ブログなんかめんどくせえよ ホーム » Mac & パソコン »最高の仮想サラウンド RAZER SURROUND 7.1CHヘッドホン用ソフトを使ってみる

最高の仮想サラウンド RAZER SURROUND 7.1CHヘッドホン用ソフトを使ってみる  


まとめ
■Windows用の仮想サラウンドソフトとしては出色の出来。
■音は多少劣化するが、問題なし
■基本的に2CH用ヘッドホンとこのソフトの組み合わせは無敵
■このソフトは確かにスゴい。これを知らないのは不幸



キャプチャ1


ゲーミングデバイスメーカーであるRAZER社が開発したヘッドホン用の仮想7.1CHサラウンドアプリケーションがこのRAZER SURROUNDです。

このソフトの主な目的は、PC環境で仮想的に2CHのヘッドホンをサラウンドで運用するためのソフトです。
これにより、ゲーム音はもちろんPCで映画を見たりする用途も格段に「楽しく」なります。

右や左、後ろから音が聞こえてくるようになるので、正にうってつけのソフトとも云うべき物なのです。

僕は元々ゲーム用ではソニーのDS7100を5.1CHの時代から歴代10年ほど使ってきていますが、ここ最近は仮想サラウンドヘッドホンを手放してしまい、2CHのみで楽しんでいました。

この理由は、「音が悪い」からに他なりません。

僕はピュアオーディオも長いですが、AV系も長期にわたり趣味としています。
仮想環境を構築してサラウンドを楽しもうとするとどうしても「音を加工することによる劣化」は避けて通ることが出来ません。

ブルーレイが出回る前のヤマハのAVアンプを使用していた方ならよく知っていると思いますが、「風呂場アンプ」と言われるくらい残響などの効果を付け足してしまうため、著しく音が劣化していました。
もう別な音ではないかと思われるくらいの「加工」だったのですが、それでも当時はかなり楽しんでいました。

DVDの時代の音はもともとの品質が悪く、こういった楽しみ方もあったのでした。

それに当時大人気だったヤマハのAVアンプの名誉のために云っておきますが、上位機種を徹底的に調整するとかなり迫力のある音場を実現できたことも事実です。
ただし、そのようなサラウンド環境を構築するのは知識と経験と時間が必要で誰にでも手軽にと云うわけにはいかなかったのも本当のことでした。

いまは時代が変わってブルーレイは音だけでも軽く5GBなど使ってくれるので、圧縮方式も元に戻せる可逆方式になり、音は天と地の差があるほど良くなっています。
それに釣られてというわけではないですが、DVDの方も圧縮方式が変わり、だいぶマシな音になっています。

このように音の品質が上がってくると簡単なごまかしがきかなくなり、スピーカーやヘッドホンの素の品質が非常に重要になってきます。

AVの場合はスピーカーの数を単純に増やしてしまうことがもっとも簡単なのですが、ヘッドホンはそういうわけにはいかず、どうしても「仮想環境」を構築する必要があります。


ですが、仮想サラウンド環境を試してみると「相当なレベルで音が劣化」してしまうので、躊躇してしまうのでした。
残響は付加されてしまいますし、音は籠もり気味で、どうにも聞いてい見られないレベルで音が変化してしまいます。

なので仮想サラウンド系のソフトは使い物にならないというのが定番です。

 キャプチャ2


そこで非常に評判がイイが、何しろマイナーなソフトなので知っている方も少ないこのRAZER SURROUNDの無償版をまず落として試してみましたが、これは「使える」というのが結論です。

使えるどころかこれは相当に優秀なソフトで驚きました。

デスクトップやノートパソコンでしか使えませんが、これを使用すると2CHヘッドホンが7.1CHのサラウンドヘッドホンに見事に変わります。
もちろん完璧にとは行きませんが、ちょっと驚くべきレベルで7.1CHサラウンド環境を実現できてしまいます。

このソフトのおかげで、あらかじめ音の悪い5.1CHや7.1CHなどの仮想サラウンドヘッドホンを購入して無理矢理使う必要が無くなり、好みの2CHヘッドホンを購入してサラウンドを楽しむことが可能になります。

それも「音の劣化」が非常に少ないレベルでサラウンドになります。

キャプチャ4

この劣化の度合いが低いというのがポイントで、仮想的にサラウンドを実現するとどうしても音は劣化しますが、これが最低限で実現できるというのは大きな利点なのです。

このRAZER SURROUNDは、隠れた名作ソフトと云ってもいいすぎではありません。、
おそらく、パソコンゲーマー以外、ほとんどの人が知らないソフトだと思いますが、パソコンでゲームをしたり映画を見たりするのにこれを使ったことがないというのは不幸だとさえ思います。

キャプチャ5


無償版でまず試してみて、気に入ったら有償版にすればイイと思います。
無償版ではイコライザーやヘッドホンごとの細かな調整が一切出来ませんので、本当に少し試してみるだけという事しか出来ないのですが、それでも十分にこの仮想サラウンドソフトの凄さは伝わると思います。


ちなみに有償版は、RAZER製品を何か持っていればそのシリアルコードで無料でダウンロードすることが可能です。

僕はゲーマーですが、RAZER製品を持っていないのでこのソフトのみ2622円税込みで購入しましたが、これだけの素晴らしいソフトでこの価格は十分に安いと思います。

追記
誤解の無いように書いておきますが、このソフトを使用したからと云って「真後ろから声が聞こえる」などと云う事にはなりません。
これはどうしても物理的にスピーカを背後に置かないと実現出来ません。

ハードウェアレベルでの仮想5.1や7.1のヘッドホン使用したことのある方なら分かると思いますが、あのレベルの音を2CHヘッドホンで簡単に、しかも音の劣化を最小限で実現するためのソフトです。

少なくとも僕が使う限りでは、ソニーの2.4Ghzの3万クラスの7.1CH仮想サラウンドヘッドホン以上の劣化のない音が出てきます。
なので2CHのヘッドホンのグレードを上げると、確実にソニーを超えます。

興味のある方はこちらへ。
Razer Surround Personalized 7.1 ゲーミング オーディオ ソフトウェア

最強ゲーミングヘッドセット USB接続 リアル振動機能付き 7.1CH EACH G2200ヘッドホン






関連記事

category: Mac & パソコン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/243-28864558
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop