ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。(無断転載不許可です。)
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  トラベル/旅行/ドライブ >  【レビュー】旅行用トラベルボディバッグ パタゴニア・LWショルダースリングバッグ/ボディバッグ【超軽量】

【レビュー】旅行用トラベルボディバッグ パタゴニア・LWショルダースリングバッグ/ボディバッグ【超軽量】


まとめ
■ちょっと使いづらい
■用途をかなり選ぶ
■本当のサブバッグ用途


DSC09379-1.jpg

こちらは2014年に廃盤となったパタゴニアのライトウェイ・トラベルスリングバッグとなります。
現在ではもう既に売られていませんので、どうしても欲しい場合は「中古」で探す必要が出てきます。

僕はこちらのライトウェイトショルダーバッグを「旅行用」として購入し使ってきましたが、かなり
クセのある製品で誰にでも進められるような汎用性の高い製品ではないので欲しい方は用途をよくよく考えた方が良いです。

パタゴニアのショルダーバッグはいままで2種類のラインナップが有り、超軽量のライトウェイトショルダーバッグと生地の分厚いしっかりとした作りの「アトム」があります。
今ではパタゴニアのショルダーバッグ系は「アトム」のみとなってしまいましたが、パタゴニアに問い合わせたところ2017年度もライトウェイトショルダーバッグの方は再生産の予定はありませんのでこのまま「廃盤」となる可能性がとても高いです。

【LWショルダースリングバッグ】


旅行用のポケッタブルスリングバッグなので、手の平サイズとまでは行きませんが内部に縫い付けられたポケットに収納すると手の平よりも少し大きめくらいのサイズとなります。
重さは実測値で161グラムとなりますので、そうとうに軽いです。

素材は基本的に30デニールのシルナイロン製で生地はリップストップ加工が施されています。

肩にかけるためのショルダーストラップの他にウエストベルトもついていますので完全に背中で固定することも出来るようになっています。
すぐに使う必要がないときは固定すると背中部分で滑らないので簡易なリュックのようにも使えます。

僕はクルマでの移動のために購入したので、ウエストベルトの方は使わずに、そのまま右肩に引っかけてクルマに乗るときはそのままショルダーストラップを引っ張ってお腹の方に回して必要なものをとりだして使用しています。

【注意点】
■右肩専用です。基本的に右利きの方が使う為の専用設計となっています。
■とにかく生地が薄く、電子機器を収納するのには要注意です。
■ポケッタブルで保管して、いざ使うときは「シワシワ」で安っぽい

【ポリウレタンコーティングの劣化について】

こちらのシルナイロン生地裏側の一部に防水性を高めるためのポリウレタンコーティングが施されています。
このコーティングが保存状態などにより剥がれてきます。
これは経年劣化でどうしようもなく、どんなに大事に使っていてもべた付きと臭い、ハゲは避けることが出来ません。

屋外使用のアウトドア用品と云う事もありますが後生大事に保管するよりも使い倒してしまうべき製品で、10年は間違いなく持ちません。
この症状はレインウェアなども含めてPUコーティングが施された製品は必ず出る症状で修理は不可能です。

べた付きなどが出た段階で「重曹」等を使って洗濯することにより多少は抑えられるようでパタゴニアに問い合わせても非公式ながら重曹での対応を勧められます。
ただし治るわけではないのであくまで一時的な対応になります。

逆にPUコーティングは塩素に弱いので、剥がしてしまう場合は塩素系漂白剤に付けてしまうのも方法のひとつです。
僕も試してみたことはありますが完全に綺麗に剥がすのは結構難しく時間もかかるのであまりオススメできる方法ではありません。

PUコーティングが剥がれかかった時点で生地はテロンテロンとなり、かなりくたびれ感が出てくることも確かなのですが、だからといって使えなくなるわけではありません。

レインウェアならこの時点で機能を失いますが、こう言ったバッグ系はそもそも完全防水ではないのでPUコーティングが綺麗に剥がれてべた付きもなくなればそれはそれで使えないことはありません。

【中古購入時の注意点つにいて】


未使用、もしくは未使用に近い製品を購入した方が良いでしょう。
持ち歩いて使うモノなので特段のこだわりがなければカラーはダーク系の方が圧倒的に汚れが目立ちませんのでオススメです。

51_pSdQGYBL.jpg
廃番になったライトウェイト・スリングバッグの方はこんな感じで使います。

【まとめ】

とにかくこのライトウェイトスリングバッグは「用途を選ぶ」ので、購入を考えている場合は注意する必要があります。

登山する方がよくつかうグラナイトギアなどのシルナイロン製スタッフバッグにスリングを付けただけと云えば付けただけの製品なので、衣服などの柔らかい物を中に入れるのならいいのですが、問題なのはカメラやスマホなどの電子機器で、こういったものは何かの保護袋に入れないと中でガチャガチャと当たって傷がつきます。

電子機器がひとつだけなら外部にポケットがひとつあるのでそこに入れれば良いので問題ないのですが、ふたつ以上は何か工夫しないといけません。

30Dのシルナイロンなので中身に尖った物などがあると1発で破れるのでそういった点も注意が必要です。

僕は元々ドライブなどの旅行用に購入しましたが、使いやすかったかと云われれば「とにかく気を遣うので面倒」とはいえます。

生地の厚みは2倍以上は欲しかったところですし、中身の仕切りも欲しかったというのが実感ですが、それではライトウェイトのポケッタブル仕様という当初の設計思想から離れていくので意味がありませんが、旅行先でメインのバッグからサッととりだして必要なものだけを放り込んで散歩するなどと云う用途の為に作られた物なので、そういう短時間のちょっとした使い方がもっとも威力を発揮する使用方法だと思われます。

僕の使用では電子機器を2.3個そのまま放り込むことが出来ないのでこの点が納得できませんが、買ってしまったのでなんだかんだといいながら結構ボロボロになるまで使っていますので、決して悪い物ではないと思います。
ですが、硬い物をガンガン詰め込んでスタッフバックを何枚も破いてきた人間として「そうとうに注意しながら使っている」のも確かなので手放しではオススメできない物です。

たぶんこれがダメになったら次はパタゴニアのより丈夫なアトムの方を試してみようかなという思いが強いので、あくまで旅行用のボストンバックなどに放り込んでおき、現地でちょっとした移動の時に必要なものを入れて使うという製品だと思います。

こちらのライトウェイトの方はキチンと使用目的が思い浮かぶのならとても良い軽量バックだと思います。

旅行用だけでなく、自転車やランニングなどにも使えるのではないかと思ったりもしますが、中古でしか手に入らないのでそれなりの安値で探せると思いますので、ひとつ用意しておくのも悪くないかも知れません。

ただ明確な目的がなければサブバッグとしては重いのですが、より頑丈なパタゴニアのアトムの方を最初から購入することを勧めておきます。


こちらはアトムの方です

【送料無料】パタゴニア(patagonia) Atom Sling(アトム・スリング 8L) 8L LUP(Lupine) 48260【あす楽対応】【SMTB】

価格:6,600円
(2017/1/4 03:02時点)
感想(0件)

こちらもアトムです。








関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL