ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  最小・最軽量モバイルバッテリーを使ってみる GMYLE 2500mAh 超薄型カードサイズ

最小・最軽量モバイルバッテリーを使ってみる GMYLE 2500mAh 超薄型カードサイズ

まとめ
■実用的な容量としては、おそらく最薄で最小
■持つのが苦にならない驚きのカードサイズバッテリー
■マイクロUSBケーブルとアップルコネクタ込みで、60グラム
■アイデア満載で驚くべき価格


DSC04872.jpg


800円台という価格で、超薄型のカードサイズバッテリーが登場したので手に入れてみました。

本当に薄く、カードサイズというと大げさですがほんの一回り大きいくらいの驚くべきバッテリーです。

DSC04875.jpg


実サイズは、96mm x 62mm x 5mmと史上最小と製品ページには書かれていますが、こちらのことが本当かどうかは分かりませんが、実用的に使える容量のモバイルバッテリーとしては相当な工夫のあるバッテリーである事は疑いようがないかも知れません。

僕は登山のことがあるので、緊急用途としてなるべく軽くて小さなバッテリーをよく探したりしていますが、確かに「使い物にならない容量」の小型の無名バッテリーを見かけることはあるのですが、信頼性が皆無のため、手を出したことはありませんでした。

そこでこのカードサイズと銘打たれたスマホ用モバイルバッテリーを見つけたときにとりあえず手に入れてみましたが、結論としては、「軽量コンパクトガジェットのひとつとしてなら十分に実用的な製品」だと思います。

DSC04873.jpg


しかも、このバッテリーは驚くべき事にケーブル内蔵です。

しかもなんと、アップルのライトニングケーブルとマイクロUSBケーブルの両方が内蔵されているという信じられない仕様で、重量は両コネクタ込みで60グラムです。

なので、このバッテリーを持つ以外に追加で必要なケーブルはありません。
もちろん、このバッテリー自体の充電のためケーブルは必要ですが、それもキーなどにぶら下げられるケーブルが付属しています。

かなり考えられたアイデア商品とも云うべきバッテリーで、ガジェット好きにはたまらないアイテムだと思います。

日帰り用途でもバッテリー容量は必要十分とは云えませんが、2500mahなら、iPhone6で90-100%を充電できる容量がありますので、緊急用のバッテリーとしてはこのサイズ優先の割り切った考え方が素晴らしいと思います。

ただし、付属のアップルライトニングコネクターは今のところ問題なく使えていますが、突然使えなくなることも多いので、シビアな用途に使う場合はアップル純正のものと入れ替えた方が確実だと思います。


DSC04874.jpg

バッテリー自体の性能は中華製そのもので、はっきり書くといまいち信用できない場合もあるかも知れません。ですが、製品説明をそのまま信じれば「グレードAセル」を採用しているとのことなので、かなり「まともな性能」ということになると思われます。

今のところ2-3回のチェックでは「容量詐欺」もないようですし、性能的にもごく普通なので、額面通りの性能と受け取ってもよろしいかと感じています。

その点はいつも通り日常使用と云う事で割り切って考えれば特に不満はありません。

何しろ、これだけのアイデアバッテリーで薄型、軽量、しかも価格は880円と云う事なら、いったいこのメーカーはどうやって利益を出しているのかと、要らぬ心配すらしてしまうバッテリーなので、おおらかな気持ちで購入しても十分に楽しめるバッテリーだと思います。

ウルトラライト登山の「予備バッテリー」や日常使用の緊急用途のモバイルバッテリーとして考えるのなら、価格を十分に考慮して、「これはあり」だと思います。

追記
このバッテリーは、他メーカーからも同じものが出ていますが、なぜか「価格は上がって、アップルコネクタも付属していない」ので、こちらのGMYLE製のものをオススメしておきます。間違えて購入すると結構痛いです。









関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL