ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  サバイバルグッズ 登山&装備 >  【まとめ】登山で使う単眼鏡のオススメ

【まとめ】登山で使う単眼鏡のオススメ


登山で双眼鏡を使っていましたが、重くて大きいので「単眼鏡」に変えました。
今、2台を使用していますが、オススメとしてまとめておきます。
 
DSC09306-1.jpg

【なぜ双眼鏡ではなく単眼鏡なのか?】
単眼鏡の方が「圧倒的に軽い」と云うことがいえます。
これは荷物を一グラムでも軽くする「登山」や「ハイキング」ではとても重要なことで、双眼鏡ではまともな製品なら最低でも250グラム付近となりますが。単眼鏡は6倍でも60グラム台と比較にならない軽さを誇ります。
 
【防水性は必要か】
当然ですがアウトドアで使用するモノなので防水性はあればあった方が気を遣わなくなるので重要ですが、ほとんどの単眼鏡に防水機能はありません。
 
また、防水機能付きの単眼鏡は内部にガスが充填されているので長い年月の間に少しずつガスが抜けていきます。
通常使用では特に気にするほどのことはありませんが、頭の中には入れておくと良いでしょう。
 
【単眼鏡のデメリット】

■立体感がない
■慣れないと長時間見るのに疲れる
■手ぶれしやすい

 
【単眼鏡のメリット】
■とにかく軽い
■見るという動作が双眼鏡よりも速い
■コンパクト

 
デメリットの立体感については双眼鏡と比べてみた場合の話しであって、そんなに気にするほどのことはありません。

ドライブなどで景色を楽しむのなら重さはたいして関係ありませんが、登山などで持ち歩くというと単眼鏡の軽さは大きなメリットです。
個人的には双眼鏡よりも単眼鏡を持ち歩くことを推奨しておきます。
 
【適正倍率の選び方】
これは間違いなく「8倍以下」です。
10倍など間違っても購入してはいけません。
 
双眼鏡でも10倍では手ぶれがかなり気になるので、双眼鏡よりもぶれやすい単眼鏡は手持ちで8倍が限界です。
それ以上なら三脚などに固定して使用する気持ちが必要となります。
 
登山に限らずアウトドア使用なら適正倍率は「6倍」だと個人的には思っています。
ただし、8倍でも比較的大きくて重い製品は脇を締めてしっかりと握り込めば意外に手ぶれしにくいのですが、長時間はとても無理なので8倍を手に入れる場合は用途をよく絞った方が良いと思います。

【ネットやホームセンターなどの格安品は使えるか】
ちゃんと使いたいなら辞めておいた方がいいでしょう。
3000円クラスも何度も覗いていますが、もう別物くらいにレンズの品質が悪いです。
 
この手の製品は覗いたときに「もやもや」とした感じで、1枚ベールを被せたような印象なので最低でも「大手日本メーカー」を選択すると良いでしょう。
誰がどう見ても品質に問題のある製品が多いので、強くオススメするものではありません。
安物買いの銭失いになる可能性がととても高いと思います。
 
ただし、ネットの格安中華品に関しては「解像度は1万程度の国産を大きく凌ぐ」というものも売られているのですが、そういった単眼鏡は「盛大な色収差」を発生したりするので購入は博打になる可能性が高いです。

【単眼鏡のオススメ】
アウトドアでも美術鑑賞でも、自宅で簡易的なルーペとしても使える万能性があるビクセンの6倍もしくはケンコーのリアルスコープの6倍がとにかくオススメです。
 
登山で使うというのなら完全防水のTAC-M728がイチオシとなります。
こちらは7倍でとても明るいレンズを搭載しているので夕方あたりでも十分に使える実力があります。
 
かなり尖った選択肢としてビクセンの4倍というのもおもしろいです。
わずか50グラムの本体なので低倍率のサブとして使い分けると用途が大きく広がります。


6k;l

ビクセンの6倍です。
最短焦点距離が25センチと短いので美術鑑賞からアウトドア/登山まで万能のサイズです。
見え味も良くピントもスパンと決まります。
■サイズ:7センチ×3.1センチ■重さ65グラム



ビクセン 単眼鏡 マルチモノキュラー 6×16 [5年間保証] [ケース・ストラップ付]

価格:8,680円
(2016/12/21 03:31時点)
感想(0件)







6klp@k.jpg
こちらはケンコーのリアルスコープ6倍です。
光学性能的にはビクセンと変わりません。こちらの最短距離も25センチなので万能に使えます。
リアルスコープの方が価格が安いので、イチオシとさせて頂きます。
■サイズ:7.2センチx3.1センチ■重量:65g



【あす楽対象】【送料無料】 ケンコー 単眼鏡 「リアルスコープ6×16ミニ」 (6倍)

価格:6,100円
(2016/12/21 03:30時点)
感想(0件)







728.jpg
軍用モデルのM728となります。7倍でミルスケール付きです。
単眼鏡では珍しい完全防水モデルですが、最短距離は実測で2.3メートルなので美術鑑賞には使えません。
アウトドア専用ですが、とても明るいレンズで夜間でも肉眼とほぼ同じ明るさで見えます。
ちょっと大きくて重いのですが完全防水と耐衝撃性で扱いは一番楽です。
屋外では使いやすい7倍という倍率も良いので1本は持っておきたい単眼鏡です。

旅行などの観光地でも使いやすいです。最近ではドライブのお供としても大活躍しています。

■サイズ:12センチx3.9センチ■重量:145g






4hiijio.jpg
ウルトラライトな登山のお供にするのならこれ。
ビクセンの4倍です。衝撃的な小ささと軽さで、最短焦点距離は20センチ。
最初の1本としてはオススメできませんが、サブや荷物の軽量化を考えている人にとっては最高の1本になります。
元々が美術鑑賞用なのですがアウトドアでも使えます。
ちょっと雄大な景色を楽しむというのなら物足りないことも事実なのですが、この軽さは武器になります。
■サイズ:5.8センチ×3.1センチ■重さ50グラム



【単眼鏡のまとめ】
ここに紹介してあるものは実際に使っているか、見え味などを現物で確認してあるものです。

Amazonなどで売られている1000円程度のものでもアウトドアで使うのならそれもありだと思います。
ただし、そういったものは焦点距離が3メートルと長いなどどこかにしわ寄せがあります。
特にレンズは見た瞬間にわかるほど暗く質が悪いので、少し薄暗くなっただけで極端に見にくくなったりするなど、長い間の酷使には耐えられません。

これらの単眼鏡は「品質と性能のバランスが良く」大事に使えば10年スパンで使用できるモノです。
現物を見ずに購入しても問題があるようなものではなく、満足感は高いと思っています。

こう言ったアナログの光学機器は「価格と性能」が単純に比例しますので、高ければ高いほど高性能というのは事実です。
量販店などで2万を超えるアルテスモノキュラーなどを覗いてしまうとさすがに違いには一瞬で気がつきます。

ハッキリ言ってしまえば登山だけなら1000円のものでも「壊れても惜しくない」という意味ではある意味十分かなと思うところもあります。
ですがやはりものには限度があるというのも事実なので、1万円以下で購入するのなら、アウトドアではベストなものを選択したと自負しています。

参考記事はこちら

登山用の単眼鏡を買う

登山用の超軽量単眼鏡のオススメ わずか48グラム!! Vixen 単眼鏡 マルチモノキュラー 4×12 ダハプリズム式

登山で使う単眼鏡 サイトロンTAC-M728 ミリタリー系軍用モノキュラー



関連記事

先日別記事にビクセン4倍を購入した件をコメントしました。
完全な衝動買いですが、主様と同じく「既にサイトロン7倍を所持していた」のも選択理由の一つです。

ショップで現品を除き比べた時はビクセン6倍と悩んだのですが、差別化も含め4倍を選択、スペック面での明るさや視野の大きさも多少考慮しました。

先日行った低山日帰りにはサイトロンを持って行き景色を楽しみました。同行者達も興味を示し結構欲しがってました。
一つだけ買うならやはりコンパクトさとのバランスで6倍がベストですね、彼らにはビクセンかケンコー6倍を強く薦めておきます。
[ 2016/12/20 08:03 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
レンジ男様

いつもコメントありがとうございます。
おっしゃることよく分かります。
サイトロンの7倍を手に入れてしまうと・・・・6倍という選択肢がとても選択しにくくなりますね。

本文にも書きましたが、最初の1本で1000円のアマゾンベストセラーの格安単眼鏡もありだと思うのです。
使い続けるかどうか分かりませんから。

ですが、ぼくもかつて「格安のズーム式双眼鏡」を購入して、あまりの性能の悪さにすぐに使わなくなったので、そういった経験も含めて「ある程度のものを買って長く愛用して欲しい」という思いもあります。

双眼鏡とは違って焦点距離の短い物は「美術鑑賞やルーペ」としても使えるので、アウトドアでつかわなくなっても無駄にはなりません。今の僕でもビクセンの4倍を「ロックレリアの新芽の観察」にも使うので、年をとれば更に使う可能性が増します。
そういった物としての完成度とか汎用性の高さはやはり誰にでも勧められると考えています。

今回の記事は「まとめ」と云うことですが、書きたいことを適当に書き散らかしていて記事が雑多で分散しだしてきたので一応一区切りの意味でまとめました。

たぶんここから「単眼鏡」をそう簡単には増やさない、とは思うので・・

レンジマンのコメントから始まり、いつも楽しいコメント感謝です。お気軽に書き込んでくださいませ。
それでは失礼致します。


[ 2016/12/20 22:39 ] [ 編集 ]
アートスコープ
偶然こんなのを見つけました。

この年末に発売されたビクセンの新製品 アートスコープです。
https://www.vixen.co.jp/corporate/info/2016/161215a.html

実はマルチモノキュラーの色ちがいバリエーションで、価格の違いは外装仕上げとセミハードポーチのコスト分です。
 
中身は全く同じですが、見た目が好みならアリでしょう。
[ 2017/01/11 07:48 ] [ 編集 ]
Re: アートスコープ
レンジ男さま

いつもお世話になっています。
見ました!
オシャレなレッドのやつですね。

実はビクセンのサイトを見ていたら小型のルーペの方が欲しくなってしまいました。

うーむ。危険ですね。ビクセンのサイトは 笑
2.1倍のコンパクトな簡易双眼鏡も良かったです。

何に使うのかと言われれば何にも用事がないのですが、まさにロマンですね。

さすがに天体望遠鏡は興味を感じなかったので助かりました。

ドライブ用だとm728、これはいいですよね。
どこでもバッチリです。

[ 2017/01/11 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL