ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  Mac & パソコン >  RAZER 緑軸JPキーボードを日本語かな仕様に変更しました。キーキャップ交換のお話し

RAZER 緑軸JPキーボードを日本語かな仕様に変更しました。キーキャップ交換のお話し

まとめ
■JP日本語配列キーボードならCherryMX互換軸は全て日本語かな仕様に出来る



DSC09662-1.jpg


もともとコルセアのK95RGBを使っていますが、K95はメカニカル軸の中では最も軽い赤軸です。
コルセアのキーボードは品質ソフトウェア共に最高レベルの出来の良さで、2015年最高の買い物の1つでしたが、ここ最近タイピング用途でのメカニカル青軸に急速な興味が出てきました。

ところが青軸で日本語かな仕様というとオウルテックくらいしかなく、FILCOなどもあるのですが、品切れが多くて困ってました。

要するに日本語かな仕様のキーボードでメカニカル青軸というと極端に選択肢が限られてくるのです。
ちょっと油断していると売り切れて市場から消えてしまうのでした。

実はこの間にもUS104タイプのOUTEM青軸のものを手に入れて「ローマ字入力」になれようと数ヶ月格闘していたのですが、OUTEM青軸は打ち味は素晴らしいのですが軸がMX青軸よりも5グラム作動点が重く設定されているため、タイピング使用ではとても疲れるのでした。

それにやはりローマ字入力だと単純に労力が2倍に入力スピードが半分になります。

よくライティングしている僕にとってはこの労力の差は耐えがたいもので、やはり慣れることが出来ませんでした。
入力スピードを追求するのなら「日本語かな仕様」以外に選択肢はありません。

と云うわけで1ヶ月近く青軸キーボード探しをしていましたが、もともと中華製のUS104のOUTEM青軸を一時的に使用していましたので、今回は純正とも言えるMX青軸のみを狙っていました。

何度も量販店に青軸をうちに行きましたが、その中でもオウルテックのMX青軸とアーキスの青軸の打ち味が「カチカチ」して気持ちの良いことに気がつきました。
なんというかFILCOとセンチュリーの青軸は「雑味」があって「カチカチ感」が薄いのです。
おそらくこれはキーボードの筐体そのものの強度が関係してるのだと思いました。

オウルテックのMX青軸と云えばつい先日まで6500円程度で売られていたのですが、なぜか13000円にいきなり価格が2倍以上に跳ね上がりました。
また、それと合わせて中華製のkailh青軸が採用されたものが約1万円程度でラインナップされて、あまりの価格の値上がりに納得が行きませんでした。
FILCOの日本語かな仕様のキーボードは最近再び再販されて市場で手に入りやすくなりましたが、前述したように打ち味になんとも言えない「雑味」が感じられるため、どうしても選択したくはありませんでした。

アーキスの日本語かな仕様のMX青軸キーボードにだいぶ気持ちが傾いていましたが、最終的にMX青軸ではなくゲーミングキーボードのRAZER Black widow JP日本語配列版を購入しました。

RAZER社のものは「日本語カナ仕様」というものは1つもラインナップされていません。

そこでFILCOから発売されている「交換用キーキャップセット 日本語」というものを一緒に購入して、RAZERのキーボードを日本語カナ仕様にする事にしてみたのでした。

ちなみにUSキーボードはこういったキートップだけでは「カナ仕様」にはできません。
物理的に「ろ」のキーなどがなくなってしまうからです。

唯一の懸念はRAZER社も数年前からKailh製の互換スイッチを採用してしまったので、FILCOのキートップと完全な互換性があるか疑問だったのですが、届いてみれば何の問題も無く「RAZERのキーボードの日本語かな仕様」は実現出来たのでした。

結論を言えば、RAZERのゲーミングキーボードはキートップの高さなどを含めて「まったく違和感なく日本語カナ仕様」にできます。

また互換メカニカルスイッチのKailh製のスイッチですが、僕の個体ではバラツキもほとんどないため特に問題にするようなことはありませんでした。
ただし、あまり評判の良いスイッチではありませんので、もし購入して届いて幾つかバラツキがあるようでした即返品をオススメしておきます。

CherryMX軸の研究  メカニカルキーボード赤軸・青軸・黒軸・茶軸をスイッチ特性からオススメする


今回、僕が購入したのはこちらの緑軸です。
LEDは搭載していません。キーキャップを交換することが前提なのでLEDが実装されていても意味が無いからです。
Kailh製スイッチなので、入力作動点は50グラムでMX青軸に対して入力点が浅く設定されています。
この為、従来のMX青軸よりも敏感になっています。
今回はタイピング専用です。
とても気に入りましたが、ゲーミング用途なら赤軸をオススメしておきます。
また、1台目で予算が許すのならコルセアのキーボードの方がはっきり申し上げて格上です。



コルセアのテンキーレス赤軸です。僕が使う限りキーボードとしてはRAZERよりも優秀です。
質感と性能のどれをとってもゲーミングキーボード最高峰だと思われます。
どちらも使ってる僕が断言しておきます。


交換用として購入したキーキャップはこちら。
MX軸とその互換軸なら何でも使用することが出来ます。


アーキスの青軸です。
打ち味はとてもクリアで「青軸らしい」です。


キーキャップ交換用の工具ですが、このタイプの物が一番使いやすかったです。
メカニカルキーをお使いの方なら必須のものです。

【Gaming Goods】Razer BlackWidow Tournament Edition 2014-JP テンキーレス メカニカルゲーミングキーボード 緑軸 日本語配列版 RZ03-00811500-R3J1

価格:12,150円
(2016/3/9 02:50時点)
感想(0件)




【送料無料】 CORSAIR(コルセア) 有線キーボード[USB] Vengeance K65 日本語配列モデル CH-9000040-JP[CH9000040JP]

価格:10,500円
(2016/3/9 02:50時点)
感想(2件)










関連記事

僕も青軸のマジェ使っていますが、確かに最初は渋い感じはありましたね。ただ、段々使ってるうちに軸が慣れてきたのか、うち心地がピュアになっていきましたよ。よく使うところとあまり使わないところをうち比べたらかなり違います。
[ 2016/03/22 10:49 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
>僕も青軸のマジェ使っていますが、確かに最初は渋い感じはありましたね。ただ、段々使ってるうちに軸が慣れてきたのか、う>ち心地がピュアになっていきましたよ。よく使うところとあまり使わないところをうち比べたらかなり違います


なるほど。貴重な情報です。
ただ、もしその情報が本当なら、もともとクリアなメーカーは更にクリアになる可能性が高いわけだと思うのです。
と云うのも、cherryMX青軸の本体そのものは「まったく同一」なワケですから、打ち味の違いは「フレーム」や「本体の強度」以外に考えられません。

なので、例えばアーキスなどは使い込んだ状態ではもっとカチカチとクリアになると云うことではないのでしょうか?

1つの仮定ですが、FILCOはどうも「ワザと雑味を出している」と思われるのです。
たぶんこの理由は、「カチャカチャ音を下げる」と云うことではないかと思います。

青軸はご存じの通り「音がうるさい」キーボードの1つなので、職場や家庭での使用を前提に「ワザと少し音を下げた設計」をしていると云う事も十分に考えられると思います。

[ 2016/03/26 01:31 ] [ 編集 ]
上のコメントのものです。
なるほど!そのようなことも考えられますね。
ですがもう一つ、ロットや製造時期による違いということは考えられないでしょうか?
金型の劣化によるバリなどによって打鍵感が変わることもあり得るのではないでしょうか?
[ 2016/03/29 00:35 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます。

たぶんそれはないと思いますよ。
もちろん「考えられる」ということはありますけど。

僕はお店に出かけるとあちこちでカチャカチャと叩いていますが、やっばりFILCOは「カチカチ感が少ない」のですよ。
もうワザとやっているとしか思えないのです。

ただこれは良いとか悪いではなく、好みの問題です。

青軸の中では「雑味が多い」と判断せざるを得ないですね。

カチカチした物が好きなのなら、OUTEM青軸のアルミフレームは凄いですよ。
アマゾンなどだとHAVIT 青軸で検索するとでてくるUSゲーミングキーボードです。
タイピングだとMX青軸よりもちょっと軸が重くて疲れるのですが、カチカチ感は素晴らしいですね。
気分はもうタイプライターです。




[ 2016/03/29 00:56 ] [ 編集 ]
そうでしたか。親切にありがとうございます!
[ 2016/03/29 16:29 ] [ 編集 ]
kaihua軸と思われますが、アマゾンにて3500円の青軸キーボードを見つけました。
青軸と検索すれば出てくると思います。
[ 2016/06/19 21:18 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
それ、持ってますよ。
軸はマスタースイッチと書かれたメーカー不明の青軸ですよ。
また、違うロットでoutem青軸もあるみたいですね。
ともに50グラムで、完全互換軸です。

確認しましたけど、かなり良くできていますよ。
cherryと区別できないくらいの良い出来栄えですね
[ 2016/06/19 21:34 ] [ 編集 ]
持っていたとは…驚きました。流石です。
それにしてもあの価格でその品質は驚きですね。
赤軸などの違う軸もあると面白そうですね
[ 2016/06/22 21:32 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
お返事が遅れました。

そうなんですよ。
あの3500円のキーボードは革命ですよ。
赤軸や茶軸もそうなんですが、これで「日本語かな仕様」を出したら、国内や台湾系のメーカーはヤバいですよ。


[ 2016/06/27 12:51 ] [ 編集 ]
確かに...
今まで、英字キーが苦手って人がいたからよかったものの、日本語かな仕様が出てしまって広まると、少なくとも青軸コンパクトキーボードのシェアは奪われそうですね。

それと、ご存じかもしれませんが、上海問屋から青軸、黒軸のledキーボード出てますよー!
[ 2016/06/27 17:11 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

それと、ご存じかもしれませんが、上海問屋から青軸、黒軸のledキーボード出てますよー

おお。
これは知りませんでした。
ありがとうございます。

さっそく見見ましたが、フレームレスタイプで出ていますね。
LED付きの87キー送料別でこの価格はちょっと高いですね。

しかも軸がどこか分かりません。
箱の画像を見る限りAJという風に読めるのですが・・・
今アマゾンで出回っているのは中華のEIというメーカーのOEMなのですよ。

このEIというOEM元のキーボードはかなり良いです。
ただそれ以外だとちょっとまだ怖いですね。

ありがとうございました。





[ 2016/06/27 20:54 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL