ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  買って後悔した登山ギア >  【レビュー】中華製ニッケル水素充電池をテストする 無名中華充電池はゴミ EBL電池

【レビュー】中華製ニッケル水素充電池をテストする 無名中華充電池はゴミ EBL電池



DSC08713-3-1.jpg

まとめ
■中華製ニッケル水素充電池はかなり危険
■容量・自己放電率などは水増しされている
■死にたいのなら買えばいい



最近、アマゾンなどで出回りだしている中華製ニッケル水素充電池です。
価格が安く、性能なども説明を鵜呑みにすれば「素晴らしい電池」です。

なので、興味を持って手に入れてみました。

とりあえずEBLと云うメーカーの電池を手に入れてテストしてみましたが、たぶん他の中華製無名ニッケル水素充電池でもほぼ変わらないのではないかと思われます。

このEBLの電池はとにかく素晴らしい性能で、説明ページに書かれた文言を鵜呑みにするのならば、エネループプロを超えるような夢の電池です。
特に容量と残存率の数値は素晴らしく、これが本当なら「防災用途での多数の備蓄」も視野に入ってきます。

【EBL単三電池スペック】
■容量2800mah
■繰返し回数1200回
■3年後の残存容量75%

【容量について】
0.9V終止で放電後、容量テストを行いました。
結論から言えば、容量は2600mah程度です。
なので表記の2800mahはとてもありませんが容量は平均でエネループプロよりも多いようです。

【放電性能】
エネループプロに近いグラフでした。
なので、おそらく「不活性化しやすい」電池だと思われます。
この点は注意を要します。
実際に満充電後1週間後に1.0Aで追い充電すると約300mah入りましたので、自己放電は約12%でした。
なのでエネループほどの性能はとてもありません。

テストした電池の内部抵抗値は100-150なので比較的製造から新しい電池だと思われます。
ただ、放電テスト中に1本、0.2V程度の急激な電圧降下が見られた物もありました。
ただし、これは1回目の放電テストなのでこの電池の実力かは判定できません。

【問題点】
こちらの電池は、充電器によっては「充電が終わらない」というトラブルが起きます。
確認する限り、CC21とX4では充電が終わらずに電池温度が55度を超えたのでテストを強制終了しました。

その後、X4にて設定を変えて試したところ次の要件で充電が終了しました。
終了電圧1.41Vに設定。
デルタピークは5mVから3mVまでテストしましたが、充電は終わりませんでした。
なので、終了電圧を1.4V程度まで落として設定できるような充電器を使用しない限り非常に危険です。

ちなみに今のところPSpowerのNT1000充電器では単3と単4、どちらも問題なく充電完了しています。

【テスト環境最終結果】
■hitec X4充電器→初期設定で充電終了せず
■CC21エネループ急速充電器→充電終了せず
■NT1000充電器→OK
■SANYO NC-MDU01 USB充電器→OK


【まとめ】
容量は0.9V終止の放電後、1.0A充電テストでとりあえず2600mahを数本のテストで確認しましたので、まぁよしとしましょう。
自己放電も無名電池としては、まあこんな物程度です。
エネループにはとても適いませんが、あたり前と云えば当たり前です。

こちらの電池は、充電器をかなり選びます。
少なくとも最初のテスト時には怖くて充電器からは離れられません。

追い充電時も電池温度は簡単に50度近くまで上がるため、かなりホットな電池です。

こちらの電池を購入するのなら、少なくともNT1000を使う必要があり、今のところNT1000ではトラブルが発生しては居ませんが、それ以外の充電器ではかなり「危険」な電池です。
なにしろ「充電が終わらない」ので、破裂するか液漏れするかまで止まりません。
一応、電池温度60度までテストしましたが、充電が終わらないので怖くなってテストを辞めました。

はっきり書きますが、余程のことが無い限りこちらの電池を購入することはお勧めできません。
たかだか数百円をケチって電池が破裂したでは洒落にならないからです。

バカみたいな結論ですが、エネループを購入した方が良いと思います。
少なくともこちらを使用するつもりなら、お使いの充電器で「確実に充電が終わる」というのを確認しない限り、絶対に充電器から離れてはいけません。
電池を1秒くらいしか触っていられないほど熱くなった場合、即座に電池を抜いてください。

基本的に「確実に管理できる方」で「とにかく容量が欲しい」方が、まぁ何かあったときに死んでも良いのなら買ってもいいのではないでしょうか?

【追記】
しばらくセンサーライトの電池として使用してみました。
話しになりません・・・

購入した16本の内、既に三本が突然死しています。



登山用で使う電池を管理する PSpower NT1000ニッケル水素/ニッカド充電池専用充電器 ミニ四駆&ラジコン用にも

登山用にエネループプロを使用してはいけない ニッケル水素充電池エネループのお話し



基本的に買ってはいけません。
このメーカーに限らず中華製ニッケル水素充電池は購入してはいけません。
注記
既に販売が停止したようです。
おそらく何らかの問題があったのだと思われます。
このように中華製電池は「販売が危ぶまれるレベル」のものがありますので注意が必要です。


購入するのなら最低でもこのクラスの電池を。
アマゾンでエネループ第1世代の物です。
なので問題はありません。

【あす楽対象】 パナソニック BK-3MCC/8 【単3形ニッケル水素充電池】 8本 「eneloop」(スタンダードモデル) BK-3MCC/8

価格:1,641円
(2016/9/13 03:52時点)
感想(23件)





関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL