ブログなんかめんどくせえよ ホーム » ミニッツ »ミニッツ MR-03 必須カスタマイズパーツについて

ミニッツ MR-03 必須カスタマイズパーツについて  



MR03 ミニッツのカスタマイズパーツについて語ってみます。
とりあえずカーペット運用での感想です。

これまで様々な部品を購入し取りつけてきましたが、効果が実感できる部品は少なく、紹介は最小限にします。
ココには書きませんでしたが、ミニッツでの最重要部品は、Tバーだとおもいます。取りつけ時には「ゆがみ」に気をつける必要がありますが、最初からゆがんでいる場合がほとんどなので非常に難しい部品です。

【アルミモーターマウント】



これは必須です。
イーグル製の安い物もありますが、京商純正を購入してください。精度云々は正直分かりませんが、Tバーが選べないのでイーグル製を選択すると後で困ります。
このパーツを実装する意味は、

★車高調整が出来る[転倒対策にとても有効]
★放熱に優れている。[ノーマルモータ・Vモーター時に有効です]
★強度が高いので割れない[プラスチックパーツだと、モーターカバーがよく割れます。後輪軸付近もひび割れが発生します]


なので、この部品は何をさておいても入れるべきだと断言できます。

【ボールベアリング】


これも一番に入れるパーツです。

★燃費が上がる

一度購入するとメンテさえすれば相当長期間にわたり使用できます。普通に扱っていれば半年や一年スパンで使えます。使用後のメンテナンスはきっちりと行ってください。
紛失がよくある部品なので、予備も持っていた方が良いです。タイヤが外れたときに一緒に飛んで行ってしまいます。
使用前には油を差し、前輪の回転を必ず確認してください。

【フリクションダンパーセット】


これも、絶対に入れるべきパーツです。
優先順位としてはアルミモーターマウントよりも高いです。

★ロールが規制される
★車体の挙動が安定する


オイルダンパーなどは必要ないと個人的には思います。オイルがすぐに抜けてしまうのと、車体上部に部品が乗るので転倒しやすくなります。
カーボンパーツは多少引っかかるので、テフロンシートなどを貼ると良いようです。
付属の粘度の高いオイルは好みに応じて使用します。

【テフロンシール】


車体下面に貼ることも出来ますし、フリクションダンパーに使うことも出来ます。個人的にはダンパーとICタグに貼るのをオススメしておきます

【アッパーサスシャフト】


すぐに効果が実体験できるパーツのひとつです。フロントはさくさくにしておいた方が良いので、このパーツは絶対に入れてください。フロントを押したときにギシギシする感じがなくなります。

【フロントキングピン】


アッパーサスシャフトと同時に交換した方が良いです。
優先順位としてはアッパーサスの方が効きますが、フロント周りはしっかりやっておいた方が不安要素が減ります。

これにプラスしてアルミホイール・ジャイロ・ICタグを装着すれば十分です。
というか、これ以上いじる必要が無いです。

各種バネやオイルダンパーはとりあえず買わずに、ノーマルパーツで走り込みましょう。
ミニッツ自体、難易度が高い遊びなので、車をいじるよりも走り込みに時間をかけた方が良いです。

ミニッツのMR03自体の完成度が非常に高いので、訳の分からないパーツは入れてもあまり意味はありません。せいぜいが気休め程度です。
最初はいろいろな部品を購入しますが、結局、どんどん取り外していってしまうというのがひとつのパターンです。
ノーマルプラスアルファが一番速いと思います。





この本は、毎回しばらくすると絶版になります。
あるうちに手に入れましょう。

関連記事

category: ミニッツ

tb: 0   cm: 0

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://lunaluna302.blog.fc2.com/tb.php/49-3bbff894
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

最新記事一覧(サムネイル画像付き)

SPONSORED LINK

検索フォーム

amazon link

Category Bar Graph

SPONSORED LINK

プロフィール

amazon link

全記事表示リンク

月別アーカイブ

リンク

最新コメント

タグ一覧

▲ Pagetop