ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  サバイバルグッズ 登山&装備 >  サバイバルシートを生地の違いからもう一度考えてみる

サバイバルシートを生地の違いからもう一度考えてみる

前回のサバイバルシートの記事に間違いがありましたので、訂正を兼ねて再度記事にしておきます。
勘違いしていたのはサバイバルシートの生地についてです。


DSC05855.jpg



正確にはサバイバルシートには素材が2種類存在します。
■ポリエステル
■ポリエチレン

一般的に売られているのはポリエステルの方です。
ポリエチレンの方は採用品が非常に少なく、しかも高価です。

違いですが、ポリエチレンの方がガサガサ音が少ないです。
簡易騒音計で測ったところ、

■ポリエステル 平均98デシベル
■ポリエチレン 平均72デシベル

でした。

カサカサ音に関しては、明らかに少ないと云うことが言えると思います。
25デジベル近い違いなので、これはもう誤差とかそういった範囲の話ではなく、明確に違います。

ただし、だからなんだというのが正直な思いです。

と云うのもこのテストをしているときに眠くなって寝てしまったのですが、はっきり言ってガサガサ音などどうでも良いのではないかと思います。

このようなサバイバルシートを使用するときは間違いなく緊急時なので、その時に、音がうるさいのどうのこうのなど云っていられないというのが本当のところでしょうし、普通は包まってじっとしているわけですから音など対して気になりません。

価格ですが、高価なポリエチレンタイプは定価で900円程度なので安価なポリエステル製と比較して2-4倍程度の価格差があります。

耐久性に関しては、試してみても素材による違いは「ほとんどなし」というのが実際とのところです。

SOLのホームページによると同社製のシートの方が引裂強度に優れている、と云うようなことが書いてありますが、テストする限り「まったく変わりません」ので、単なる宣伝文句というのが感想です。

サバイバルシートの記事でも書きましたが、このシートは「すぐに穴が開く」というのが最も問題であって、破れるというのはあまり問題ではありません。

これもSOLのホームページで穴が開いてもダクトテープなどで補修が簡単と云われていますが、無数の穴がすぐ開くので実際はダクトテープでの修理などほぼ不可能です。

そんなことをいちいちしていたら全面ダクトテープになってしまいます。


■素材によって暖かさに違いはあるか?

包まってみて、その中に温度計をいれて計測してみました。

外気温27.8度

■ポリエステル 32.2度
■ポリエチレン 33.1度

だったので、おそらく高価なポリエチレン製のサバイバルシートの方がわずかに「性能が高い」といえると思います。

ただし、両方をテストした限り、あきらかに「蒸れ感」はポリエチレン製の物の方が高く感じたので、温かい分蒸れも酷いと云う事だと思います。


■総評

価格と温度、つかいやすさ、蒸れ感などを総合的に考慮すると、個人的には安価なサバイバルシート、すなわちポリエステル製のモノで十分かと思います。
温度的な感覚ですが、「極薄のタオルを1枚余計に足したような感じ」と思っていただければ良いと思います。

サバイバルシートを使用したからと云って、いきなり劇的に暖かくなると云うことは決してありません。

ウルトラライト登山の方に大人気なのはSOLの製品群で、これは僕もさんざん使用してきましたが、正直にいってSOLでなければならないというようなことはありません。
それに同じサバイバルシートでもポリエチレン製の方が若干重くなります。
たぶん素材自体が少し重いのだと思います。

だいたい同条件下で計算上20%ほど重くなります。

と云うことで、ガサガサ音が少し小さいことと、「わずかな暖かさの向上のためだけ」に、2割ほど重くなり、蒸れも酷く、耐久性はまったく変わらないポリエチレン製のサバイバルシートを選ぶ価値はないと判断します。

なので、従来からのサバイバルシートのオススメに変更はありません。


サバイバルシートの危険性 使えるレスキューシートはこれだ! ウルトラライト登山

登山に使えるエマージェンシーシート ABO-014 レジャーシートにも使えるレスキューシート



こちらは高価なポリエチレン製のサバイバルシートの代表格。



一般的なポリエステル製のサバイバルシート。
最近はモンベルもポリエチレン製のシートも販売しています。価格は確か900円。


こちらも一般的なサバイバルシート。
価格が安いです。
使い捨てが基本なので安いパックで十分です。



個人的にオススメしているハイマウントのG/Sです。
ポリエステル製です。





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL