ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  中華イヤホン・中華DAP >  【レビュー】Beats by Dr.Dre ノイズキャンセリングヘッドホン BT OV STUDIO を購入してみた 【ノイズ】

【レビュー】Beats by Dr.Dre ノイズキャンセリングヘッドホン BT OV STUDIO を購入してみた 【ノイズ】


まとめ
■音は価格なりで普通
■ホワイトノイズが酷い
■デザインは良い
■基本的に買ってはいけない
■意味の無いノイズキャンセル性能


IMG_4293.jpg


いま全世界で話題のBeats by Dr.Dre Studioの密閉型ヘッドホンを購入して見ました。
全世界で1500万とか2000万個売れたと云われている超有名なヘッドホンです。

元々僕はピュアオーディオ出身なので、BOSEとかこの手の素人受けするメーカーは眉唾だと思っているのですが、とにかくBeats by Dr.Dreのヘッドホンはデザインが上品で、PCでの用途に使うのなら「そこそこの音」でいいかと考えて買ってしまったのでした。


このBeats by Dr.Dre と云うメーカは、ネットでその出自を当たるといろいろと出てきますが、あまり「良い評判」のメーカーではなく、もともと「金儲け」をめざして作られたのが始まりのようなメーカーなので、たちが悪いメーカーだと云う事は知っていました。

例えばBOSEを僕らピュア派が使用しないのは、その評判に対してあまり音が良くないからです。
【ただし、ノイズキャンセルヘッドホンの性能はずば抜けています。ヘッドホンならかなり素晴らしいです】

そのBeats by Dr.Dreを購入してしまったのは、あまりの製品の評判の良さと売れ具合とデザインが素晴らしいと思ったからでした。
一応、量販店にて試聴してみましたが、「そんなに悪くない」という事もありました。

5万以下の密閉型ヘッドホンにありがちな「籠もり」が少ないと感じたのです。

チェックディスクも流してみましたが悪くなく、PC用でちょうど欲しかったのでアマゾンにて購入してみました。

家で、じっくり試聴しみて、愕然とする事になりましたので、その理由を述べておきます。


無音時のホワイトノイズが許容範囲を超えています。


ノイズがもはやウルサいというレベルで、アコースティックな曲や静かな曲を聴いていると、まるで音楽を聴いているのかノイズを聞いているのか分からなくなるレベルです。

Bluetooth接続なら多少のノイズは致し方ありませんが、有線接続のヘッドホンでこのノイズはあり得ないです。

このノイズの由来は間違いなく「ノイズキャンセル」の作動から来るものですが、これをOFFにするスイッチがなく、音楽を聴くために作動させていると常時ノイズが乗ってしまっています。
しかも、ノイズキャンセルの性能も「酷い低性能」で、こんなものならノイズキャンセルはつけない方が良かったのではないかというレベルのお粗末なキャンセル機能です。

試聴までしてこの大失敗の買い物にしばらく落ち込みました。

試聴したのが、量販店での絶えずざわついているような環境だったので、このホワイトノイズに気がつかなかったのでした。

家でじっくりと聞いてみると、それは酷いノイズで、不良品とまでは言えませんが、ノイズキャンセルが出始めた頃の初期にBOSE以外のメーカーがよくこんなノイズのヘッドホンを製品化していましたが、あれからもうだいぶ時間が経っているので、まさかいまどきこんなに有名な製品でこのように大きなホワイトノイズを聞くとは思っていませんでした。

音は価格から云えばごく普通か、普通より少し上くらいの物を持っているのですが、いかんせんこのノイズは受け入れられません。

と云うわけで、デザインは素晴らしく、音は低音少し強めのごく普通なのですが、製品の完成度としては「買うに値しない」製品だと云えます。
Beats by Dr.Dreの購入を考えている方がいるとしたら、他メーカーの物を物色した方が幸せになれます。

このメーカーはモンスター社に製品開発させていた経緯といい、その後のやりとりといい、拝金主義にまみれたメーカーで、やはり手を出すべきではありませんでした。

追記
サポートがアップルに移管していますので、念のためアップルに電話して確認しました。
ほぼ100%ノイズキャンセルのホワイトノイズだと確信していましたが、アップルの見解を聞いてみました。
結果は、サポートの女性も同じように「ノイズが少し大きい」というのは感じていたようで、「念のために検査」というのもありですと問われましたが、サポーがさすがにアップルで丁寧な対応に好感が持てたので、「仕様ならば仕方がないが、今時の製品でこのノイズは酷すぎる」と云ったところ、素直に認めていたのでそのままお礼を言って電話を切りました。
やはりこのホワイトノイズは「ちょっと酷い」です。



ノイズキャンセルならこちらのシリーズに適う製品はありません。
僕も使っていましたが、最強の性能です。ノイズもゼロデはありませんが、ほとんど感じないレベルです。


BOSEの新型です。

【ボーズ公式オンライン / 送料無料】 Bose QuietComfort25 ノイズキャンセリングヘッドホン


感想(20件)




基本的にBOSEのノイキャンヘッドホンは耐久性がありません。なので、ガンガン使う方は消耗品にかなり維持費がかかります。
偽物も数多く出回っているので、国内正規品をオススメしておきます。
ノイズキャンセル性能が欲しいのなら、無理をしてでもBOSEを買う価値はあります。


関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL