ブログなんかめんどくせえよ

低山ウルトラライト登山/トレッキング/ハイキング専門です。なので装備や道具[ギアグッズ]のレビューは偏っています。防災を兼ねたアウトドア系サバイバルグッズやデジタル関係、モバイルバッテリー・ミリタリー系も大好物です。最近はBluetooth中華イヤホンや防水スピーカーもです。PS4とXboxOneはFPS系が多いです。
ブログなんかめんどくせえよ TOP  >  トラベル/旅行/ドライブ >  【岬ガイド】 爪木崎・須崎 【伊豆】

【岬ガイド】 爪木崎・須崎 【伊豆】

SDIM0051.jpg 

オススメ度★★★★★
過疎度★★
到達困難度★★★
ゆったり度★★★★★

キャプチャ 





下田に突き出した比較的大きな半島に行きました。
ココは須崎半島と呼ばれていて風光明媚で気候も穏やかな地域です。

行ったのは五月ですが、御用邸があるのを知らなかったので爪木崎への道沿いにある長いフェンスを見ながらゆっくりと爪木崎を目指しました。
半島の入り口から爪木崎まではかなりの距離が有り、地図で見てきた半島の大きさを車で走りながら実感しました。

さすがに御用邸の場所に選定されるだけのことは有り、美しい景色とシーズン外の白浜の静謐さは特筆すべき壮麗さです。

少し移動すれば須崎の小島と爪木崎の自然公園を2度楽しめることもポイントが高いです。

SDIM0050.jpg 
SDIM0056.jpg 
SDIM0052.jpg 

SDIM0054.jpg 

SDIM0063.jpg 

SDIM0061.jpg 
SDIM0062.jpg 
【爪木崎】

爪木崎公園は駐車料金は500円/1日です。
ハイシーズンはもう少し価格が上がるかも知れません。

自然公園が設置され、こちらは植物の温室や公園がありますが、やはり見所は突端に設置された爪木崎灯台と海外を思わせる美しく澄み渡った海の色です。
透明度も高く、遠浅となっていて、関東圏ではこれほど美しい景色と海を見られる場所は他にありません。
個人的には「海と浜の美しさ」という点では関東随一と言ってしまっても良いでしょう。
一瞬、ココは日本かと疑うほどです。

海岸の南側には「柱状節理」といわれる柱状の特徴的な岩が一面を覆っています。
こちらも見所のひとつです。

12-2月にはスイセンの群生地があり、300万本のスイセンが咲き乱れます。

爪木崎の駐車場近くの寂れた売店2店もいい雰囲気を醸し出しています。
ラーメンなどもメニューにあったので美味しいかどうかは分かりませんが、雰囲気を楽しむために食べてみるというのも良いかも知れません。

じっくりと時間を潰すことが出来、素晴らしい景観を堪能できますので爪木崎のオススメ度はかなり高いです。
SDIM0022.jpg 
SDIM0034.jpg 

SDIM0039.jpg 
SDIM0036.jpg 
SDIM0042.jpg 
【須崎】

須崎の先端は小さな島が有り、先端ギリギリまでこちらも車で進入することが出来ます。
ただし、無料の駐車場は数台分しかありませんので、ピーク時には止められないかもしれません。

その場合でも少し離れた場所の路上になんとか駐車する場所はありますので、車で行かれても特に困らないでしょう。

見所は、やはり半島の先端にある「須崎恵比寿島」となります。
本島とは狭い橋でつながれた、本当に小さな島で、一周しても15-20分ほどです。
島の周りにはグルりと一周回るための舗装された道が整備されているので女性の方でも歩くのは難しくありません。

軽いウォーキング感覚で島を巡ることが出来、島の頂上にある神社や灯台を目指しても傾斜はほとんどないので楽に登ることも出来ます。

この島は「泳ぐ」と云う目的では無く、磯遊びを中心に楽む場所で、切り立った崖などの不思議な風景も見所です。
島の太平洋側の方に回ると釣り人が多く、ゆったりと数人が糸を垂れていました。

丘のような場所に上がると石碑が立ち、ゴロゴロとした石の浜と太平洋の海を一望できます。

SDIM0009.jpg 
SDIM0015.jpg 
SDIM0014.jpg 
【まとめ】

真夏のシーズンは海水浴客で大変な混雑になると思います。
これだけの美しい海と景色なら当然のことでしょう、
真夜中に出発するか、西伊豆周りで遠回りして到達するか、など事前のルート検討が欠かせません。

真夏以外では人もあまりいなかったりするので、景色とゆったりとした時間を楽しむことが存分にできます。
ココは一度はぜひ訪問しておくべき場所でしょう。
ひとつの半島で数カ所の全く違った見所があるので訪問しがいがあります。

人気のある地なので岬には今どき珍しく爪木崎の売店も有り、そこがまたいい雰囲気を醸し出しています。

公共交通機関で行く場合は、須崎と爪木崎の徒歩移動は約2.1キロ、時間にして30分ほどです。バスをうまく活用するのも良いのですが、なんとなく散歩しながら移動するのもたのしいでしょう。
車の場合は特に問題なく10分程度で移動できます。

須崎恵比寿島の手前に小さな漁港があるのですが、そこで見知らぬ老人に話しかけられました。
ですが、方言がキツくて何を聞かれたのか未だにわかりません。

下田自体が伊豆先端としてはかなり著名で人口が有り、開けている地域なので観光には事欠きません。
下田港内巡りの「黒船サスケハナ」も観光船として出港していて、須崎半島南側の海岸線にそって回るので時間のある方はこちらを楽しまれるのも良いでしょう。

オススメ度は最高の星5です。




関連記事

コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL