ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  アクションカメラ/ドライブレコーダー >  中華製格安ドライブレコーダーは使えるか? DBPOWER・SERESROADなどを試す

中華製格安ドライブレコーダーは使えるか? DBPOWER・SERESROADなどを試す


まとめ
■かなり使える
■映像の綺麗さはほぼ価格と比例するが、あまりに高精細な物は必要ない
■内蔵バッテリーに問題がある
■本体よりもむしろ付属の電源アダプターに問題が多い
■地デジやFMラジオ・GPSに干渉することがある


511919bcf43beac07432fc7a609f4f01_s.jpg



中華製格安ドライブレコーダーを購入して一年ほど経過して、一応、皆さんに紹介しても問題ないだろうという知見が得られたので書いて置くことにしました。

僕が購入したモデルは、某大手掲示板でも話題になっていたNOVAセンサーを積んだモデルで価格は4980円程でした。
これを紹介しようとしたのですが、既に売っているメーカーがなく、ドライブレコーダー自体かなりの速度で進化しているので、おそらく別モデルでも問題ないと考えられるので、「中華製ドライブレコーダー」全体として語っていると考えてもらっても問題ないと思います。

と云うのも、僕は個人的に2台のドライブレコーダーを使ってみていますし、知り合いも購入したのを含めると既に4台の中華製ドライブレコーダーを見てきているからです。
知り合いのものに関しては、「映像」も確認しているので、それらを含めた知識と云う事になります。


ザクッと結論から言ってしまうと、運が悪くなければ、「問題なく使えます」。

購入した当初は、半年持てばいいかなと思っていましたが、ほぼ毎日の使用で1年間経過しましたが、トラブルもなく、今のところ映像は問題なく撮影できています。

ドライブレコーダーは事故の時に証拠としては採用されませんが、有力な参考になりますので、出来れば設置しておいた方がいろいろと便利です。

僕は、ひき逃げを目撃して裁判などにも出席したりしたことがありますが、「とにかく加害者は嘘をつき」ます。
赤信号を無視したにもかかわらず、本人は平気で「相手が無視した」とか言い出しますから。

その時初めて知ったのですが、「被害者が死亡もしくは植物人間」になったときは、目撃者がゼロならば「加害者の言い分が100%まかり通る」ということです。
なので、証拠を残すというのは非常に重要です。

僕が目撃したひき逃げは、被害者が植物人間になってしまったので、僕が証言しなければ「相手の嘘の言い分が全部まかり通る」と云われて、「それなら行きます」と、裁判に出て、相手のデタラメな証言をすべてくつがえしてきました。

なので、ドライブレコーダーは重要です。
僕の見た事故でも、ドライブレコーダーを被害者が取りつけていれば、もし目撃者が誰もいなくても相手は逃げ道がなかったと思います。

中華製ドライブレコーダーを使い始めて、数回だけ映像が録画されない事象が発生しましたが、これは本体の問題と云うよりも「電源ケーブル」のアダプター部分の接触に問題があったようで、挿し直してからは問題ありません。
どうも中華製は本体よりもminiUSBケーブルを使うこの電源アダプターの出来が悪いようで、どの製品もここに問題を抱えています。
と云うよりも、本体以外に問題が起こるとするとほぼこの粗悪な付属の電源ケーブルのことが多く、使用前によくチェックしておく必要がありますし、使用している最中に突然電源が落ちたりする事象が発生しても、まずこの電源アダプターを疑ってかかった方がいいと思います。

ドライブレコーダー本体には様々なオプション機能がついていますが、これらはほぼ「使えればいいかな」くらいのおおらかな気持ちでいれば良いのではないかと考えています。

例えば衝撃を感知するGセンサーや停車時に車を見張っておく機能などです。
基本的には使えるのですが、いざというときのための機能でなかなかテストできず、また前述したように「内蔵のバッテリー」がかなりの粗悪品な事が多く、バッテリー持ちを考えると「余計な機能は極力切っておく」こしたことがないと思えるからです。

停車時に車を見張っていて、衝撃を感知すると自動的に録画を始めたりすると、その機能をスタンバイさせておくためにたぶんバッテリーを消費してしまうので、バッテリーのことを考えるとあまり良い機能だとは言えません。

と云うのも、一万程度の中華製高級機でもバッテリーに不安がある事がありますし、また機種によってはバッテリーが低下してくると「まともに起動しない」機種も存在しているからです。
これらの機種は、バッテリーを満充電にすると安定的に動作します。

もちろん、中にはバッテリー状態に関係なく起動するものもあるので、これに関しては「買ってみない」と分かりません。
たいていの機種がどちらかに属しています。
個人的に両方の機種を試した限り、バッテリーに関係なく安定動作する方が使いやすいと思います。

最近はIRライトなどを装備して、暗闇でも赤外線で写真を撮影できるものも多くなっていますが、これはGセンサーと組み合わせて夜間停車時の車を見張る時に使用する機能で、走行中などはほとんど役立ちません。

IRライト自体は、ほんの数メートル先を照らすくらいの照度しかありませんし、夜間はヘッドランプを使ってるはずなので、走行中は、ほとんど意味が無い機能です。

録画した映像のナンバープレートを読み取れるか云う事ですが、停車時に前車との距離が2-3メートルまで詰めない限りはまずもって分かりませんし、今のところこれ以上の条件で「ナンバープレートを読み取れる」機種には出会ったことがありません。
なので、不可能なことは諦めて、実用的な解像度があればいいくらいに思って製品を選んだ方が良いと思います。

現状の1080Pの解像度を持つ一般的なドライブレコーダーであれば、少なくとも車種の判定くらいはどれでも可能ですので、何かあったときの保険としては十分に機能しますので特に大きな問題はありません。

つい一年ほど前までは、機種によっては実用にはさほど問題にないが映像が荒い機種がありましたが、淘汰されたのかセンサーやレンズが熟れてきたのか、いまはもう見かけなくなりました。

僕の購入した機種を載せようと思いましたが、非常に製品の更新スピードが速く、既に販売停止になっているので、友人たちの機種も含めてオススメ機種を載せておきます。

どれを購入しても基本機能は全て同じですので、大きな違いは特にありません。

ただし、フロントガラスに吸盤で取りつけるので、本体は極力小型の方が場所を取らずに使いやすいです。
使用するマイクロSDカードはクラス6以上を推奨ですが、クラス10の16GB以上をオススメしておきます。

設置に関してですが、電源コードをフロントガラスにはわせるだけであれば、5分もあれば取り付いてしまいますので、難しいことは特になく、初めての方でも簡単だと思います。

キチンと綺麗に這わせようとすると難易度が上がりますが、僕はいい加減な性格なので、一切気になりません。

追記
この手のドライブレコーダーの寿命ですが、だいたい1-2年だと思ってください。
動作環境が過酷で長時間起動が多いことと、最大の理由は「バッテリーの寿命」がほぼ本体寿命になります。
なので2年が限界かと思います。
これは国産だろうが中華製だろうがあまり関係なく、バッテリー交換できないタイプのレコーダーはすべてこれくらいの寿命だと思っていただいていて間違いないと思います。




僕が使用していたのは、こちらのメーカーの旧タイプ。
全く問題なく使えていました。壊れたわけではなく、買い換えたので、友人に譲りました。とても喜んでいたので良かったです。
激安でオススメです。8000円くらい出せるなら他の選択肢を。
ただし、こちらのモデルはバッテリーが粗悪なので、日付などはすぐに消えますが、録画などは問題ありません。この価格ならおおらかな気持ちで買いですね。

追記
僕が使用したドライブレコーダーで明確にGPSに干渉したモノが1台ありました。
ときどきGPSが停止するという症状が現れました。
電磁波対策品でもこの症状が現れたりするので、設置場所を変えたり、場合によってはドライブレコーダーを買い換えるしか方法がないようです。
これに関しては設置してみないと分かりません。


より安心感を買うならこちらを。ユピテルです。



こちらもなかなか使えます。と云うか、まったく問題ありません。




関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL