ブログなんかめんどくせえよ ホーム » 中華イヤホン・中華DAP »【レビュー】高音質 格安中華イヤホンmagaosi HLSX 808 (MGS-M1)

【レビュー】高音質 格安中華イヤホンmagaosi HLSX 808 (MGS-M1)  


まとめ
■一万以下では最強クラス
■ダイナミック1ドライバーを思わせる自然な音色
■帯域バランスが特に良い

DSC09355-1.jpg

個人的には2016年のベストイヤホンです。

5000円以下では間違いなくトップに立つイヤホンで、おそらく1万円以下でもこれに勝てるイヤホンはそうそう存在しないのではないかと思っています。
当然ですが星の数ほどあるイヤホンの中でこれが「1番」だとは断言出来ない訳ですが、それなりの数のイヤホンを聴いてきた人間としてこのイヤホンのレベルが高いと云うことは間違いなくいえます。

構成ですが、1ダイナミックドライバーに1BAドライバーの片側2CH搭載したマルチドライバー機です。

【音質】
特筆すべきは「帯域バランス」の良さとマルチドライバーにもかかわらずそれを感じさせない音のつながりの良さです。
ドライバーは数が多ければいいというわけではなく、必ず適正な数という物があります。

マルチドライバーの最大の問題は「音がつながらない」と云うことです。
これは例えば片チャンネルに2ドライバーを搭載したイヤホンなどを聴くとよく分かりますが、1つ1つの音の主張は上がります。
ただし、そのことによって音楽全体の品質が向上するかというとそんなことはなく、各ドライバーをきっちりまとめ上げないとたいていのイヤホンの帯域バランスが崩れます。

ダイナミック1ドライバーの製品ですらハウジングの設計による適正帯域バランスの確保というのは大変に難しい問題で、モニターライクなキチンとしたバランスを実現するのは至難の業となります。

もしこれがスピーカーなら更に音色の統一が出来ないという問題も生むのですが、元々イヤホンの再現力ではPiston2の音を聞いても明らかなように振動板の材質による高域の音色の違いはまったくでてきません。
と云うことは、逆に言えばドライバーによる個々の音色が再現できないのでむしろマルチドライバー化する場合は都合が良いともいえます。

またドライバーの数を増やしても「元々音場もなければ音像も結像しない」イヤホンでは位相乱れによる「定位」の問題も存在しないことになります。

何が言いたいのかというと、音の再現力が低いイヤホンでは、マルチドライバー化しても「音のつながり不足」以外は顕著なデメリットが発生しにくいのです。
各ドライバーの音のつながり部分さえしっかりできれば比較的分離の良い音を聞くことが出来ると云うわけです。

とは云ってもやはり2ドライバー以上のイヤホンは設計が難しいようで、1万以下のマルチドライバーのイヤホンを幾つか聞いてもやはり帯域バランスが崩れてしまった製品しかありませんでした。
個々の帯域の音は良いのですが、全体のハーモニーが取れないのです。

ところがこの808は音を聞く限りでは分離の良いダイナミック1ドライバーの音に聞こえるわけです。
これはかつて聞いたことのないレベルで、分離は良いがバランスの狂った音を聞いて喜んでいるような方ではちょっとこの価値は分からないかも知れません。

そういう意味ではこのHLSX808は非常によく設計されています。

サ行のきつさもなく、個々の音の分離も節度が感じられ、十分に解像しながらも聞こえるべき音はキチンと聞こえてきます。
帯域バランスもちょっと低音が強めながらも普段聞くのならむしろ楽しいでしょう。

中高音域の音のエッジの描き方も角が立たず適正で、低音は下から上まできっちり表現してきます。
全域にわたってこの輪郭とバランスは見事としか言い様がありません。

【HLSX808まとめ】
つながりの良さが素晴らしく、イヤホンとしての音質グレードも高く、傑作と云ってしまっていいでしょう。
とりあえずの1本としてこれを使ってしまうとたいていのイヤホンのアラが見えてしまい、使うのがキツくなるかも知れません。

ちなみに中華イヤホンでの話しとなりますので、価格的なコストパフォーマンスで云えば既に1万以下では国産と海外大手メーカーはもう勝負にはなりません。
例えば有名なSureの215SEあたりなどこれを聞いたらもう買えません。

KZのATRあたりも素晴らしいのですが、これは間違いなくその上をいきます。
ちなみにATRとの違いは中域が808の方がナチュラルで再現力が高くなります。

音数の多いソースで混濁せずに解像する能力も上だと思いますので、いわゆる分離の良さも高度で極めて奥ゆかしいレベルで実現しています。

さまざまなメーカーが「違い」を明確にするため、むしろわざわざ「音を際立たせる」という手法をとる中にあって、この節度の良さは高い見識がないと実現出来ないでしょう。

このイヤホンはマルチドライバーにもかかわらず、フルレンジ一発のような音がすることに価値があります。

1万程度の著名な中華イヤホンでもこの「ナチュラルなバランスとエッジ」に対抗するのは極めて困難だと思います。

2016年度の傑作イヤホンのひとつでしょう。

参考サイト

catwalk1101earphone.hatenadiary.jp




こちらは間違いなく808です。
派手さはないですが、音が深いです。
女性に例えると「一見地味だが、よくよく見るともの凄い美人」みたいなイヤホンです。

AliExpress.com Product - 2016 Origina HLSX-- 808 HLSX-- 18 Hybridd In Ear Earphone Dual Driver BA With DD HIFI Earbuds Double Unit In Ear Headset

category: 中華イヤホン・中華DAP

tb: 0   cm: 2

コメント

安物ではXBA-C10が一押し 

5000円以下はSonyのXBA-C10をおしたいとおもいます。

これは実測値がGoldenEARS.netに発表されており、帯域内の特性はすばらしいです。F特は真っ平ら、立ち上がりはコンデンサ型に負けますが、立ち下がりはしのぐ。歪もSR-009には負けますが、動電型としてはトップクラスのようです。シングルBAの素性の良さが現れているといえるでしょう。欠点が2つあって100hz以下だら下がり10khz以上急降下。あと形状から音場感がないのは仕方ありません。購入時はベールがかかった音がしていましたが、1月もするとクリアになりました。

クラシックのオケのステージサイドのナマ音と比較して、うちのヘッドホンの中ではHD800よりよりかなり上、SR-009に近いできです(中域ガヤや引っ込み、これはこれでアリだが、SR009みたいにナマ音そっくりとまではいえない。)。SonyのMDR-EX1000よりかなり自然ですし、エチモのER-4sより低歪みです。

gkrsnama #t50BOgd. | URL
2017/06/10 14:18 | edit

Re: 安物ではXBA-C10が一押し 

gkrsnamaさま

コレは興味深い情報です。
話の内容からしてそれなりのベテランの方だと拝察致しました。

いま、KZ ZS5狙いなのですが、C10もぜひ聞いてみたいものです。

元々イヤホン派の人間ではなく、またあまりにもハズレが多いので、最近ではすっかりイヤホンに対するモチベーションが下がっています。

C10はVGP受賞していますね。

個人的にはVGP受賞の製品は幾つも聞いているのですが、どうにも納得いかない音の製品も多いとは感じています。
直近では、
http://catwalk1101earphone.hatenadiary.jp/entry/2017/01/19/200000
が2015のVGP受賞イヤホンです。

ココからは個人的な感想なのですが、どうも「音響機器」に関してはこれらの有名な賞はもちろんのこと、モノクロや家電批評などの辛口レビュー誌でも編集部単体では「音の判断」ができないようで、外部の評論家を招聘するので結局は「汚染」されることも多いような感じです。

しかし、こちらのC10はgkrsnamaさまがかなり具体的に書いていただいているので、これはリストに入れておきますよ。
良い情報ありがとうございました。

うーん、迷いがひとつ増えましたね(笑)。
聞き込みましたら、【まとめ】中華イヤホン&ヘッドホンとDAPレビュー辛口のオススメサイトの方で取り扱うと思います。

luna-luna #- | URL
2017/06/10 19:45 | edit

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/420-6be75317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop