ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ガーミン/登山GPS関係/アプリ >  garmin GPS etrex 20x/30x 及び touch 25/35の違いについて/登山用GPS

garmin GPS etrex 20x/30x 及び touch 25/35の違いについて/登山用GPS

まとめ
■基本的に上位機種を買うべき


DSC07365-1.jpg

garminのetrexシリーズを購入するときに、まず迷うのが下位機種か上位機種のどちらを選択するべきなのかと云うことだと思います。
僕も最初は悩みに悩んで当時etrexの20という機種を買いました。

ここで少し遍歴をお話ししておきますが、僕も最初に登山したときにはスマホで登山していました。
当時もいまと同じiPhoneでしたが、型番は忘れました。iphone4あたりではなかったかと思います。

この頃はいまのようにオレゴンやらtouchやらといったタッチパネル搭載機は影も形もなく、クリックスティック機一択でした。

スマホでしばらくGPS登山を楽しんでいましたが、画面も大きくGPSはときどき樹林帯で大きく軌跡を飛ばしましたが、何よりも家に帰った後にログを見て楽しむという新しい楽しみ方に感動を覚えた物です。

ところが、やはりというかすぐにスマホで登山は壁にぶち当たりました。

ご想像の通りだと思いますが、「バッテリーが持たない」のです。
GPSログを取ると、取得間隔に寄りますがだいたい7-8時間でバッテリーは空になるのでした。

僕のような低山登山だと1日7-8時間というのは長めの登山なのですが、それでも下山するときにはスマホのバッテリーは空の状態が続き、結局、GPS専用機を真剣に考えました。

そこで初めて購入したのが、garminの当時大人気を博したetrexでした。

この時とても迷ったのですが、etrex20/30のなかで下位機種の20を購入したのでした。


【ETREX20/30の違い まとめ】
現在の20x/30x機でも同じなのですが、下位機種の20の方には以下の機能が付いていません。

■気圧高度計
■電子コンパス
■ANT+


使いこなす内に上記の機能が無いと云う事は個人的には「致命的」に思えてきました。

まず、気圧計がないので高度がGPS高度しか記録出来ません。
この為、誤差がとても大きいのです。
もともとGPSの高度誤差は原理的に大きくて、数十から100メートルくらいまで狂います。

なので家に帰ってログを見ると高度がかなり狂っているので、辟易したのでした。

更にGPSを使っていく内にANT+規格の周辺機器を全く使えないため、温度センサーや心拍計の類いが全く接続出来ないのでした。

要するに後々の拡張性が皆無なのです。

なぜ下位機種の20を購入してしまったのかと真剣に悩みましたがおいそれと買い換えられずに悶々としてしまいました。

その後、だいぶ経ってからですが時代はタッチパネルだと云う事で円高を追い風にオレゴン600に買い換えたわけです。
さすがにオレゴンシリーズは上位機種なのですべての機能が使えたので、温度センサーやら心拍計を買い込んで楽しんだのでした。

もちろん電子コンパスや気圧計から導き出される高度はGPS高度よりも数段正確でログもかなり正しい物になりました。

なので僕はあえて言いますが、20x/30xやETREX touch 25/35のどちらを買うかと悩んでいるのなら、貯金のために買う時期を少し遅らせたとしても上位機種を買った方が良いとアドバイスしておきます。

特に登山の場合は高度と電子コンパスは重要です。


また、登山以外の方ならANT+規格の周辺機器を使えないのはとても痛いです。

あえて言うのなら、登山の方で高度は時計で見るから特に必要ない場合やログを特に見かえして高度が不正確でも気にならないという方でログが取れて現地で地図が見れればいいと云う方なら、下位機種でも満足出来ます。

ですが、それ以外の方は下位機種を買うと後でキツイです。

登山だけでなく、ランニングやサイクリングでも使いたいなどとマルチな活用が視野に入る方もANT+の周辺機器が使えないのはほぼ重要なデータに何もアクセス出来ないことを意味します。

なので、出来れば上位機種の購入をお勧めしておきます。


【ETREXtouch25/35の違い まとめ】



ちなみに、ETREX touch 25/35の違いを書いておきます。

■気圧計がない
■ANT+周辺機器が接続出来ない
■電子コンパスは付いている
■Bluetoothも25には付いている


要するに、ETREX touch 25にすると高度が不正確になり、周辺機器が何も接続出来ません。
Bluetoothによるスマホと連係プレーは出来ます。



ETREX 20x/30xの違いです。旧タイプの20/30も同じです。

■電子コンパスがない
■気圧計がない
■Bluetooth接続は20x/30x共に接続出来ない
■ANT+機器は20xには接続出来ない


ということになります。

正直に言ってetrex20x/30xはさすがに設計が古いです。
Bluetoothはシステム上付いていないので、スマホとの連係プレーでは一段落ちます。

ですが、やはりANT+機器が使えないのはとても痛いのでどちらかというのなら、30xを選択しておくべきだと個人的には思います。

garminからANT+機器の投入が続いていますので、新型心拍計からケイデンスセンサーまで必要なセンサー類を選択することにより未知のデータが簡単に取れるようになるので、次のトレーニングなどに活かすことが出来るようになります。
次の段階にステップアップしたり、データマニアの方は上位機種を購入する必要があると思います。

参考記事
まとめ】ガーミン登山用GPSのオススメ9選


温度センサーです。外気温測定には必須です。登山には相性が良いです。

eTrex30x(英語版)電子コンパス気圧高度計付き【送料・代引手数料無料】(eTrex 30x 英語版)GARMIN(ガーミン)≪あす楽対応≫

価格:34,560円
(2015/12/11 08:07時点)
感想(5件)







関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL