ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ピュアオーディオ・ヘッドホン >  僕の愛するヘッドホン grado RS-1 stax 007

僕の愛するヘッドホン grado RS-1 stax 007

グラドの音を10年以上前に秋葉原の店舗で初めて聞きました。
ヘッドホンに興味がなかったのですが、もともとSTAXの007の音を聞いてみたくて、訪れたのでした。
007は聞きしに勝るすばらしさで、その音の滑らかで繊細なことと言ったら、それはもうスピーカでは聞くことが難しいレベルの音でした。
 
ハイエンドのスピーカは音が聞きたくて聴きたくて試聴にはよく行きましたが、自分で購入することは難しいので、その音を聞いては憧れを持ち続けていました。
ですが、ヘッドホンなら無理をすればいわゆるハイエンドに手が届くので、後になんとかSTAX007を手に入れ、それは今でも大事にしています。僕にとって、個人的には STAXのヘッドホンは別格だと思っています。
 


ヘッドホンというのは、聴いてみると周囲の環境に反響音の影響を受けないだけで、ドライバーの個性がとても大きく、総じてかなり個性的な音になりがちです。
 
そのSTAXの試聴の時に、無数に壁に掛けてあるヘッドホンの中から無造作に手に取ったのが当時のグラドSR325でした。
音は・・・・STAXには音質では全く適いもしません。あらゆる面で格下でした。
でも、そこから出てくる音楽は、少しドンシャリ、でもとてもノリが良く、非常に楽しい音だったのです。
いつの間にやら音楽ではなく、音ばかりを聞いていた僕にとっては、ある意味衝撃的な音でした。
不思議な体験、グラドの音はとても軽く、軽すぎるくらいです。でも、よくよく聴くと解像度もあり、低音も比較的出ているのです。
例えて音質を言うなら、うまくいえませんが、一般的なスピーカが地デジのテレビの音なら、グラドはまるでラジオのようでした。でも何故か心に響くのです。
 
それから一年ほどして、やはりグラドを聴きたいという思いが勝り、SR325を購入しました。
購入後、ずいぶん楽しみました。SR325は高音が特に特徴的で、とても金属的な高音が響くのでとても楽しかったのです。
STAXのようにドライバーに火を点火して、よし聴くぞと形式張る必要もなく、単にプレイヤーに差し込むだけでノリの良い音楽が聴けて、それが唯一無二の音を奏でるのです。
難しいことは抜きにして、これは音楽と向き合えるたぐいまれなヘッドホンだと思いました。

それからは時間をかけて、お決まりのコースを辿りました。
SR325からRS1へ。その後、ハイエンドのPS1000に行き、結局、またRS1iに戻りました。

325と比べるとRS1はとてもまろやかです。325の特徴的なあの高音が穏やかになっているからです。
SRとRS系の音は、音質は全く一緒で、聞き慣れたグラドの音そのものです。
ですが、GSとPS系の音は、全くの別物で、どちらかといえば、高解像度の普通の音になってしまっています。ノリが良くないのです。
僕の所有していたPS1000でいえば、一部の音に著しく痛いところがあり、これは対処の方法がない根本的なドライバーの問題であり、このヘッドホン自体の構造に問題があると言わざるを得ませんでした。
これは誤解のないように書いておくと、グラドのみの問題ではなく、たいていの市販のヘッドホンはこのように一部で痛い音がするのが普通なので、こういう物だと言えばこう言う物でもあるのです。
しかし、この価格でハイエンドのフラグシップを名乗る限り、このような欠陥は許されるものではありません。おそらく2-4khzにある妙なピークは致命的でした。

そういう経過の後、結局、僕はPS1000を手放して、聞き慣れた懐かしいグラドの音がするRS1iに出戻りました。
GSやPSの音の傾向なら、なにもグラドである必要を感じないからです。僕にとってのグラドの音は、SRやRSで実現しているあの軽くて軽くて抜群にノリの良い音そのものだからです。基本的にGSとPSの音は、すっきりした明晰な音で他のハイエンドなダイナミック型ヘッドホンの音と非常に近い為、あえて選択してまで聴くほどの必要がないと思いました。
この傾向の音ならば、ゼンハイザーなどの方が幸せになれる気がします。ゼンハイザーは明晰かつフラットで、とりあえず万人に勧めておけば間違いはない音です。僕はその無個性に驚愕して、むしろ即手放してしまいましたが。

このRSのグラドの音で、僕はPOPSしか聞きません。クラッシックはSTAXに任せています。
というわけで、もう長い間、グラドとSTAXのファンです。もうこのふたつがあれば、当分、ヘッドホン選びから遠ざかれるかなと思っています。 
 
注記
最近では、コンデンサー型の音質に対して、以前は明らかに劣っていたダイナミック型ヘッドホンが、ほとんどレベル的には遜色ないところまで来ているようです。
ようですと、あくまで仮定の伝聞なのは、自身がまだ、確認しているわけではないからです。
ゼンハイザーのHD800など、幾たびか視聴はしましたが、やはり自宅でキッチリと確認しないことには断言はできません。
ですが、多くの方がそのような認識を持っているということは、ダイナミック型の設計レベルがかなり上がって来たことだけは間違いないかもしれません。









関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL