ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ピュアオーディオ・ヘッドホン »モニターオーディオ PL300

モニターオーディオ PL300  

ある意味、衝撃を受けたスピーカのひとつですので、これについてもレビューしておきます。
ただし、批判的レビューですので、所有者の方には申し訳ないですが、ここから先は読まない方がいいと思います。
 
ずいぶん前のことですがも、モニターオーディオのPL300が入ってきたので、聴きませんかというお誘いがありました。僕はAVアンプでRS6スピーカを使用しているので、モニターオーディオの基本的な音質と評価は知っているつもりでした。
比較的、ドライバーの動作が軽いので、パワーアンプへの負担が少なく、立ち上がりの早い、非常にスッキリした音を出します。AVアンプ用だと、個人的には「環境音の再現」が必要なので、妙な色艶があるものよりは、無個性かつドライバーがアンプの負担にならないものを求めています。
 
PL300の価格が価格ですので、もちろん買うことはできませんが、当時、評論家から雑誌まで、手放しで絶賛の嵐でしたので、 どのような音がするのか興味津々でした。
 
ショップでは、とりあえずピアノ曲をお願いしました。
 
出てきた音にガツンと頭を殴られたような気がしました。なんという鮮烈な音なのか?曖昧さのない、立ち上がりの早過ぎる音です。これだけ音の立ち上がりの速いスピーカを聞いたことがありません。
ピアノ曲の奏者が変わったかのように、このスピーカだけ音のスピードが違います。かつて聞いたことのないクールで鮮烈な音が響き渡ります。
 
一曲聞き終わり、僕は席をたちました。
 
このスピーカは非常に野心的なスピーカで、おそらく今までコストパフォーマンスに秀でたスピーカづくりで世界的な評価を得てきたモニターオーディオがハイエンドに殴り込みをかけた渾身のスピーカです。
確かにでてくる音楽は、素晴らしいのです。
でも、音が根本的にダメなのです。
 
高音が耳に突き刺さり、音がとても痛いのです。ある意味、これほど音の痛いスピーカを聞いたことがありませんでした。普通は、部分的にちょっと痛い音がするスピーカが多いからです。
 
経験上、これは何をどうやっても変わらないスピーカ固有の問題であることは明らかでした。
アンプやセッティングでどうにかなるレベルではなく、そのように作られてしまったことは、明白だと思いました。
 
このスピーカは、壮大な失敗作です。
ですが、次世代の音というものがあるなら、その片鱗がほんの少しだけ垣間見えるスピーカかも知れません。
機会があれば、一度は聞いておいたほうが勉強にはなるかと思います。
 
関連記事

category: ピュアオーディオ・ヘッドホン

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/27-8c9b5072
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop