ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  アクションカメラ/ドライブレコーダー >  【レビュー】120P撮影が凄すぎる格安中華アクションカメラ Aoleca 4K対応WIFI対応Gopro互換カメラ

【レビュー】120P撮影が凄すぎる格安中華アクションカメラ Aoleca 4K対応WIFI対応Gopro互換カメラ

まとめ
■4Kはたいした事はない
■このアクションカメラの真価は120Pモード撮影にある
■価格の割には超高性能
■ケース付きで付属品も多数



DSC03571-1.jpg



僕は今までこのブログで紹介していない物の含めて、幾つものアクションカメラを使ってきています。
その中でも特徴的な物や性能が高いと思われるものなどは積極的に紹介していますが、今回はちょっと驚くべき高性能アクションカメラだったので紹介しておくことにします。

Aoleca 4K対応gopr互換中華製アクションカメラ

と云う製品です。

こちらは低価格で大人気となったSJカメラではなく、Gopro互換の独自のアクションカメラです。
なので出自やOEM元のメーカーなどはまったく分かりませんが、今までの経験で云えばSJシリーズのカメラがそもそもGOproのパチモのであって、更にSJ人気に便乗したSJ互換機が出回るというエグい事態になっていたのが中華製アクションカメラ市場で、SJのパチモの的な立ち位置のカメラで満足のいく物などほぼ皆無というのが経験上のお話しとなります。

たいていの場合でいえば、SJのパチモのアクションカメラは「質の悪い物」が多く、とてもではないですが今までオススメしてきたことはありません。
画質や性能で明らかに下回り、価格の安さにしかメリットがなかったからです。

そこで今回紹介するaolecaのアクションカメラは4K対応でwifiにも対応して価格が1万円を切っていると云う事に大きな魅力がありました。

そこで大して期待はしていなかったのですが、手に入れてみると非常に優れた互換カメラで、特に720サイズ120Pという滑らかモードがつかえるので、登山をはじめとした激しいアクション撮影時に「かなり効果が高い」と判断しました。

ただ最初にいっておきますが、逆に言うと、このカメラの利点は実はそこにしかありません。

このカメラのいわゆる4Kモードは画質の実測ビットレートから云えば25Mbps程度なので、正直に申し上げて4K画質でも最低レベルの画質です。
なのでこちらの4Kモードはなんちゃって画質とまでは云いませんが、あまり大きな期待をするほどの物ではありません。
おそらく「売り文句」としてとりあえず実装したと云うのが本音ではないかと思われます。

DSC03572-2.jpg



ただし、先ほどから申し上げているように720/120Pのモードは素晴らしいの一言です。

特に登山やアウトドアアクティビティをメインとした激しい運動での映像の滑らかさは特筆すべきレベルで、この一点だけでもこちらのaolecaアクションカメラを購入する大きな理由としても間違いではありません。

むしろSJの上位機種を購入するくらいなら1万円以下で購入できるこの機種は「無名ながらコスパに優れた機種」として評価できます。

なのでこちらの機種は「映像モードの多彩さ」とその基本的な能力の高さでSJシリーズのアクションカメラを凌ぐ出来映えで、映像も素晴らしいの一言です。
もちろん1080/60Pモードも使用でき、こちらのビットレートは1080/60Pとしてごく標準的な物なのですが、十分に使えるモードなので、状況に応じて720/120Pモードと切替ながら使うのが良いかと思われます。

もちろん起動も激速で、電源ボタンを押してから約1秒程度で撮影に入れるのは驚異的です。

SJシリーズと比較するとSJ5000xとほぼ同程度の能力で価格は5000円近く安いと云うことなので、1万円を切る価格でのSjシリーズのパチモのとしてはほぼ最高の出来映えと判断しています。

特に激しいスポーツでの運用を考えている方で、とりあえず価格の安い物をと望まれている方には「起動の速さ」でSJシリーズを上回り、映像ではほぼ同品質であるのでとても良い選択肢になると思われます。

もちろんドライブレコーダーとしても何の問題も無く使用できます。
むしろ、専用のドライブレコーダーと違いバッテリーが交換可能なので、壊れさえしなけば相当長く使える可能性があるので、普段はドライブレコーダーとして使いながら、アウトドアで遊ぶときには取り外してアクションカメラとしてつかうと云うのが最も元が取れる使い方かも知れません。

最後に書いておきますがSJ5000以下をお持ちの方は具体的に買い換えを検討しても間違いではありません。
SJ5000X以上の方はスルーで良いかと。M10プラスの方もスルーで良いと思います。

SJ4000の方は圧倒的にこちらをオススメしておきます。
買い換えるだけの価値は感じられると思います。




関連記事

初めまして、数々のレビューとても参考になります。
当方、こちらの機種を主にドラレコと駐車監視、時々アクションを目的として検討しております。
ご質問させていただきたいのですが、ドラレコとして専用機との性能の差違(夜間映像等)動体検知機能の有無はいかがでしょうか。
できれば、実際の映像をお願いできれば..
お手数おかけしますがご検討よろしくお願いします。
[ 2016/08/19 07:30 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし

ご質問の件ですが・・
【ドライブレコーダーとの差異】
まず前提として以下の件を頭に入れておいてください。
■5000円未満
■5000円以上-1万円未満
■1万円以上

この3つのクラスでドラレコの場合、明らかな映像の違いがあります。
ドラレコ単体の場合はっきり申し上げて5000円未満は映像的には「汚い」ですが、ドラレコとしてなら十分にその役目を果たします。
さて、こちらのモデルがドラレコで云うとどのレベルなのかというと1万円以上クラスの映像に該当します。
相当キレイだと認識していただいて結構です。
国産ではこの映像クラスのドラレコだと2万円以上クラスになると思います。

aolecaは普通の夜間映像などでも全く問題ありません。
ただし、IR機能はありませんので夜間駐車時のGセンサーによる暗視撮影は出来ません。
これは考え方なのですが、IR機能は中華でも最近はカットしている機種が多いので、本当に必要かは疑問です。
特に格安ドラレコの場合はバッテリーの品質が悪く、そもそも停車時の監視機能は無理があります。

aolecaは基本機能はすべて実装されていますので、ドラレコとしての基本的な使用には問題はありません。
むしろ、バッテリーが格安で交換可能と云う事を考えるとドラレコ専用品よりも使いがってはいいでしょう。

個人的にはあなたのように使用用途の場合、最強の選択肢になると思います。
最後に一言、ドラレコとしてつかう場合は「発熱対策」で防水ケースに入れてはいけません。
ネイキッドケースで使ってください。





[ 2016/08/20 01:08 ] [ 編集 ]
大変参考になります。
地デジGPS干渉等、気になる箇所はきりがありませんが、
こちらの機種を購入したいと思います。
この度は丁寧な御解答ありがとうございました。
[ 2016/08/20 18:41 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
いえいえ。
地デジの干渉は起きたら諦めるしかありません。
こればかりは車種によるのでどうにもなりませんよ。

完全対策品と書かれていれば別ですが、それでも問題が起こる場合もあるようなので、100%防ぐのは無理です。

このあたりは割り切りが必要ですね。

[ 2016/08/21 01:13 ] [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2016/09/16 19:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL