ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ガーミン/登山GPS関係/アプリ »ガーミン GARMIN 純正ベルト・クリップ GPS用

ガーミン GARMIN 純正ベルト・クリップ GPS用   

まとめ
■ガーミン純正のGPS用ベルトクリップ
■なかなか便利
■etrexなどのスティックタイプは特に誤作動が減る
■17グラム



DSC06378.jpg


ガーミン純正のベルトクリップを手に入れました。

もうガーミンのGPSを使い続けてそこそこ経つのですが、いつも腰のベルトに携帯用ストラップを使ってぶら下げているので特に必要を感じていませんでした。

ところが最近になってブラブラするので体に当たるのが気になるようになってきたので、こちらのベルトクリップで腰のベルトに装着してしまおうと考えました。

本当は同じガーミンから発売してるバックパックテザーレールタイプが一番いいのでしょうが、僕は以前のウエストパックの記事でも書きましたが非常用品は極力バックパックに入れずに持ち歩いているためそちらの製品はどうしても納得できませんでした。

バックパックテザーならショルダーパッドに装着して紛失防止用のドローコードも付いているのですが、やはりGPSは体から離さないと云うことが大事だと思っているのでそういう使い方ではカラビナで腰に装着するかこういったクリップで装着するかと云う事になります。

元々使用していたオレゴン600はカラビナクリップが付属しているのですが、安くてものもしっかりしていることは確かなのですが、正直必要性をあまり感じません。
ストラップ穴にヒモを通してカラビナをつければより軽く同じ事が達成できるので純正のカラビナクリップを購入する必要性が薄いのです。

そこで今回はベルトクリップを購入してみました。


DSC06381.jpg 
このようにバックパックテザーのようにも使えます。ショルダーパットにも装着可能。


これは悪くないです。

ベルトだろうが、ショルダーパッドだろうが挟める場所があればどこにでも挟めるので装着の自由度がかなり向上します。
クリップ自体はそこそこの力で挟み込めるので、ちっょと不安なところもありますがあまりガッチリと力をかけるクリップだと気軽に取ったり装着したりと云うことが出来なくなるのでこれくらいでちょうどいいのかもしれません。

それでこういったクリップはetrexなどのスティック操作タイプのGPSにこそ威力を発揮するものだと思います。


DSC06380.jpg

元々僕がタッチパネル機への移行を考えた最大の理由がスティックの誤作動なので、僕のようなタッチパネル機を使用している方よりもむしろスティックタイプのGPS機の方はほぼ必須であると思います。

なにしろポケットに入れても、ぶら下げていてもスティックが当たると常時誤作動するのが非常にキツイのでそれを防止するという意味ではこのような専用のベルトクリップは有用です。

少し重いですがガーミンGPS機ならほぼどの機種でも万能で使え、GPSを買い換えても普通に使えるモノなのでガーミン所有者の方はこちらも同時に購入しておくことを強く推奨しておきます。

patagonia LW Travel Mini Hip Packなどのウエストベルトポーチを装備する話


汎用性が高く、装着の自由度がかなり高まります。


価格が安いので持っていても損ではありませんが、必要性は薄いです。


ベルトクリップがあればこちらも必要性は薄いです。
逆に言えばそれだけベルトクリップは優れています。

ガーミン(GARMIN) シンプルベルトクリップ(レールタイプ) 1173420 【登山 トレッキング】

価格:1,944円
(2015/10/13 03:06時点)
感想(0件)






関連記事

category: ガーミン/登山GPS関係/アプリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/291-843cdff0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop