ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  ウルトラライト登山/装備 >  【レビュー】超コンパクトフラッシュライト WUBEN HXSS コンパクトライトUSB充電 XP-G2 LED採用 

【レビュー】超コンパクトフラッシュライト WUBEN HXSS コンパクトライトUSB充電 XP-G2 LED採用 

DSC00838.jpg  
下の銀色のコンパクトなライトが10180電池仕様のネックライトです。


まとめ
■EDCライトとしてはコンパクトで優秀
■USB充電/10180充電池仕様
■最大130ルーメン


WUBEN/HXSS社の超コンパクトEDCライトです。
重さは電池込みの実測値でわずか15グラムとなっています。

2社のネームで販売されていますが、デザインを見る限りは同一のライトだと判断しても良いと思います。
中国配送とはいえHXSS社の方がわずかに安いので、その時の価格を見て検討すればよいでしょう。

こちらのライトの大きな特徴としてはUSB充電式になっていますので、マイクロUSBケーブルがあればモバイルバッテリーから充電することが可能となっています。

超コンパクトライトというのはたいていの場合ボタン電池を使用していて、有名メーカー以外は使い物にならないライトが多いのですが、意外なことにこちらは超コンパクトで軽量でありながらも実用的な範囲にあるライトです。

DSC00840-2.jpg

【スペック】 


  • ■重さ 15グラム(充電池込み)
  • ■超コンパクト
  • ■LOW・Highの2モード搭載/
  • ■長さ41ミリ直径13.5ミリ
  • ■充電池10180リチウム電池/USB直接充電モード
  • ■防水性IPX8

僕が手に入れたのはアルミ合金製のモデルとなります。
他にはステンレス製とチタン製のモデルがあるようですが、重くなりますので、特段の理由がない限りはノーマルのアルミ合金モデルで十分でしょう。

また外観のデザインは2モデル有り、エンド部分が弾丸形状のものとストレートデザインのものが存在します。
軽くて短いのはストレートモデルとなります。


DSC00841-2.jpg

【ライトモードについて】

明るさは2モードあり、ハイとローの二種類です。
切替はツイストスイッチで、ギュッと奥まで締め込むとハイモードとなり、そこから緩めるとローモードに切り替わるというおもしろい仕様となっています。

  • ■ローモード 3ルーメン 6時間
  • ■ハイモード 130ルーメン 40分

配光はとても使いやすい広がりのあるものですが、他のライトウェイトな単4電池の標準ライトと比較すると若干ふんわりと広がる傾向があります。このため、特に遠方を照射するような使い方には向かないかもしれませんが、わずか3ルーメン程度なので問題はないでしょう。遠方を目視する場合はハイモードを使えば良いことです。
光色は白に近いものでこの点は特に問題ないと思います。

実はこのライトなんですが、ローモードの3ルーメンというのがどうにも信じられません。
手持ちの各種ライトと比較するとどう考えても8-10ルーメンはありそうな明るさで、広がりのある配光なのでライトの明るさ判断は難しい一面もあるのですが、それにしてもわずか3ルーメンの明るさとはとても思えませんので、カタログ値の間違いではないかと思う部分もあります。

実際に手持ちの3ルーメンのライトと比較してもやはりどう考えても明るいので、遠方を照らすには向きませんが8-10ルーメンという事であればウルトラライト登山の緊急用の予備ライトとして持ち歩いてもおもしろいかもしれません。

DSC00842.jpg
ハイ
モード130ルーメン

DSC00843-2.jpg
ローモード3ルーメン

DSC00844-2.jpg
参考までTi3のローモード12ルーメンの画像をのせておきます。
スポットがti3の方が強めなので中心のエネルギーが強いのですが、見た目で云えばほとんど変わりません。若干ti3の方が黄色みを帯びた光色です。



【注意点】

防水性がある代わりに充電しながらこのライトを使い続けるという事は出来ません。
マイクロUSBでの充電時は、トップを緩めて外し、充電する必要があります。

【まとめ】

日常のEDCライトとしてはかなり使いやすいので推薦しておきます。

また、ローモードが3ルーメンではなく、おそらく実質で10ルーメン程度なのでウルトラライト登山の予備ライトとしても使えそうです。
ハイモードの公称ルーメン値である130ルーメンというのはちょっとアヤシいところがありますが、これはFENIX E05などの他の単4が1本の軽量フラッシュライトも基本的には80-100ルーメン程度しかないので、たぶんこのライトのハイモードの正解もまたそのあたりだと見ておくと間違いがありません。

要するにライトととしての使いやすい平均的なあかるさ性能は確保されているという事になります。

充電池はミニ仕様の10180充電池で交換可能というのもポイントが高いです。
完全にUSB仕様で電池交換不可のライトは内蔵電池がダメになったらライトの寿命なので、入手が少し難しいとしても製品としてのポイントは高いです。
ちなみに充電時間はカタログ値で1時間となり、10180電池の容量は70mahなので、充電しながらの使用は出来ないとはいえ、その分IPX8の完全防水が確保されていますので、トレードオフというところではあるかと思います。

基本的に登山用の予備ライトとしても使えると判断しましたが、その場合にスマホのモバイルバッテリーと共通して電源を確保できますので、一昔前なら決してオススメはしなかったのですが、こういったUSBで充電可能な超コンパクトライトというのも有りかもしれませんし、今後は真剣に検討しても良いかも知れません。

lunaluna302.blog.fc2.com


lunaluna302.blog.fc2.com







上記のライトはすべてメーカー違いかデザイン違いですが、同じネックレスライトです。




関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL