ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  Mac & パソコン >  【高音質Bluetooth】APT/Xに唯一対応するBluetoothドングル CSR HARMONYドライバー 

【高音質Bluetooth】APT/Xに唯一対応するBluetoothドングル CSR HARMONYドライバー 

まとめ
■クラス1機器に対応しているのなら長距離対応
■APT/Xに唯一対応するBluetoothドライバー
■環境によってはドライバーが不安定



DSC08973-1.jpg


Bluetoothドライバーですが、何社かあるうちのひとつにCSR社というのがあります。
僕もドライバーは幾つか使用してきましたが、高音質環境であるAPT/Xに唯一対応するBluetooth機器なのでここで紹介しておきます。

音質に対するこだわりがあるのならば、CSR社のBluetoothドライバーしか選択肢はありません。

こちらのCSRドライバーは環境によっては極めて不安定になるのであまり評判がいい物ではありませんが、CSR harmonyというドライバーを適合させることによって現状各社のBluetoothドライバーの中では唯一のAPT/X対応の高音質環境をを実現出来ます。

APT/Xはアンドロイドなどで採用されているBluetooth伝送規格の中でもっとも音質重視のプロフィルなのですが、ヘッドセットなどが対応していないとこの恩恵にあずかることは出来ません。

なので出来るだけPCで高音質でBluetoothを聞きたいというのならドングルはこちらのCSR社の物を選択する意外にはありません。

最近ではBluetoothドングルも価格破壊でだいぶ安くなりましたので、もし買い換えを検討しているのならCSR社のチップを使用したドングルをオススメしておきます。

僕の環境ではまったく問題なく使用出来ていますが、windows7 64bitの自作環境なのであまり参考にはならないかも知れませんが、broadcom社のチップを使用したモノよりも格段に安定しています。

もともとCSR社の方が出力電波は強いので、環境が合えば無敵のBluetooth環境になります。

大手メーカーが販売してる物も各社のチップが混在しているので、音質にこだわりたい方は購入時にCSRチップが使われているかどうかは必ず確認した方がよろしいです。

環境依存による不安定な症状さえ出なければこちらのCSRチップ使用のBluetoothドングルは個人的には特にオススメです。
もちろんノートパソコンなどで最初からBluetoothチップが選択出来ない環境では意味がありませんが、デスクトップ系であるのならば一度試してみる価値は大きいです。

APT/X対応機機同士で接続すると「音質は大きく向上」します。
しかもとても分かりやすいことに、APT/Xでの接続時に大きくポップアップが表示されるので接続が確認出来ます。

価格の安い製品ですので高音質対応のドライバーが欲しい方はぜひ試してみてください。

サンワサプライ Bluetooth 4.0 USBアダプタ(class1) MM-BTUD43

新品価格
¥1,275から
(2016/11/30 01:28時点)




【Newiy Start】Bluetooth USB アダプター BT4.0 EDR(省エネ) aptX(高音質) CSRスタック付属 無線 小型 ブルートゥース ドングル レシーバー(ブラック)

新品価格
¥1,190から
(2016/11/30 01:29時点)





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL