ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  プレミアムランニングベルト ウルトラライト登山用のウエストポーチ

プレミアムランニングベルト ウルトラライト登山用のウエストポーチ

まとめ
■耐水性はほぼ皆無
■容量はおそらく1リットル程度
■実測値68グラムの超軽量
■とんでもない安値で永久保証



DSC05683-2.jpg



プレミアムランニングベルトと言われるモノですが、とにかく軽くて、とにかく安いです。
僕が購入したときはアマゾンで2本セットなんと899円!!!でした。

この製品は価格変動が大きいので800円台から1200円台までまるで株価のように変動しますので注意して下さい。
ただし、幾らの価格で買っても「お買い得感が高い」という不思議な製品です。

というのも、コレを1本1680円で買ってもたぶん安いと感じると思います。

注文して手に取ってみると、とにかく質感が相当高いです。

中華製の安物だろうと思って購入すると良い意味で大きく裏切られること請け合いの良製品です。

基本的にこの製品はウエストベルトのように腰に巻いて使用するベルト型のポーチですが、元ネタはおそらくHOLDTUBEのパクリのようなものではないかと思います。
間違っていたら申し訳ないのですが何しろそっくりです。

僕はHOLDTUBEの一番小さな製品を所有していますが、はっきり言ってあまり良いものではなく、皆さんにお勧めすることが出来ませんでした。
その間に一番高価な耐水性のあるHOLDTUBEも検討したのですが、なにしろ5000円近い価格で機能と価格が見合っているとはとても思えずに保留にしていましたが、アマゾンで似たようなこのプレミアムランニングベルトを見つけて購入してみたのでした。

しばらくテストしていましたが、この価格でこの質感、この保証内容なら十分どころか絶賛レベルでオススメできるのでブログに書いておくことにします。

DSC05684-2.jpg


まずこの製品は耐水性があるとのことで、ジッパー部分も止水ジッパーを使用しています。
ポーチ部分の生地も裏地に防水加工を施してありそうな生地なのですが、実際に水に濡らしてみると「耐水性はほぼ皆無」です。
なので、汗をかく季節にはこの中に濡れてはいけないモノを保管するときは必ずジップロックなどの防水性のある袋などに入れておく必要があります。
スマホなどは特に気をつけなければいけません。

内容量はベルトというくらいなのでかなり少ないようで、おそらくですが以前紹介したパタゴニアのLWヒップポーチとほぼ同じくらいではないかと思います。
2つのポケットを合算して1リットル程度の容量だと判断しました。
なので、スマホと非常食、薬類とちょっとした物を入れるだけでポケットは全て一杯になってしまいます。

以前に紹介したように非常用の物品を厳選して入れておくだけならたぶんギリギリの容量だと思います。
スマホなどでもiPhone6などの大きなモノはもうギリギリでなんとか入りますが出し入れする気になりませんので、入れたらよほどのことが無い限り取り出さないという覚悟が必要だと思います。

これはランニングなどのトレーニングにも使用できますし、ウルトラライト登山の非常用のウエストポーチとしても十分に使えます。

既に1つウエストポーチなどを持っている方も「勢い余って」購入してしまっても、届いたモノを見ればむしろこのメーカーに感謝の気持ちすらわいてくるくらいのまったく安っぽいところのない製品なのでぜひにとオススメしておきます。

もちろんまだ持っていない方は1つ手に入れておいても活用が考えられる方はまったく後悔することがないと思います。
少なくとも僕は1本450円程度の価格でこの出来は素晴らしいと思いました。

2本セットで販売されていますが夏の季節にランニングなどで使用する方は毎日洗濯になるでしょうから2本セットで売られているのはむしろありがたいくらいだと思います。
知り合いにプレゼントしても嫌がられるようなものではないですし、手に取ってみれば質感の高さに驚いてむしろもっと高い価格でもいいのではないかとメーカーを心配してしまうくらいの良製品なので親しい方に上げるのも喜ばれると思います。

久々に良いモノを安く購入できて満足です。

僕はしばらくウルトラライト登山用として使用する予定です。












関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL