ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ガーミン/登山GPS関係/アプリ »【コラム】登山用に格安GPSロガーを考える holux canmore

【コラム】登山用に格安GPSロガーを考える holux canmore  

20141231_050606592_iOS.jpg

【コラム】登山用に格安GPSロガーを考える

まとめ
■液晶付きのGPSロガーは便利
■マップポインターと組み合わせることで安全度が向上する



僕は専用GPSを持ち歩いて登山していますが、前々から申し上げているとおり、日帰り程度なら既に地図付き専用GPSの必要性は限りなく薄くなってきています。

世の中がわずか数年でこれほど変わっていくのかと感慨深いものがありますが、かくいう僕も「日帰り登山専門」なので既に専用GPSは「趣味の道具」と化しつつある事も事実です。

スマホとモバイルバッテリーを持ち歩けば、当然のことながら専用GPSを持ち歩くのと比較して大幅に軽量化できますし、地図表示などはスマホの方が数倍高速です。
わざわざ重いGPS機を持ち歩く事に疑問が大きくなってきているので、これからGPSを揃えようかと考えている方に格安GPSロガーをオススメしたいという意味で要点をまとめておきます。

僕ももしかするとスマホ+格安GPSロガーに切り替える可能性も出てきていますので、何かの参考になれば幸いです。

86454313.jpg

【格安GPSロガーとは何か】

登山でGPSを使用する場合、これはサイクリングやマラソンなどでGPSを使用するのとは訳が違い、「命が掛かっている」という点ではとてもクリティカルな機器だと思います。

道迷いを防ぎ、確実に人里へと帰還するためにいまやGPSは必須だといえます。

ただし、最近のGPS機は登山では既に機能的にオーバースペックです。

それが証拠にここ何年も最新GPS機に加えられた機能追加で「登山」を意識した機能は1つもありません。
どんなGPSでも登山用として考えられるGPSの必要な基本スペックは既に実装されているわけで、今後も増えることはないと考えられます。

そういう意味では、ハンディタイプのGPSは既に完成されていますし、今後はスマホとの連携を強化する位しか進化の方向性が見えません。
腕時計タイプは「スマートウォッチ」化していくだけのことであって、要するにApple Watchのスポーツ版みたいなモノです。
既にガーミンのFENIX等はそんな感じですし、後は地図を搭載してくるとか、科学的なトレーニング指標みたいなものを導入して、より効率的に登山する、みたいな感じになるのではないかと思います。

格安GPSロガーとは一万円以下で購入できるGPS機のことをさします。

割り切った価格の分、出来ることは限られてきますが、ログをとる、と云う一点では高級な専用GPSと比較してもたぶん精度はそんなに大きく変わらないのではないかと思います。

既にGPSの精度競争は終わっていて、ガーミン同士で比較しても「厳しい状況での電波の掴み」は確かに違いますが、それもほとんど誤差の範囲の話しであって、目くじら立てるような精度差はもうほとんどありません。

ちなみにガーミンを例にとれば内蔵のパッチアンテナ機でも高級機と普及機で比較しても厳しい状況での誤差はせいぜいが数十メートルです。
ハード差よりもむしろチップファームウェアの安定性というかソフトの出来の方が精度への影響が大きいと感じる部分もあります。

とても厳しい用途や冬山に行かれるのならヘリカルアンテナ機をオススメしておきますが、普通の山に行かれる方がわざわざ「精度のために高級機」を購入するような状況ではありません。

と云うわけで普通の登山なら格安GPSでも既に十分にGPSロガーとしての役目を果たすと僕は考えています。

そこで今真剣に検討し始めているのが「格安GPSロガー」です。

登山で使用することが前提なら、次の機能が絶対に必要となります。

■液晶画面

それ以外の機能は別になくてもなんとかなります。
格安機に「方位」だの「気圧計」だのとあまり要求してもそもそも精度が出せるのかという問題があり、期待は禁物でしょう。
もともとGPS高度は誤差が数百メートル単位で発生しますし、信頼できるメーカーでないと電子コンパスは使い物にならないケースがよくあります。

それでは液晶画面が何のために必要なのかというと「経度と緯度」を単独で確認するためです。

経度と緯度が分かればスマホと組み合わせて簡単に「現在位置」がプロット出来ますので、これがないと話しになりません。
GPSロガーを所持しているのに「道迷い」が発生するという事になりかねないからです。

逆に言えば単純な格安GPSロガーでもスマホと組み合わせれば現在地を見失うことはないという事で、スマホのバッテリーを消耗することなくログを記録する事が出来るわけです。

【格安GPSロガーを持っただけでは安全度は向上しない】

スマホとGPSロガーの二台持ちを実現しても、これだけでは登山においての安全度は向上しません。
もしスマホにトラブルが発生するとGPSロガーに緯度経度が表示されても現在位置が不明となるからです。

これ防止してGPSロガー単独で現在位置を特定するためには「マップポインター」という専用の定規を使用します。
このマップポインターの入手が少し面倒なのですが、格安GPSロガーを使用する方はぜひ手に入れて地図と共に持ち歩くことで安全度を飛躍的に向上させる事が可能となります。

マップポインターの入手と使用方法については以下のサイトを参考にしてください。

マップポインター ■(有)山口商店■


僕も近々格安GPSロガーへの移行も考えているのでその時はマップポインターと同時の入手を検討しています。

8612316.jpg

【格安GPSロガーまとめ】

登山に使用するのなら、緯度経度が単独で表示できるロガーが必要です。
また、安全度を高め、現在位置確認をGPSを使用してスマホと二重化するために別途で地図とマップポインターを持ち歩く必要があります。

それでも地図表示可能なハンディタイプのGPSよりも大幅に重量は軽減できますし、専用のロガーを使うことによりスマホのバッテリーも節約できます。

何よりも、生命線であるGPSをダブルで持ち歩くことにより安全度を大きく高めることが出来るので、いまスマホのGPSのみで登山している方はスマホのバッテリーのことも考えると「液晶付きの格安GPSロガーを持ち歩く」という事を真剣に考慮しても良いのではないかと思います。







◎【中古】【送料込】M-241 Holux(ホラックス) GPSデーターロガー M241Bluetooth対応 Wireless GPS Logger[並行輸入品] (0404-00)

価格:8,800円
(2017/5/13 08:16時点)
感想(0件)



液晶付きのGPSロガーというと選択肢はあまり多くはありません。
以上のような機器が選択肢に入ってきます。
必ずマップポインターと組み合わせてください。


東京通商 マップポインターS-36(中部、北陸、関東)(対応OS:その他) 取り寄せ商品

価格:1,372円
(2017/5/13 14:48時点)
感想(0件)



関連記事

category: ガーミン/登山GPS関係/アプリ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/478-b266ab85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop