ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  アクションカメラ/ドライブレコーダー >  僕がパナソニックのアクションカメラを買わない理由 A1H/HX-A500

僕がパナソニックのアクションカメラを買わない理由 A1H/HX-A500


まとめ
■メリットに対してデメリットが上回る
■バッテリーが高すぎる
■水平が取りにくい
■視線カメラは映像酔いを起こす


ez01_s.jpg



僕は現在3つのアクションカメラを使用しています。

ソニーのAS30V、ポラロイドのCUBE、SJCAM M10です。
状況に合わせて使用しますが、一番出番が多いのがソニーのアクションカムで、次にCUBEという所ですが、今年の冬は本格的に登山ではCUBEへの以降を目論んでいます。

もちろん映像は圧倒的にソニーのアクションカメラの映像が素晴らしいのですが、軽量という点ではどうやっても太刀打ち出来ないほどCUBEは優れているからです。

CUBEの実質的な重さは44グラムです。
それでいて本体のみで2メートル防水を達成していますので、制限は多いですが使い方さえ間違えなければ登山などのシビアなアクティビティーには好適です。

fig-01.png


実はCUBEを購入するときに最後まで迷ったのがパナソニックのA1Hです。

A1Hはカタログ値で45グラム。こちらも本体のみで1.5メートルの防水構造です。

さんざん迷ったあげく僕はA1Hを辞めてポラロイドのCUBEを購入しました。

本体の性能だけで比較すれば圧倒的にA1Hが優れています。

1080/30Pの映像ビットレートは平均で15Mなので、ここだけでもCUBEの平均ビットレート8Mの二倍近い性能があり、もちろんこれは映像の精細さに直結してくる項目なので当然A1Hの映像が綺麗ということになります。

更にwifi対応、ナイトモード搭載などわずか45グラムの筐体としてはかなりの高性能です。
もちろんポラロイドのCUBEにはこのような機能は一切ありません。

それでいて本体のグラムは1グラムしか違わないので、普通に考えたら同じマイナー機種ならA1Hを選ぶのが当然のことだと思います。

なのになぜパナソニックのA1Hではなく性能の劣ったポラロイドのCUBEを選択したのかというと、何度も見に行って映像をチェックして「これは厳しい」という結論になりました。

一応登山使用という前提でのデメリットを書いておきます。


fig-05.png 
ヘッドマウントというのはこのように頭部に設置するものです。あまり頭を動かさない場合はいいのですが・・・・

■付属のヘッドマウントで撮影すると3D酔いを起こすほど映像が揺れる

僕はFPSゲーマーでもあるので3D酔いにはかなり強いのですが、それでもクラクラくるほど視線位置にヘッドマウントで固定したカメラの映像は揺れます。
それが証拠にパナソニックの公式ビデオの映像は数秒ごとに細切れの視線映像しか掲載されていません。
当たり前です。数十秒単位で連続した映像を流すとグラグラ揺れるのが一目瞭然になるので細切れ映像しか載せられないのです。
どれくらい映像が見にくくなるのかはYOUTUBEで個人の撮った視線位置での映像をみればすぐに分かります。
なので、A1Hの売りのひとつであるヘッドマウントによる視線カメラはほとんど使い物になりません。

■予備バッテリーがバカみたいに高い

拡張バッテリーが1本実売で7800円。高すぎます。

■手持ちで撮影で水平が取りにくい

視線位置にヘッドマウントで固定せずにカラビナでぶら下げて「手持ち撮影」を主体にしようかとも考えましたが、この丸い形のせいで水平が非常にとりづらいのです。
これは致命的です。
僕が所有する他のカメラでソニーが最も手持ち撮影に適した形状ですが、M10でもCUBEでも手で触ると上下がすぐに分かり、サイコロのような形なので水平が分からないと云う事はありません。
たいしてA1Hはボタンの位置で上下の判別は出来てもデザイン的に水平が分かりづらいのです。
と云うことは、撮影した映像が絶えず微妙に斜めになったりする可能性が高いと云うことです。

よく撮影している方は分かると思いますが、これはあとで映像を見かえしたときに非常にイラッと来がちな映像になります。

また、長細いデザインなのでバックパックなどに固定するのにも向きません。
これはソニーのアクションカメラもその傾向があります。
この手の細長い形ですとバックパックから異常に前に突き出るためもの凄く邪魔です。

パックパック固定優先であるのなら奥行きが狭いほど有利です。

以上のような理由がメインで僕は最後まで迷いましたが超軽量で高性能なパナソニックのアクションカメラを断念しました。

登山などに持ち込むためにA1H購入を検討している方も多いと思われますので、僕の見解を書いておくことにしました。
僕がデメリットと考える部分に納得がいくのならわずか45グラムのパナソニックのアクションカムは選択肢としては悪くありません。

と云うわけであくまで参考程度ですが「僕がパナソニックのアクションカメラを買わない理由」でした。

パナソニックのサイトはこちら

ウルトラライトなアクションカム ポラロイドCUBE 超軽量44グラムの登山アウトドア用ビデオ

SJCAM M10 wifi版 小型アクションカムのレビュー

GOproか、それともソニーアクションカムか? どちらを買うべきか? 








関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL