ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ガーミン/登山GPS関係/アプリ >  タッチパネルGPSは真冬の登山で使えるか? タッチペンを試してみる ガーミン雪山/冬山

タッチパネルGPSは真冬の登山で使えるか? タッチペンを試してみる ガーミン雪山/冬山

まとめ
■ガーミンETREX touch 25/35をタッチペンで使ってみる。
■全然問題なし。むしろこちらの方がいいかもしれない。
■雪山も余裕かも





ETREX touch35の素手での操作画像と静電容量方式のタッチペンを使って操作した映像をアップしました。

スマホと同じ操作感というのはやはり素晴らしいと思います。
ガチの冬山で使うのは難しいと言ってきましたが、手元にIPAD用のタッチペンがあったので試してみました。

これなら雪山でも問題ないかも知れません。

詳細は映像を見ていただければ良いのですが、全く問題ありません。
むしろこちらの方が操作しやすいかも知れません。

分厚いグローブをしていてもペンさえ握れれば行けるのではないかと思います。

画面が小さくても何の問題も無いです。
これなら画面の大きなオレゴン系ならもっと扱いやすいのではないかと感じます。

軽い冬山でも今後はタッチペンをストラップにして一緒に持ち歩こうかと思います。

注記
タッチペンは、静電容量方式と感圧式の2種類がありますが、ガーミンに使えるのは「静電容量方式タッチペン」です。
また、ガチの雪山でペン先の素材がどうなるかはまだ確認していませんが、そこまでの状態ならGPS自体も含めて服の内側に入れているでしょうから問題は少ないのかも知れません。
そのあたりは、実地テストでの継承した人の出現を待った方がいいかもしれません。



こちらを買ってみようかと思っています。伸縮式です。使わないとき短く、使うときは長く出来ます。
冬山で使うなら、もっと太くて長いペンがいいかもしれません。





Garmin 010-01325-10 etrex タッチ 35 (海外取寄せ品)

価格:64,904円
(2015/12/18 02:58時点)
感想(0件)








関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL