ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  世界最軽量か? アウトドア防水Bluetoothスピーカを手に入れる mocreo 防水IPX7 ワイヤレススピーカ 防水IPX7

世界最軽量か? アウトドア防水Bluetoothスピーカを手に入れる mocreo 防水IPX7 ワイヤレススピーカ 防水IPX7

まとめ
■実用度が高い
■音量も大きく取れる
■防水
■実測値69グラム



DSC05951.jpg



超軽量・超小型のBluetoothワイヤレス防水スピーカーです。
たぶんですが、防水タイプの物では「世界最軽量」の可能性が高いです。

もちろんパッシヴタイプのスピーカーは除きます。
アンプのいらないパッシヴタイプのスピーカーなら軽量なスピーカーはいくらでもありますが、ほとんど実用にならないため比較しても意味がありません。
パッシヴタイプのスピーカも幾つか試してきていますが、実際のところとてもオススメできるようなものではなく、音量がほとんど取れません。

Bluetoothタイプで主に防水の物というとブログでも紹介したTao tronicsのTT-SK03が99グラムで最軽量の可能性が最も高かったのですが、今回はmocreo社の防水Bluetoothスピーカー 防水IPX7 ワイヤレススピーカーで一気に30グラムも軽量化が出来たことになります。

実は防水タイプでなければ実測値で46グラムという超軽量Bluetoothスピーカーが存在するのですが、こちらは性能的にだいぶ問題があるため購入しませんでした。

その問題というのはレビューを読んで頂ければ分かるのですが、まず「音量がスマホと変わらず」また「音質もスマホのスピーカと変わらない」というものでした。

幾ら軽くてもスマホのスピーカと全く変わらないものを持ち歩く必要がありませんので、こちらの製品はスルーしていました。
もちろん防水タイプではないのでキャンプや登山やアウトドアで使用するには心許なく、そういった意味でも推薦できる物ではありません。


一応、こちらの製品がBluetoothワイヤレススピーカとしては世界最軽量クラスだと思います。
実測値で46グラム。


僕は一応アウトドア用でBluetoothスピーカを探しているので「防水」という枠の中ではおそらく今回紹介するスピーカーが最も軽い可能性が濃厚です。

スペック■防水等級:IPX7
■Bluetoothバージョン: V4.0+EDR
■Bluetoothプロファイル: A2DP1.2+AVRCP 1.3+HFP 1.5+HSP 1.2
■バッテリー容量: 内蔵500mAhリチウムイオンバッテリー、 3.7V
■入力:DC 5V
■出力電力:3w
■通信距離: 10m
■周波数範囲: 150HZ~20KHZ
■充電時間:3.時間
■再生時間:3-5時間
■待機時間:100時間
■サイズ:42*42*42mm
■ネット重量:69g【実測値】

サイズを見ていただければ分かりますが、要するに4センチ四方のサイコロ状のスピーカーです。

【音量つにいて】
かなり大きく取れます。6畳間くらいではたぶん最大にすると「ウルサい」と思うくらいです。
屋外でのアウトドアではたぶんまだ小さいと思いますが、この小ささなのでこれ以上望むのは酷だと思います。
筐体のコンパクトさからは想像できない音量でした。

もちろん本体で音量調整可能ですが、スマホ側からコントロールする方が無段階で微調整できますのでオススメです。

【音質について】
決して悪くないです。
直径3センチのフルレンジドライバーが2発なので低音はほとんど出ませんが、これは当たり前のことなので致し方ありません。
よくあるパソコン用の超小型スピーカに使われている30ミリフルレンジドライバーとたぶん同じ物です。

音質自体は、若干シャカシャカしています。
ただしこのスピーカーでこれだけの音が出ることに驚くほどで、特に不満はありません。
そういう音質を追求したスピーカーではないと云うことです。

【Bluetooth接続距離について】
公称値で10メートルですが、そうなるとクラス3の規格の筈ですが、そこまでの性能はありません。
おそらくクラス2で、接続距離は実測で5メートルです。
家の中では実質的に2-3メートルが実用的な接続維持距離になります。
いったん接続してしまえば特に問題なく安定しています。

【防水性について】この手のスピーカはたいていがIPX6なのですが、こちらのスピーカーはIPX7取得済みなので、同種の耐水スピーカよりも防水性は向上しています。
規格上は水深1メートルに30分ということなので、この手の防水スピーカの中ではかなり性能が高いと言えると思います。
実際のところ、一番危ないマイクロUSB充電口がかなりしっかりとゴムをはめ込む形になっているので、信用度は高いと思います。
シャワーくらいではびくともしませんでした。

【総評】
基本機能がしっかりしています。
マルチペアリングなどの余計な機能は何もありませんが、音質もますまずで音量もそこそこ取れます。
マイクなども完備しているのでヘッドセット代わりにも使えます。
とにかく小型で軽量、防水性はかなりのレベルでこの手の小型ガジェット好きな方を納得させるだけの性能があります。
ドライバーは一段下がっているとはいえむき出しですが、本体はゴムで覆われていますし、質感は高いです。

ウルトラライト登山などに持っていくような物ではありませんが、キャンプや釣り、旅行などにちょっとバックパックにぶら下げていくなどと云うには最高におもしろいアイテムだと思います。

最後に書いておきますが、付属のカラビナは中華製のよくある粗悪な物なのでこれを使用してはいけません。
簡単に破損するのでアウトドアなどでは落とす可能性が高まります。
実際のところ僕も数個破損しているのでこのカラビナだけは使用してはいけません。



こちらがそのスピーカーです。
オススメできます。

Bluetoothスピーカー系の記事は、Bluetooth系カテゴリにまとめてあります。





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL