ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  中華イヤホン・中華DAP >  【コラム】APPLE/ライトニング端子専用有線イヤホン/ヘッドホン購入時の注意点について。

【コラム】APPLE/ライトニング端子専用有線イヤホン/ヘッドホン購入時の注意点について。


■基本的にライトニング専用イヤホンヘッドホンは購入を推奨できない
■必ず静かな環境での試聴が必要



DSC09085-1.jpg


アップル製品専用のイヤホン/ヘッドホンは現時点でまだ出始めの製品で、今後も後に続く製品が続々と出る、と云うことは分かりませんが1つイヤホンを手に入れて聴いてみましたので簡単にその結果を書いておきます。

結論から申し上げれば、ライトニング端子専用イヤホン/ヘッドホンを購入するのは辞めた方が良いでしょう。
大手メーカー品でない場合は特に強くそのことが言えるかも知れません。

理由ですが、「ドライバーやハウジング部分」以外が原因と思われる箇所で「音に問題がある」と思われることです。

具体的な箇所は次の点です。
■ノイズがのる。

今回は「有線イヤホン」を使用して確認しましたので間違いないと思われますが「結構ハッキリと分かるレベル」で「バックノイズ」が載ってきます。
普通、有線イヤホン単体でバックノイズなどほぼ感じることはないため、あり得ない現象が起こっているとは言えます。

Bluetooth機器ならほぼ100%何らかのバックノイズが感じられますが、有線イヤホンでの明確なバックノイズなど考えられません。
無線で飛ばした情報をデコーダーで復号しているわけでもないのになぜに盛大なバックノイズが背景に載るのかが分かりません。

また、今回試したライトニング端子専用イヤホンでは「高周波ノイズ」も拾いやすく、要するに「バックノイズ」と「高周波ノイズ」という2種類のノイズを別個に拾うという現象が起きています。

iPhoneでの高周波ノイズに関しては普通の有線イヤホン」でも感じられるのでこれ自体は異常ではありません。
毎回ではありませんが、ようするにスマホは「PC」なので内部の高周波ノイズとは無縁ではなく、内部や通信系で処理が行われていると状況によっては高周波ノイズが乗ってきます。

ですが、ライトニング端子専用のイヤホンを使用するとちょっと異常な頻度とレベルで高周波ノイズを拾ってしまうので、他の有線イヤホンと比較しても納得できるレベルではありません。

この事に関して、おそらくと云うことでいえば「内蔵されたDACチップもしくは信号系の経路」に問題があると云わざるを得ません。

極小のDACを搭載しているのは純正品も同じなのですが、小さかろうが何だろうが今現在のまともなDACはほぼ問題など起こらないはずなので、こう言った問題があるということは搭載されたDACがかなりの粗悪品か、もしくはそこに至る経路に問題が発生している可能性が高いと云う事が推測できます。

要するによく分からないメーカーが開発した粗悪なDACを搭載すると云う事はこう言った「あり得ない問題」を引き起こすと云う事でライトニング端子専用イヤホン/ヘッドホンはよくよく吟味する必要があると云う事です。

試聴する場合でも量販店などの騒がしい環境では「ノイズチェック」は慎重にならざるを得ないので、キチンとテストしないとバックノイズが乗ったりアンプからのノイズをのせてしまうようなイヤホンやヘッドホンを購入してしまうと云う危険があります。

ハッキリ申し上げて「有線系の音響機器」でこのような意味不明なノイズが乗る製品というのはちょっと考えられないことなので、DACかそこに至る回路に何らかの問題が発生していると考えて100%間違いでは無いと思われます。

ということは、ライニング端子専用機器は、今後もこういった妙な問題を引き起こす可能性も高く、他の機器への汎用的な接続も悪化するため、ライトニング端子専用のイヤホンとヘッドホンは購入を推薦できません。

iPhone7に音響機器を有線で接続する場合は純正の変換ケーブルを使用するべきでしょう。
これが1番問題が少ないと思われます。

要するに、ライトニング専用端子の音響機器など買うだけムダと云う事です。








関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL