ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  Bluetoothスピーカ・Bluetoothヘッドホン >  【まとめ】2015年のBluetoothヘッドセット/イヤホン/スピーカー オススメベストバイをざっくりと振り返る

【まとめ】2015年のBluetoothヘッドセット/イヤホン/スピーカー オススメベストバイをざっくりと振り返る



2015年も小物を含めて格安中華製品を中心に購入してきましたが、ここでざっくりとBluetooth系のものを振り返ろうと思います。
グダグダ書くと長文になりますので、本当にざっくりと行きます。


DSC08104-1.jpg



【Bluetooth系ヘッドセット】
なんといってもサウンドピーツのQY8の音質はずば抜けていました。
この価格でこの音質なら並の有線イヤホンでもとうてい勝つことが出来ません。
この性能なら例え一万円で売っていたとしても妥当だと判断します。
同社のQY9の音も聞きましたが、まったくダメなので今のところサウンドピーツという会社やそれ以外を含めてQY8に音質で勝つには相当優秀なBluetoothヘッドセットを持ち出さないと勝てないと思います。

今後の格安Bluetooth系の音質ベンチマークにも使えます。





【sonyのBluetoothレシーバー】
なんといってもソニーのBluetoothレシーバーは優秀です。
お好みの有線イヤホンで低音などを好みの音で聞きたいというのならソニーのBluetoothレシーバーは抜きんでた性能があります。
音質重視ならノイズキャンセルのないものを選択して下さい。
この分野で格安の中華製はほぼ全滅です。


こちらはソニーの格安Bluetoothレシーバー。
僕が使っているモノではありませんがソニーなので問題は無いと思います。
こういったものを購入して有線イヤホンで音を調整するのはかなり楽しいです。

【あす楽対象】【送料無料】 ソニー ブルートゥース ワイヤレスステレオヘッドセット SBH50-B[SBH50B]

価格:5,649円
(2016/1/1 05:07時点)
感想(30件)





【Bluetooth防水スピーカー】
最軽量でIPX7防水の超小型スピーカーであるmocreoのCUBEタイプスピーカーは超小型軽量サイズではベストバイだと思いました。
これ以上に小さいものも存在しますが、音質が極端に落ちることとバッテリー持続時間に難が出てくるためオススメ出来ません。
30ミリドライバーを積んだこのサイズが音質的におそらくギリギリの許容範囲だと思います。

もう少し大きなタイプですとvictsing社の防水スピーカが低音を程よく強化して素晴らしかったのですが、こちらはすぐに廃盤となってしまい既に手に入れる事ができません。
もし購入可能ならCUBEサイズよりもワンサイズ上の手のひらサイズの防水スピーカーならベストバイでした。
同種製品と比較して音が全然違います。

音質重視の小型スピーカーならectecnology社の防水スピーカはこのクラスではいまだに最強の音質です。
このサイズ感でこの音は当分超えられないかも知れません。

手のひらサイズを超える大型Bluetoothスピーカーも幾つか聞いていきましたが、音質でいうのなら国産や海外の製品を素直に購入してしまった方が良いです。
このあたりは僕があまり興味が無く数を聞き込んでいないのでオススメはありませんが、ひとつだけ言えるのは中華製品のチューニングでは大型スピーカ分野はまだ太刀打ち出来ません。

なので5000円以上の大型Bluetoothスピーカーなら中華製品はオススメ出来ません。
素直に定評のあるものを購入しましょう。



IPX7完全防水で超小型・超軽量のBluetoothスピーカー

注記
今年紹介した高音質Bluetoothスピーカーの多くが販売中止になってしまいました。
なので既に紹介のリンクを張ることすら出来ません。
こうなるとまた新たに探す事になりますが、運良くそういった製品に巡り会えるかは分かりません。
ただ言えるのは手のひらサイズのアウトドア系耐水小型Bluetoothスピーカーに関しては余程のショボい製品でなければ既にほとんどの製品がある一定のレベルには到達しています。
なので「高音質」にこだわらなければどれを購入しても大差はありません。
価格差の多くがバッテリーの容量と品質に依存している傾向があるので、価格の安い物は短時間再生が主ですが、お風呂で毎日使うくらいなら2000円程度のレベルの製品でも既に十分だと思います。


【Bluetoothモノラルヘッドセット】
音質ではdylanの方耳式ヘッドセットを超える音質は今のところまだ聞いていません。

長時間再生ならmarsboyの24時間再生可能なヘッドセットも抜きんでています。
音質を重視しないのならmarsboyのヘッドセットはかなりの出来の良さです。
耳に合えば登山やサイクリングや釣りなどにも相当使える機種なのでひとつ所有していても良いと思います。
マイク性能も並なので合格点です。


最高の音質です。


驚異の再生24時間

【Bluetoothヘッドホン】
こちらも幾つか聞いてきていますが、やはり手元に残しているのはサウンドピーツのA1です。
5000円以下のBluetoothヘッドホンなら素晴らしい出来だと改めて思いました。
国産や海外製なら1万円以上の音がします。

この価格で購入して使い倒す用途ならそうそう不満はないのではないかと思いますが、A1は外装がプラスチックで安っぽかったりするのでそういった点で不満は残るかも知れません。
ただし、ヘッドホンは「軽い」と云うことも重要な機能のひとつなので下手に豪華にするとひたすら重くなるのでやたらと頑丈にするのも考え物なのです。

ですが、ヘッドホンに関してはかなりの数が出ているので自信がありません。
ただひとつ言えるのはある程度の音で聞きたいというのなら一気に2-3万クラスのものを購入した方が迷わずにすむと云う事も確かです。

僕はもともとハイエンドの有線ヘッドホンを聞き込んでいるのですが、いま所有しているものがそこら辺のヘッドホンとまったく音質の違うものなのでちょっとミドルレンジクラスの評価が難しいのです。

もともとが密閉型ではなく、オープンエアータイプのヘッドホンを好むと云う事もありますので。



念のために書いておきますが、もちろん有線専用のヘッドホンなら選択肢はグッと増えてきますのでいろいろと選べると思いますが、時代の流れは既に無線のヘッドホンに完全に移行しています。
僕も今年はbeatsのstudioを購入しましたが、ノイズと有線の煩わしさで即売り払ってしまったので、やはり適当に使うのならBluetoothワイヤレスはかなり便利だと思います。




【番外編 有線イヤホン】

有線イヤホンは人気がグッと落ちていて価格が安めなので選びたい放題なのですが、とても選択が難しい分野です。
製品事の味付けがかなりバラついているので、どうにもならないチューニングの製品が大多数を占めているのが現状です。

具体的にいうと「低音」のブーストが問題で、過剰な低音の製品が溢れてしまっています。

また有線イヤホンの評価を難しくしているのが「装着によってコロコロと音が変わる」というのがとても大きいので、同じ製品でも浅く装着する人と深く装着する人で音質評価が全く違うものになってしまいます。

Bluetoothヘッドセットでも同じなのですが、まずもって「適度な低音」が大事でまずここから判断することをオススメしておきます。

なので基準となる低音を持つある程度優秀なイヤホンを手に入れておく必要があるのです。
この基準となるものがないとバランスや音が判断出来ません。

以前このブログでは中華製のマニアックなKZ ATEと云うイヤホンを紹介させて頂きましたが、もう少し日本で人気のあるもので価格も安い物ということでベストセラーモデルのひとつであるZERO AUDIO社の製品を紹介しておきます。

こちらをひとつ手に入れておくとイヤホンやヘッドセットの音質や低音を評価するひとつの基準とすることが出来ますので、オススメです。


こちらは低音が少し強化されています。
音のバランスやクリアさ、明るさを判断するのに僕が使用しています。
音質の傾向としては中庸か少し暗めの音です。なので新しいものを購入して比較したときに「きらびやかに」聞こえたのなら、そのヘッドセットの音は明るめです。
低音は量感と切れは良いのですが少し強めに出てきますので、こちらのイヤホンよりも低音が少し少ないくらいが標準です。
ただし、少し低音強めなくらいが聞いていて楽しいので、下位バージョンのテノールよりもこちらをオススメしておきます。



関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL