ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  Bluetoothスピーカ・Bluetoothヘッドホン >  【レビュー】最強のモノラルBluetoothヘッドセット現れる!! ワイヤレスヘッドセット 音がいい

【レビュー】最強のモノラルBluetoothヘッドセット現れる!! ワイヤレスヘッドセット 音がいい


まとめ
■片耳式のヘッドセットでは最強
■スポーツにも推奨


DSC05502.jpg

これまでBluetoothのヘッドセット/イヤホン/スピーカは多数オススメを紹介してきました。

僕が実際に使ったモノで特に価格の安い物を厳選して紹介してきているのですが、主に耐水系のスポーツ用途に使えるモノをよく試しています。
それぞれ特徴がありますが、このブログに書いてあるモノであればどれを買ってもそれなりに満足していただけるのではないかと勝手に自負しています。

これまで片耳式のヘッドセットは1つも紹介してきませんでしたが、実際には10個以上を使用してきています。

イヤホンとは違い、片耳式のヘッドセットはそれなりに需要があるモノなのですが、どうしてもオススメに値するような製品に巡り会えずにいました。

その最大の理由が「音が悪い」という一点につきます。

元々モノラルのため、どうしても音が悪くなります。それが許容範囲を超えているので仕事などでどうしてもヘッドセットが必要という方以外には、積極的に勧める理由がなかったのです。

この手の片耳に嵌めるモノラルヘッドセットは実は根強い需要があります。

実はこの手のヘッドセットは仕事の最中に何気に音楽を聴くためにも使えるので、仕事のためという理由で音楽やラジオを流して楽しんでいると云うのが大きいのです。
仕事の時に両耳のイヤホンをしている人は見かけませんが、いまだに片耳式のヘッドセットをしている人は見かけます。これは本当のことを言ってしまえば、音楽を聴いているというのが実際です。

僕もこの事を知らなかったのですが、あるとき、ヘッドセットをしている人に聞いてみたのでした。

「ねぇ、今時そのヘッドセットだと恥ずかしくない?」
「ああ、電話の時に独り言を言っている人に見えますよね?」
「そうそう、恥ずかしくてできないよ」
「違います、違いますよ。これでいま音楽聞いてるんですよ」
「えっ、そうなの?」
「そうなんです。電話の時は独り言に見えないようにスマホを口元に持ってきたりしていますけど、実は音楽を常時ながしっぱなんですよね。これだと会社でも音楽聞きながら仕事出来るんですよ。特に年配の上司はワケ分かっていませんからね。言い訳がつくんですよ」
「なるほどねー」

と云うわけで、確かにこういったモノラルのヘッドセットなら仕事の時にしていても違和感が無いわけです。

と云っても幾つか購入してみましたが僕自身は積極的に使用することはありませんでした。

ところがここ最近はトレーニングで走るときや登山などの時に音楽を流す用途に最適だと云う事に気がつき、以来、両耳式のヘッドセットは辞めてほぼモノラルの片耳式ヘッドセットになってしまいました。

理由は、
■片耳式なので周りの音がほぼ確実に聞こえるので安全度が高い
■中華製の安価なモノが手に入るようになり、フィット感を気軽に試せるようになった
■モノラルでも音が良いモノをみつけた

と云う理由が大きいです。

スポーツなどに使用するのなら今ではステレオヘッドセットではなく、片耳式のヘッドセットをオススメしておきます。

特にここで紹介するヘッドセットは非常に良い製品です。
このヘッドセットなら自信を持ってオススメ出来ると思います。


DSC05503.jpg


ワイヤレスヘッドセット 通話/音楽可能 片耳 です
モノラルヘッドセットには大きく分けて2種類があり、耳掛け式ともうひとつ単純に耳にはめるだけのタイプです。

主流は装着の簡単な嵌めるだけのタイプです。
こちらの方が製品重量を軽くすることが出来、なおかつ装着スピードは一瞬です。
ほとんどの片耳タイプがこの形式になります。

ところがこちらの形式ですと、耳に合う製品の場合は非常に快適なのですが、ちょっとでも合わないとわずかな時間で耳が痛くなってきます。
なのでフィット感の良いモノに巡り会えるかどうかはもう数を試しまくるしかありません。
なのでこの手のタイプはこれがオススメ !!と云うのがなかなか難しいのです。

たいていのモノが小型化の弊害で音も恐ろしく悪いです。
しかも、小型のものはBluetoothの安定性にも問題がある場合が多く、小指の先ほどの小さなヘッドセットなどは殆ど実用になりません。

DSC05504.jpg 
こちらは耳にはめるだけのモノ。こういったタイプの場合、嵌めるだけというのは耳が痛くなるので避けた方が無難です。
製品によっては透明なプラスチックの耳掛けが付属していますのでそれを使うと良くなりますが、プラスチックの耳掛け部品が別体で外れやすく、構造的に外れにくいモノは買ってみるまで分からないところがあります。
音は、ほとんどの製品で絶望的に悪いです。


たいして耳掛けタイプの場合、大きくて重くなりますが、フィット感に個人差を感じる部分が少なくなります。
しかも、筐体が大きく出来る分音も良くて、性能も優れているモノが多いのです。

そんな中で耳掛け式のヘッドセットで最強のモノを手に入れてしまいました。

それが先に紹介したワイヤレスヘッドセット 通話/音楽可能 片耳 です。

最強のヘッドセットが欲しい方はグタグタ云わずに買ってしまってください。

とにかく音が良いです。
モノラルのヘッドセットでこれだけの音を今まで聞いたことがありません。

製品の性能も安定していますし、フィット感も良好です。

僕が10個以上のヘッドセットを使ってきた中で性能はずば抜けています。
この音を聞いてしまうと他のヘッドセットが使えなくなります。

僕はこのヘッドセットをトレーニングや登山に持ち込んでいますが、RUMMATERなどのアプリで歩いた距離などを聞いたりペースを音声で聞いたりするのにも使用しています。

僕個人の感想で云えば、正に最強のヘッドセットです。

逆に最初の1つがこのヘッドセットだと不幸なくらいです。
何しろこれ以外のヘッドセットに買い換えたとき、あまりの音の悪さにがっくりくるからです。

この音聞いてこれがヘッドセットの標準の音だなどと思わないことです。
このヘッドセットは反則なほど音が良いです。

と云うわけでスポーツなどの用途にもオススメしておきます。


現時点で最強の製品。少し大きくて重いが、とにかく音が良い。音楽を流すような用途なら無敵。耳も痛くなりづらい。
Bluetoothの接続安定性も素晴らしい。


超小型。プラスチックの耳掛けが付属している。音は悪く、Bluetoothの接続安定性にも多少問題があります。
この手の超小型タイプは性能的に無理があるのだと思います。
ただし、軽いので上記2点に納得出来ればこちらも買いを推奨できます。
この手のサイズの商品、もしくはこれ以上にコンパクトなモノはBluetoothの安定とバッテリーの持続時間が問題になります。
性能的に多少の我慢が必要。
なぜか音量が取りにくい製品も多いのでこちらも注意です。
また、耳にかけてもイヤーチップが耳に合わないとかなり早い時間に耳が痛くなりますので、フィット感には個人差がそうとうあります。こればかりは買って試してみないと分かりません。10-15分程度で痛くなり出したら、たぶん無理です。

ただし短期間のランニング主体なら多少の我慢で、こういった超小型製品も視野に入れるべきかも知れません。




関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL