ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  サバイバルグッズ 登山&防災/装備 >  【防災】 モバイルジャンプスターターが新たな必需品となりつつある 【熊本地震】

【防災】 モバイルジャンプスターターが新たな必需品となりつつある 【熊本地震】


まとめ
■熊本大地震でわかったモバイルジャンプスターターの威力
■バッテリー上がりに自力で対処できる
■スマホのバッテリーとしても使える



DSC02464-2.jpg


先日、熊本大地震が発生しました。
僕も九州にいる知り合いに電話しましたが、どこ吹く風で「影響は無く」今後も「水や食料などは備蓄しない」とのたまうので、ちょっと絶句してしまいましたが、こればかりは個人の事なので致し方ありません。

実はこの時別な知り合いと電話で話をしていたら、ちょうどこの知り合いの知り合いが熊本市に在住していてとても困っているとのことでした。

僕はてっきり水や食料や電池などが足りないのかなと思いましたが、なんとこの知り合いは「モバイルジャンプスターター」が欲しいとのことで急ぎでアマゾンに注文する予定だというのでした。

ちょっとまったく想定外の品物を欲しがったので、ビックリしてこの知り合いの話を聞くと、だいたいこういう感じでした。

「余震が怖くて車中泊を繰り返している。あっという間に車のバッテリーが上がってしまうのでどうしてもモバイルジャンプスターターが必要」とのことでした。

こんな理由は想像もしていなかったのですが、僕はこの知り合いにこう言いました。

「トランクにモバイルジャンプターターを1台積んでいるから、それをすぐにそいつに送るよ。住所を教えてくれ」と。

色々といりようなものもあるでしょうから、困ったときは助け合いが基本です。

この時はまだ余震が多く地震が発生して時間がたっていなかったのですが、レターパックで送り込むために郵便局に問い合わせると熊本市内なら1-2日遅れで届けられますとのことでした。
ただ、知り合いも本人とメール連絡が基本なのですが、あまりみていないようで連絡は定期的にとは行きませんでした。

後日、知り合いを通じて感謝の気持ちが伝えられましたが、僕は少しでも役に立ったのならと満足でした。

もともと、モバイルジャンプスターターを購入したのは、単なるバッテリー上がり対策です。
ぽかミスでルームランプをつけっぱなしにしてしまうこともあり、今まで数回はバッテリー上がりを経験しています。

一度は夜中の二時に車に戻るとエンジンがかからず、どうにもならずにJAFを呼んだこともありました。
正直、バッテリーを購入してから3年も経つと冬はいつバッテリーが上がっても不思議ではありません。

車に乗っていてバッテリー上がりを経験したことのない人の方が少数だと思うのですが・・・

そんなことは何回もやっているので一年ほど前に中華のモバイルジャンプスターターが8000円程度で出回りだした頃に飛びついたのでした。





DSC02466-4.jpg



【モバイルジャンプスターター】
モバイルジャンプスターターというのは、要するに普通のモバイルバッテリーにジャンプケーブルを接続できるようにしたバッテリーです。

普通はUSB出力も2つほど付いていて、最近のものはLEDライトも標準装備になっています。
ものによってはノートパソコンへの出力も可能なように電圧を変えられたり、一通りの端子が付属していたりもしますが、対応はwin機のみとなります。
別途でケーブルさえ揃えられればMACノートにも対応可能だと思いますが、個人的にはノートパソコン用の電力源として使用する事はないのでそちらは未知数です。

貴重なバッテリーですから、これを使用するときはジャンプスターターとして使うか、スマホのバッテリーとしてつかうと云う事で僕は割り切っています。
ただ日常的に車の中などでノートパソコンを使用する方はパソコン対応のジャンプターターを選択しておくのも有りかなと思いますが、だいたいバッテリーの容量的に10000-15000mahくらいなのでおそらくノートパソコンなどではあっという間に使い切ってしまうだろうと思います。

こちらのジャンプスターターは、特に注意点というものはありませんが、あえて言うのなら「日本語説明書付き」のものを手に入れられた方が良いです。
最近では付属することが多くなりましたが、基本的に海外向けのものをそのまま日本で出しているので説明書は英語が基本です。

いざという時に使うモノなので焦っていたりしたときに日本語で説明があると迷うことなく使えます。
ただ、英語の説明書でも「図解いり」が普通なのでそれほど困難ではありません。

もうひとつ大事なことは、ハイブリッド車に乗っている方は必ず購入前に自車のバッテリー位置を確認してください。
ボンネットを開けて普通に見える位置にバッテリーがある場合は全く問題ありませんが、一部のハイブリッド車で手の届かないところにバッテリーが設置されている場合があると云われているのでその場合はケーブルを延長しない限り使えません。

たいていのジャンプターターが短い方の線で20センチ程度しかないのでハイブリッド車の方は必ず確認が必要となります。

幸いなことに購入してから一度もバッテリーが上がっていないので実際に使用したことはないのですが、これをトランクに積んでいると安心感がまるで違います。
特に僕は登山の行き帰りに冬の山道を走ったりもするので、こういったときには絶大な威力を発揮すると思います。

それに加えて、災害時にも有効だと云うことであれば、これもまた今後の「必須機器」の1つになると思います。

最後に書いておきますが、「最近の車」はアイドリング時には発電しないようです。
なのでいざという時にアイドリングで過ごしているとあっという間にバッテリーは上がってしまいますので注意が必要です。

僕の知り合いの友人もおそらくこの事を知らずにバッテリーをあげまくったのではないかと考えています。



こちらは最近出たコンパクトタイプです。
12000mahもあればエンジンを10-15回以上は始動できるので、価格も安くオススメだと思います。
だいたい容量的には10000mahもあれば排気量にもよりますが10回以上は試行できるので十分だと思います。
ただし、こちらのモデルは3000ccまで対応です。
こちらの魅力は基本機能と価格です。

【即納】【送料無料】大容量14000mAh PC&モバイルバッテリー&モバイルジャンプスターターiPhone6対応!コンパクト設計 高出力 5000ccクラスも可能!!

価格:5,980円
(2016/6/10 01:37時点)
感想(50件)










関連記事

毎回興味深い記事をありがとうございます。
自分は郵便関係で働いているので、「レターパック」についての記述がありましたので一言。
今現在、バッテリーなどは、通常速達扱いのレターパックでも「速達の日数」では、「送り先」に因っては、送る事が出来ません。
ポストに投函した時間(と言うより郵便局に着いた時間)と宛先に因って、届くまでの日にちが変わってしまいます。
例えば、関東地方から熊本方面にバッテリーをレターパック(ライトを含む)で送った場合、「バッテリーとかヤバい物」以外でしたら、掛かっても2日で届きます。
しかし、「バッテリー」「ボンベ」「スプレー」などの場合、3,4日はかかります。何故かと言いますと、国交省の指導で「それらの物」を飛行機に載せる事が出来ず、トラック便に振り替えないとならないからです。
また、レターパック(ライトを含む)の「品名欄」にウソを書きましても、全てX線検査を各部署、各局で数回行っているので、結果、速達扱いでは送る事は出来ません。
もし、より詳しくお知りになりたいのでしたら、具体的に「どこからどこへ」「何を」送るか教えてもらいましたら、答える事が出来ます。
[ 2016/06/16 00:47 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
Takaさま

お返事が遅くなり申し訳ありません。
なるほど、そう言ったことだったのですね。
確かにバッテリーなので「空輸不可」では関東から熊本まで通常より時間がかかって当たり前ですね。

ありがとうございました。
[ 2016/06/18 18:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL