ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  Bluetoothスピーカ・Bluetoothヘッドホン >  高音質でオススメ!! お風呂で使える防水Bluetoothスピーカ  EC technology アウトドア用に

高音質でオススメ!! お風呂で使える防水Bluetoothスピーカ  EC technology アウトドア用に

まとめ
■デザインはアレだが、音は良い
■現状の小型Bluetoothスピーカーではイチオシ
■とにかく音が良い
■Bluetooth接続に若干難がある
■音量調整が細かく出来ない



DSC05367.jpg


お風呂などで使える防水タイプのBluetoothスピーカです。

防水タイプのBluetoothスピーカのマニアなので、価格の安い物を頻繁に買い換えていますが、実際に紹介するのはそのうちのごく少数です。

と云うのも、特筆すべき特徴が無いとブログに書いたりしないからです。
例えば、最も軽いとか、デザインが良いとか、長時間駆動や価格が品質に対して恐ろしく安いなどという「理由」がないと、ブログの記事にはしません。

今回のBluetoothスピーカは久しぶりに自宅の防水タイプのBluetoothスピーカーを更新することになりましたので、ここに書いておくことにしました。

僕の自宅でこの手のBluetoothスピーカーが生き残るのはかなり大変で、激しい競争にさらされています。

多くても自宅には2-3つほどのスピーカしか置かないため、手に入れてもレギュラーメンバーである防水スピーカが変更になることは非常に少ないことなのです。

こちらのEC Technology® Bluetoothスピーカーは数年ぶりに「お風呂場の防水スピーカー」のレギュラースピーカを置き換えることになったスピーカーです。

正直、こちらのスピーカーのデザインはあまりにも独特なモノなので、デザインだけで云ったらとてもオススメ出来るものではないと思います。
長方形のコンパクトな箱のようなデザインで、黒いシリコンラバーで前面が覆われています。
ポツポツと赤色のスピーカの音を放射するための穴があいていて、デザイン上のアクセントにもなっています。

■重量 188グラム[実測値] 

なので、特段に軽いというわけではありません。

あえてこの防水Bluetoothスピーカの特徴を上げるのならば、「とにかく音がいい」という一点につきます。

DSC05369.jpg


2000円以下の防水Bluetoothスピーカーが溢れている中で、価格が安い訳でもないこのEC Technology® Bluetoothスピーカーをそれでも「買う価値がある」と判断するのは、まさに20個以上のBluetoothスピーカの音を聞いてきた人間として、サイズを考慮したなかで「いままで聞いた小型スピーカの中では「格段に音が良い」からに他なりません。

今のところ、僕が聞く限りこのEC Technology® Bluetoothスピーカーを超えるだけの音のするこのクラスのBluetoothスピーカは存在しません。

音はクリアそのもので、これを聞いてしまうと他の防水Bluetoothスピーカーの音を聞くことが苦痛になります。

いままで推薦していましたOmakerのM4やそれに準ずる高評価のBluetoothスピーカーですら全く適わないだけの音質を実現しています。

なので、登山などに持ち込むので出来る限り軽いものなどの条件がない場合は、こちらのEC Technology® Bluetoothスピーカーを強く推薦しておきます。

オートキャンプやお風呂で使用するくらいならまさにベストな選択になります。


ただし、幾つか注意点があり、そのうちの最も問題なことはBluetooth接続が若干不安定なことです。
その為、ときどきBluetooth接続を登録し直す必要があります。

音量調整もアバウトなため、細かな調整は難しいと思います。

DSC05368.jpg


ただし、中華製格安Bluetoothスピーカーで何の問題もない製品の方が珍しいので、この音の良さなら買ってしまっても特に問題にならないかと思います。

少なくも僕は、お風呂用スピーカーは入れ替えてしまいました。



数年ぶりのことなので、それだけの「音質」がこのコンパクトな防水Bluetoothスピーカにはあると云う事です。








関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL