANSUIのプリメインアンプの思い出

つい9年ほど前まで、サンスイのプリメインアンプを使っていました。今のように真空管にシステムを変えてしまう以前の話です。
確か最後のサンスイは、α707XRだっと思います。

僕がまだ社会人に成り立てで、オーディオに目覚めた頃に、中古でサンスイの907XRを手に入れたことを懐かしく思い返します。
何年も楽しみました。
僕の原点の音でもあるからです。当時は確か、この907XRにオンキョーのトールボーイスピーカを組み合わせて聞いていました。いい音でしたね。中古で10数万だったと思いますが、これを買うのも大変でした。
でも、あの頃の満足感は、本物でした。
何せ、サンスイのプリメインアンプの真面目な物量投入は素晴らしく、外観の仕上げ、ウォールナットの木目の美しい側面、持てばずっしりと重いあの質感。すべてが、きらきらとしていました。

今、あの音がどうだったとか、もう思い出せません。
それに、当時は、比較する程の経験もなかったですから。
また、そんな野暮なことを言うべきではありませんね。サンスイがくれた身震いするほどの音楽の思いでは、決して色あせたりしませんから。

サンスイを手放したのは、大型スピーカに移行していく過程で、駆動力が足りなくなったからです。
スピーカは目指す音を追い求めて、どんどん大型になり、アンプはセパレートになりました。

でも、あの頃の感動的な音より今が良くなったかと言えば、水準という意味では、間違いなくレベルは上がったと思います。
でも、やはり、時々、思い出すのです。

サンスイにはいい思い出しかないですね。

今でも、サンスイの音を思い出すと、中古でも欲しくなります。
僕の、思い出が詰まっているのです。
もうメンテナンスが難しく、中古でも程度のいい玉は少ないかもしれません。
新品でならデノンのプリメインアンプも素晴らしいので、半導体アンプなら、そちらにも食指は動きますが、それでも、サンスイは僕にとって特別なアンプなので、やはりサンスイでなければダメなんです。

サンスイというのは、あの頃を共にしてきた世代にとって、きっと思い出の多くの中に存在している孤高のアンプだと思うのです。

関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL