ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  買って後悔した登山ギア >  冷えピタとかいう役に立たない冷却シート

冷えピタとかいう役に立たない冷却シート


まとめ
■何の効果も無し
■何故こんな役に立たないモノを登山で使う?
■あるとするとメントール効果で冷えた気がするだけ



DSC05125.jpg


以前、なにかのブログを読んでいたときに、「冷えピタ」が真夏の登山に「効く」という話を読んだのですが、意味が分からずに放置していました。

どういう原理で体温を下げるのかがまったく分からなかったからです。

ところが、たまたま行ったドラッグストアのレジ横で270円だったので「自分の体で試してみよう」と思ったのでした。

本当にくだらない製品なので、ざっくりと行きますが、外界が34度の猛暑の中一日中効果的と言われる脇の下に貼り付けたまま過ごしてみましたが、何の効果もありません。
クーラー無し環境でテストしたので、一日中汗だくでしたが、首筋の頸動脈に貼ると動いて剥がれそうになるので脇の下に貼りなおしました。

結局、汗をかくと粘着力が弱くなり剥がれます。
また、貼ったままラーメンを食しましたが、滝のような汗は収まらず、何の意味もありませんでした。

元々この製品は「熱を下げる効果」はまったくありません。
0.1度も下げる効果はありません。
にもかかわらず熱を出したときにこれを貼る意味が分かりませんし、ましてや登山の時に使用する意味はもっと分かりません。

恐ろしいことになぜか救急セットにこの冷却シートを入れている人も居るのでますます意味が分かりませんが、メントール効果による「すっきり感」と云う気分的なモノ以外は何の効果も無いので、こんなモノを登山に持っていってはいけません。

僕はと云えば18枚入りを購入してしまったので、このゴミをどう消費しようか悩んでいます・・・・

こんなモノを使うのなら以前に紹介した「ファイントラック ナノハンカチ」に水を含ませて首筋に捲いていた方がよほど効果があります。

こちらの記事もオススメです
ファイントラック ナノハンカチ 石鹸無しで皮脂が落ちる





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL