ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  生活用品 ライト/センサーなど >  室内用LEDセンサーライトのお気に入り 人感・明暗センサーライトの良品

室内用LEDセンサーライトのお気に入り 人感・明暗センサーライトの良品

DSC05815.jpg


まとめ
■単三電池使用タイプ
■安価
■人感センサーと明暗センサーを完備
■懐中電灯モードも素晴らしい



ここのところ室内用のLEDセンサーライトを幾つか試していました。

ですが、小型のライテックのベストセラーモデルを除いて気に入らないことが多く、とてもブログで紹介できる優秀なLEDセンサーライトに巡り会えませんでした。

最大の不満は、ほとんどの製品が小型化のために「単4電池」を使用していることです。

この為、クローゼットの中などに設置するのなら十分に使えるのですが、室内用にちょっと足下を照らしたいなどと云う用途にはほとんど使い物になりませんでした。

と云うのもバッテリーがあっという間になくなってしまうからです。

例えば中華製の10灯LED搭載モデルは単4を4本で駆動させますが、脱衣所に設置するとわずか一週間で電池が切れます。

これは明暗センサーと人感センサーを共に積んでいますが、夜、電気をつけて脱衣所に入ると明るくなる前にセンサーが作動して点灯します。

これを繰り返すとバッテリーはすぐに切れてしまいます。

人感センサーのみのモデルは基本的にクローゼットやキッチンの棚の中などに設置するためのモノで、これは周囲の明るさに関係なく、動きがあればすぐに点灯します。なので、廊下の足下などに設置すると一日中点灯を繰り返しますので部屋設置には不向きなのです。

僕は以下の用途でLEDセンサーライトを必要としていました。
  • ■クローゼットが暗いので、クローゼットを開けたときだけ点灯するセンサーライトが欲しい
  • ■停電対策で暗くなったときのみ人感センサーで足下を照らすLEDセンサーをリビングと脱衣所に欲しい

と云うことでした。

クローゼットの方は人感センサーのみで、1日数回しか開け閉めしないのでバッテリーもそれほどシビアに気にすることもなく、こちらはムサシライテックのLEDセンサーモデルですぐに満足することが出来ました。

後日、キッチンの棚が暗いのでそこにも同じモノを増設して、こちらも満足しました。

ちなみにムサシライテックのモデルも人感と明暗センサー付きです。

こちらの更なる増設でも良かったのですが、見える位置だとすこし安っぽいので、もう少し明るめのデザインも問題ない製品を探していました。

こういったクローズドな場所への設置ならライテックのセンサーライトはベストな選択だと思います。

問題なのはリビングと脱衣所に設置したモノです。

こちらは幾つか購入してみましたがどうしても満足のいくモノに巡り会えず、2個3個とセンサーライト探しの旅をしてしまいました。
最大の問題はやはりバッテリーが持たないのです。

この手のセンサーライトは基本的にクローゼットなどに設置することを前提にしているモノが多いのか、1日数回の作動で3ヶ月などと書いてありますが、実際に脱衣所に設置すると一週間しか持ちません。

廊下などの夜間用のフットライトとして設置するとたぶん数日しか持たないと思います。

要するに使い物にならないのです。

明暗センサーのおかげで日中は確かに点灯しないのですが、曇りの日は点灯してしまうことも多く、そうなると脱衣所といえども一日10-20回と作動してしまうからです。

そこで一番良いと考えたのがコンセントにさしてしまうモノです。

こうすると電源の問題が解決するのですが、家の適当な位置にコンセントがなく、延長ケーブルで持ってくると美観を損ねるのでいろいろとバッテリー式のタイプを試してしまいました。

そこで出会ったのが今回紹介するセンサー式LEDライトです。


DSC05816.jpg



ポータブル夜間人感センサーライト 自動動体探知式 電池式 赤外線センサー付き

結論から言いますが、これは素晴らしいです。
  • ■単三電池3本使用
  • ■人感センサーと明暗センサー搭載
  • ■3モード。
  • ■ディフューザーがよく出来ていて直視してもまぶしくない

とにかく優れているのは、単三電池なのでバッテリーが類似製品よりも長持ちすることです。

また、モードは基本的にオートモードで使用しますが、停電などの時にはそのまま取りつけフックからはずしてスイッチをオンにすると懐中電灯モードで使えることです。この場合、全てのセンサーはOFFになり、ライトとして使えます。

明るさ具合はちょうど6畳間をうっすらと照らすぐらいの能力ですが、もともと停電時の明るさ対策と、夜間に足を踏み入れた瞬間の一時的な対策のみなのでこれくらいの明度でも十分です。

唯一の欠点はLEDが白色しかないと云うことです。
その為、昼色の優しい感じが欲しいという場合は不向きです。

また、廊下などの頻繁に人の出入りがある場所にはそもそもコンセント式のセンサーライトしか使い物になりませんので、こういった用途にも不向きです。

この手の電池式センサーライトはそれほど頻繁ではないが、ちょっと足下に補助灯がほしいという場合にのみ使えます。

例えば家のリビングの場合は、夜、足を踏み入れた瞬間にセンサーライトが点灯しますが、すぐにスイッチをいれるので部屋が明るくなるとこのライトは反応しません。

なので、せいぜい一日数回しか作動しないのです。

こういった場所ならその目的を十分に果たしてくれます。
センサーライトは幾つか試しましたが、これは非常に優れています。

個人的にはかなり気に入りました。








lunaluna302.blog.fc2.com


関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL